末次由紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
末次 由紀
生誕 1975年[要出典]9月8日[1]
日本の旗 福岡県[1]
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1992年[1] -
ジャンル 少女漫画
代表作 ちはやふる
受賞 第14回なかよし新人まんが賞佳作(1992年[1]
第2回マンガ大賞2009
このマンガがすごい!2010オンナ編第1位
第35回講談社漫画賞少女部門(2011年)
テンプレートを表示

末次 由紀(すえつぐ ゆき、1975年[要出典]9月8日[1] - )は、日本漫画家福岡県出身[1]福岡県立香住丘高等学校卒業[要出典]女性血液型はB型[1]

小学生高学年の頃より漫画を描き始め、中学1年生の頃より投稿を始める[2]。高校1年生の頃の1992年末次由記名義で投稿した「太陽のロマンス」で第14回なかよし新人まんが賞佳作を受賞し、同作品が『なかよし増刊』(講談社)に掲載されデビュー[1]1995年から、『別冊フレンドDX Juliet』『別冊フレンド』(いずれも講談社)に移籍し、『君の白い羽根』『エデンの花』などの作品で主力作家陣の一員として活躍する。2005年、他の漫画家からの構図の盗用が判明し、一時漫画家活動を停止。2007年3月に、『BE・LOVE』(講談社)で活動を再開。2009年、「ちはやふる」で第2回マンガ大賞2009を受賞するとともに『このマンガがすごい!2010』のオンナ編で第1位となった。2011年、「ちはやふる」で第35回講談社漫画賞少女部門を受賞。

経歴[編集]

  • 1992年 - 末次由記のペンネームで投稿した「太陽のロマンス」が講談社の第14回なかよし新人まんが賞佳作を受賞。『なかよし増刊』に掲載されデビュー[1]
  • 1995年 - 読切作品「恋するってことはね」を『別冊フレンドDX Juliet』3月号に発表。これ以降、同誌や『別冊フレンド』に年間を通じて継続的に読切作品を掲載。
  • 1996年 - 初の連載作品「君のための何もかも」を『別冊フレンド』4月号に発表。
  • 2005年 - 『エデンの花』などで他の漫画家の作品から構図の盗用(SLAM DUNK、リアルなど)があったことが判明し、活動を停止。
  • 2007年 - 『BE・LOVE』2007年6号に、読切作品「ハルコイ」を掲載。読者およびファンに対してのお詫びも合わせて掲載し、活動を再開。同誌2008年2号から「ちはやふる」の連載を開始。
  • 2009年 - 「ちはやふる」で第2回マンガ大賞2009を受賞。『このマンガがすごい!2010』のオンナ編で第1位を獲得。
  • 2011年 - 「ちはやふる」で第35回講談社漫画賞少女部門を受賞。

構図の盗用[編集]

2005年10月、インターネット掲示板2ちゃんねるで、他の漫画家と構図が似ているとの指摘があり、講談社が調査を開始。同社は10月18日に、『エデンの花』『君の白い羽根』などで井上雄彦の『SLAM DUNK』『リアル』などからの作画トレースがあり、作者本人もその事実を認めたと発表。『別冊フレンド』2005年11月号に謝罪文を掲載するとともに、連載中だった『Silver』の連載中止(事実上の打ち切り)と既刊の単行本すべてを絶版とし、回収する措置をとった[3][4]。このことは新聞やテレビの全国ネットのニュースでも報道されるところとなり、2007年3月まで漫画家活動を停止した。

2009年3月に連載復帰一作目の『ちはやふる』が第2回マンガ大賞を受賞した際、末次は授賞式を欠席し(代理の編集部員が出席)、関係者に謝辞を表しつつも「過去に犯した間違いというものがあり、自分はまだこういう場に出て行けるような人間ではない。一生懸命マンガを描いていくことでしか恩返しはできない」[5]というコメントを発表している。

作品リスト[編集]

※印の単行本・短編集は、構図の盗用が判明した際に絶版となっている。

  • 君の白い羽根(1995年、別冊フレンド講談社) - 読切作品。同名短編集(1995年、講談社)に収録。 ※
  • この胸の素直(1996年、別冊フレンド) - 読切作品。同名短編集(1996年、講談社)に収録。 ※
  • 君のための何もかも(1996年、別冊フレンド) - 読切作品。同名短編集(1996年、講談社)に収録。 ※
  • Promise(1996年、別冊フレンド) - 読切作品。同名短編集(1996年、講談社)に収録。 ※
  • 君の黒い羽根(単行本『この胸の素直』への描き下ろし作品) - 読切作品。同名短編集(1998年、講談社)に収録。 ※
  • Only You-翔べない翼-(1997年 - 1999年、別冊フレンド) - 単行本全8巻(1997年 - 2000年、講談社) ※
  • いとしいキミ(1998年 - 1999年、別冊フレンドDX Juliet、講談社) - 単行本全1巻(1999年、講談社) ※
  • 君の白い羽根II - 短編集(2000年、講談社) ※
  • エデンの花(2000年 - 2004年、別冊フレンド) - 単行本全12巻(2000年 - 2004年、講談社) ※
  • 君の白い羽根DX - 短編集(2001年、講談社) ※
  • 君の黒い羽根DX - 短編集(2001年、講談社) ※
  • 100%の君へ(2003年 - 2005年、別冊フレンドDX Juliet) - 単行本全2巻(2004年、講談社) ※
  • 君は僕の輝ける星(2002年 - 2004年、別冊フレンドDX Juliet・別冊フレンド2004増刊) - 単行本全1巻(2004年、講談社) ※
  • Silver(2004年 - 2005年、別冊フレンド) - 単行本2巻(2005年、講談社。連載中止により未完) ※
  • 君の白い羽根DXII - 短編集(2005年、講談社) ※
  • 君の黒い羽根DXII - 短編集(2005年、講談社) ※
  • ハルコイ(2007年、BE・LOVE、講談社) - 読切作品。同名短編集(2007年、講談社)に収録。
  • ちはやふる(2007年 - 連載中、BE・LOVE) - 単行本20巻(2013年 - 続刊中、講談社)
  • クーベルチュール(2009年 - 不定期掲載中、BE・LOVE)

その他[編集]

チャリティ活動に取り組んでおり、東日本大震災の被災者を支援する為に他の漫画家と共同で東日本大震災チャリティ同人誌「pray for Japan」で執筆する[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 末次由紀先生 直撃インタビュー 完全版 第1回 かるたをテーマにしたきっかけ”. ジャンプスクエア公式サイト. 集英社. 2012年7月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月13日閲覧。
  2. ^ 末次由紀先生 直撃インタビュー 完全版 第3回 マンガ家を目指した経緯”. ジャンプスクエア公式サイト. 集英社. 2008年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月13日閲覧。
  3. ^ “漫画の表現盗用、2chの指摘で絶版・回収に”. ITmediaニュース (アイティメディア). (2005年10月18日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0510/18/news099.html 2013年7月13日閲覧。 
  4. ^ 漫画家・末次由紀氏の盗用問題について”. 講談社 (2005年10月18日). 2005年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月13日閲覧。
  5. ^ マンガ大賞2009発表!大賞は末次「ちはやふる」”. コミックナタリー. ナターシャ (2009年3月24日). 2013年7月13日閲覧。
  6. ^ ビーラブ 末次由紀”. 東日本大震災チャリティ同人誌「pray for Japan」. 2013年7月13日閲覧。

外部リンク[編集]