ウィンキーソフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウィンキーソフト(Winkysoft)は、大阪府吹田市豊津町に所在するコンピュータゲーム開発会社である。1983年1月創業。

概要[編集]

古くはPC88などのパーソナルコンピュータ用ソフトを自社開発、販売していたが、ファミリーコンピュータ登場以降はバンプレストバンダイが販売するソフトの開発元として参入。1991年4月20日に代表シリーズ作の一つである『スーパーロボット大戦』を開発する。以降、スーパーロボット大戦シリーズ本編では『スーパーロボット大戦コンプリートボックス』、関連作では『リアルロボット戦線』まで、シリーズおよび関連作と深くかかわる。その間に作られた設定等は、後のシリーズでも何らかの形で残っている。

また、『第2次スーパーロボット大戦』での開発経緯から登場した架空作品『魔装機神サイバスター』は、シリーズの続編の制作を経て設定が練られ、『スーパーロボット大戦外伝 魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL』として単独作品化される。なお、ウィンキーソフトがスーパーロボット大戦シリーズに関わらなくなって以降も、キャラクターライブラリに原作作品名が記載されている。なお、2010年発売のリメイク作品『スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL』で、『コンプリートボックス』以来から約11年振りにスーパーロボット大戦の開発に参加をしている。

上記魔装機神の設定を流用して作られた『聖霊機ライブレード』を自社開発および販売後は、主にコナミが販売するソフトの開発元として携わっている。

主な開発ソフト[編集]

キャラクターゲーム
スーパーロボット大戦シリーズ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ラ・ギアス等の魔装機神関連。全体的の開発元はトーセ

外部リンク[編集]