スーパーロボットスピリッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スーパーロボットスピリッツ
ジャンル 対戦型格闘ゲーム
対応機種 NINTENDO64
開発元 VertexEG
発売元 バンプレスト
人数 1人 - 2人(対戦)
メディア ロムカセット
発売日 1998年7月17日
デバイス 振動パック
テンプレートを表示

スーパーロボットスピリッツは、1998年7月17日バンプレストNINTENDO64で発売した対戦格闘ゲームバンプレストNINTENDO64参入第1弾である[1]

概要[編集]

3Dグラフィックスで表現された、様々なロボットアニメの主役ロボット達が対戦するクロスオーバー作品である。

本作は、バンプレストが展開しているロボットウォーシミュレーションゲーム「スーパーロボット大戦シリーズ」と設定がリンクしており、1996年に発売された『新スーパーロボット大戦』に登場するバンプレストオリジナル作品『超機大戦SRX』のキャラクターが登場している。

ストーリー[編集]

人類が宇宙に進出して1世紀、謎の敵「エアロゲイター」の無人兵器が地球を襲い、地球側のスーパーロボットは次々敗れ戦局は悪化していた。そんな中「エアロゲイター」を支配する「レビ・トーラー」から、人類抹殺を始める30日後までに自分の「ジュデッカ」を倒してみせろとの通告があった。これに対し、スーパーロボットとパイロット、その仲間達が立ち上がった。

システム[編集]

基本的な部分のシステムは、中段攻撃や連続技の分岐、ダウンした相手への追い打ち攻撃など、『バーチャファイター』からの影響が強く見られる。ただし、ガードは十字キーを後方向へ入れる方式。地上と空中の2つのラインで闘うこともでき、地上と空中では出せる技が全く異なるものになる。また、地上からジャンプして高い位置を攻撃する技を出せば、叩き落すこともできる高さである。

必殺技は「スピリッツ技」と呼ばれており、攻撃を出したり受けたりすることで溜まるスピリッツゲージを消費して出すことができる。これはすべてガード不能となっている。一方、スピリッツ技の中でスピリッツゲージを多く消費し、パイロットのカットインが入るものについては「超必殺技」という呼称になっている。

対戦「格闘」ゲームとして作られているため、射撃系の攻撃は強くないものが多く、ほとんどのものはホーミング性も弱いか無いかで、狙いもつけず一定の方向に撃つものになっている。

プレイできるモード[編集]

ストーリーモード
最初から使用可能な各キャラで、ストーリーに沿って他のキャラと闘い勝ち抜くモード。戦いの合間にデモが入り、話が展開する。ストーリーの内容によって勝利条件が変わる事は無い。隠しキャラは使用できない。
VSモード
2人対戦するためのモード。対戦回数を増やせば、ロボットのカラーリングが増えることがある。
64モード
コンピューターを相手に、自分が選んだロボット以外の相手と戦っていくモード。ストーリーの無いストーリーモードといった内容。マスターガンダム、デビルガンダムが使用可能。
ガッツモード
敗北せずにどれだけ多くの敵を倒せるかを競うモード。ダメージを持ち越すが、ステージを進むときに少し回復する。
タイムアタックモード
全ての相手を倒すまでの時間を競うモード。
トレーニングモード
技の練習をするモード。

登場ロボット&キャラクター[編集]

最初から使用可能[編集]

シャイニングガンダム機動武闘伝Gガンダムより)
パイロット ドモン・カッシュ声優関智一
超必殺技:シャイニングフィンガーソード
ダンバイン聖戦士ダンバインより)
パイロット ショウ・ザマ(声優:中原茂)、チャム・ファウ(声優:川村万梨阿
超必殺技:ハイパーオーラ斬り
ダイターン3(無敵鋼人ダイターン3より)
パイロット 破嵐万丈(声優:鈴置洋孝
超必殺技:サンアタック→ダイターンクラッシュ
ボルテスV(超電磁マシーン ボルテスVより)
パイロット 剛健一(声優:白石ゆきなが)、峰一平(声優:なし)、剛大次郎(声優:なし)、剛日吉(声優:なし)、岡めぐみ(声優:なし)
超必殺技:天空剣Vの字斬り、グランドファイヤー
ウォーカー・ギャリア戦闘メカ ザブングルより)
パイロット ジロン・アモス(声優:大滝進矢)、チル(声優:なし)
超必殺技:ミサイル投げ
ダンクーガ(超獣機神ダンクーガより)
パイロット 藤原忍(声優:矢尾一樹)、結城沙羅(声優:なし)、司馬亮(声優:なし)、式部雅人(声優:なし)
超必殺技:断空光牙剣、断空砲フォーメーション
R-1(バンプレストオリジナル
パイロット リュウセイ・ダテ(声優:三木眞一郎
超必殺技:T-LINKナックル

条件を満たすことで使用可能[編集]

マスターガンダム(機動武闘伝Gガンダムより)
パイロット 東方不敗(声優:秋元羊介
超必殺技:超級覇王電影弾、石破天驚拳
デビルガンダム 最終形態・モビルアーマー形態(機動武闘伝Gガンダムより)
パイロット キョウジ・カッシュ(声優:なし)
超必殺技:グラビティーキャノン
ジュデッカ(バンプレストオリジナル)[2]
パイロット レビ・トーラー(声優:折笠愛
超必殺技:最終地獄ジュデッカ

ジャッジボイス[編集]

  1. 声優:秋元羊介
  2. 声優:林原めぐみ

1については『機動武闘伝Gガンダム』の毎回冒頭に登場する「ストーカー」のイメージを踏襲したもの。2についてはストーリーモードを一度クリアすると選択できるようになるものだが、林原めぐみが声を当てているキャラクターは本作に登場しておらず人選についての詳細は不明。

スタッフ[編集]

プロデューサー
寺田貴信
ゲームデザイナー
中島直樹
設定・シナリオ
寺田貴信
オリジナルメカデザイン
カトキハジメ
バーテックスデザイン部
オリジナルキャラクターデザイン
河野さち子

CM[編集]

テレビCMにはセルアニメーションが製作され、ダンクーガの断空剣を白羽取りするマスターガンダムや、シャイニングガンダム対R-1、ボルテスV対ダイターン3といった版権を超えた対決が実現した。

CMソング「鋼の魂」は作曲が渡辺宙明、歌は水木一郎影山ヒロノブによるものでシングルCDとして発売された。この曲は後にSRX(R-1を含むRシリーズが合体する事で完成する巨大ロボット)のテーマ曲として「スーパーロボット大戦」シリーズで使用されているほか、ライブイベント・スーパーロボット魂の定番曲となっている。

関連商品[編集]

攻略本[編集]

スーパーロボットスピリッツ 完全攻略ガイド ISBN 9784073095132
スーパーロボットスピリッツのプロローグにあたる小説「スーパーロボットスピリッツ プレストーリー」が収録されている。『スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION』のカイ・キタムラやエルザム・V・ブランシュタイン及びヒュッケバインMk-II・トロンベは、この小説が初出となっている(ただし、トロンベの名称はこの時点では存在しない)。

CD[編集]

スーパーロボットスピリッツ featuring 鋼鉄兄弟&アップル・パイ
サウンドトラック。鋼鉄兄弟アップル・パイが歌う原作アニメのOP・ED曲のメドレーも収録されている。特典として6枚のオリジナルカードが封入されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ バンプレストから発売されたNINTENDO64ソフトは、本作と『ロードランナー 3-D』と『スーパーロボット大戦64』の3作のみである。
  2. ^ ジュデッカはVSモードとトレーニングモードでのみ使用可能。また、片方のプレイヤーしか使用することしかできず、ジュデッカ同士の対戦は不可能となっている。

外部リンク[編集]