ふぇのたす

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ふぇのたす
基本情報
出身地 日本の旗 日本 東京都
ジャンル エレクトロ・ポップ[1]
活動期間 2012年 -
レーベル COCONOE RECORDS
apriori records
共同作業者 吉田仁
公式サイト phenotas.com
メンバー
みこ(ボーカル)
澤"sweets"ミキヒコ(デジタルパーカッション)
ヤマモトショウ(ギターシンセサイザー)
旧メンバー
ちひろ(ベース)

ふぇのたす(Phenotas)は、日本の音楽グループである。

概要[編集]

2012年夏に結成された3人組の音楽グループ[2]

ヤマモトショウはふぇのたすの楽曲、グループとして「お客さんと楽しむことが第一」という姿勢を掲げている[3][4]

同グループは『すし2013』という会場限定デモ盤CDを出すほどメンバーが寿司好きであり[4]、それに収録されている楽曲「すしですし」は2ndミニアルバム『胸キュン’14』に収録されMVも公開されている。

特徴[編集]

ジャンルはエレクトロ・ポップ。80sニューウェーブサウンドの影響を受けており、そこにポップスのメロディーとボーカルみこの可愛い歌声で日本語で歌うことにこだわりを持っている[4]

歴史[編集]

  • 2012年、ユニバーサルミュージックの新人開発セクションGREAT HUNTINGでチーフ・プロデューサーを務める加茂啓太郎の紹介で知り合い[5]東京都で結成される[6]相対性理論を発掘したオーディション・イベントのGREAT HUNTINGと、パスピエを発掘したレコード会社のCOCONOE RECORDSを通じて、世に送り出される[7]
  • 2012年12月18日、下北沢GARDENにおいて、ハナエでんぱ組.incHAPPY BIRTHDAYタルトタタンが出演した第40回GREAT HUNTING NIGHTにオープニング・アクトとして出演する[8]
  • 2013年5月、ちひろ(ベース、ボーカル)が脱退し、ミコ(ボーカル)、澤"sweets"ミキヒコ(デジタル・パーカッション)、ヤマモトショウ(ギター、シンセサイザー)の3人編成となる[9]
  • 2013年7月30日、デビュー・ミニ・アルバム『2013ねん、なつ』をリリースし[10]、『ローリング・ストーン』日本版のレビュー記事として取り上げられる[11]
  • 2014年5月14日、吉田仁の共同プロデュースによるミニ・アルバム『胸キュン'14』をリリース[12]
  • 2014年6月13日、6/13に渋谷WWWで行われた2回目のワンマンライブにて、前売り段階で初のワンマンライブチケットソールドアウトを達成。
  • 2014年7月5日~25日、加藤綾佳監督による主演:森川葵の「おんなのこきらい」に出演。主題歌、劇中歌を担当し映画には彼らの楽曲が大きくフィーチャーされた[13]

メンバー[編集]

現在[編集]

みこ(Vocal)
ボーカルを担当。
やくもみこ名義でシンガーソングライターとして活動。[14][5]
澤"sweets"ミキヒコ
デジタルパーカッションV-Drumsを担当。
尚美ミュージックカレッジ専門学校 プロミュージシャン学科卒業[15]
ヤマモトショウ
ギターシンセサイザーを担当。グループリーダー。
「山本奨」の名で全作詞作曲を手がける。[12][注 1]
東京大学文学部哲学科卒業[12]

過去[編集]

ディスコグラフィー[編集]

ミニ・アルバム[編集]

『2013ねん、なつ』(2013年7月30日、COCONOE RECORDS)
  1. スピーカーボーイ
  2. ヘッドホンガール
  3. 東京おしゃれタウン
  4. たす+たす
  5. かわいいだけじゃダメみたい
  6. タイムトラブル
胸キュン’14』(2014年5月14日、apriori records)
  1. すしですし
  2. たびたびアバンチュール
  3. 有名少女
  4. おばけになっても
  5. もどかしぃテレパシィ
  6. チーズケーキ コンプリーション
  7. ありがたす

主な出演番組[編集]

主なライブ活動[編集]

自主企画[編集]

日程 タイトル 場所 備考
2013 9月11日 ふぇのたすのきかく~2013ねん、なつ~ 新代田FEVER 初の企画ライブ
12月24日 じゃじゃーん!ふぇのたすとどきどき♡クリスマスイブ 渋谷O-nest 初のワンマンライブ
2014 2月14日 ゆふぃたすお楽しみ会@バレンタインデー 学芸大学メイプルハウス 寺嶋由芙×ふぇのたすのツーマン企画ライブ
5月10日 胸キュン前夜祭 阿佐ヶ谷ロフトA 2ndミニ・アルバム『胸キュン'14』発売直前トーク・ライブ&全曲試聴会
6月13日 「2014ねん、なつ」 ~今年一番早い夏イベント~ 渋谷WWW ワンマンライブ
9月26日 NAGESEN 下北沢GARDEN 入場無料、料金が投げ銭形式のふぇのたす企画のライブイベント
12月7日 2014ねん、ふゆ~大阪~ 大阪LIVE SQUARE 2nd LINE ワンマンライブ
12月11日 2014ねん、ふゆ~東京~ 渋谷QUATTRO ワンマンライブ

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ヤマモトショウは、寺嶋由芙KIRIMIちゃん.等に楽曲提供を行っているほか[16][17]タルトタタンのサウンド・プロデュースも手がけている[18]

出典[編集]

  1. ^ エレクトロポップ・トリオ ふぇのたす 5/14 リリースのセカンドミニアルバムから「すしですし」のミュージックビデオが公開!”. INDIENATIVE (2014年5月2日). 2014年5月14日閲覧。
  2. ^ ふぇのたす-ユニバーサルミュージック
  3. ^ 望月哲『GreatHuntingフリーマガジン(2014、6月)』、GreatHunting、2014年6月
  4. ^ a b c 柴那典 (2014年5月13日). “ふぇのたすインタビュー - 「かわいい」だけじゃダメみたい (2/3)”. CINRA.NET. 2014年5月14日閲覧。
  5. ^ a b 柴那典 (2014年5月13日). “ふぇのたすインタビュー - 「かわいい」だけじゃダメみたい (1/3)”. CINRA.NET. 2014年5月14日閲覧。
  6. ^ BIOGRAPHY - ふぇのたす”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2014年5月14日閲覧。
  7. ^ 中毒性が半端無いとネットで話題のふぇのたすが1stアルバムをリリース”. 楽天WOMAN (2013年7月22日). 2014年5月14日閲覧。
  8. ^ タルト、でんぱ、ハピバ、ハナエが下北沢で女の子祭り”. ナタリー (2012年12月19日). 2014年5月14日閲覧。
  9. ^ 噂のキュートなポップユニット、ふぇのたすが初アルバム”. ナタリー (2013年7月20日). 2014年5月14日閲覧。
  10. ^ 相対性理論、パスピエに続く超新星バンド、ふぇのたすのデビュー作が遂に発売。”. Qetic (2013年7月30日). 2014年5月14日閲覧。
  11. ^ 南波一海. “ふぇのたす『2013ねん、なつ』”. ローリング・ストーン. 2014年5月14日閲覧。
  12. ^ a b c ふぇのたす、待望のニュー・ミニ・アルバムは『胸キュン’14』!”. WHAT's IN? (2014年3月24日). 2014年5月14日閲覧。
  13. ^ 「MOOSIC LAB」ふぇのたす、アカシックら参加映画上映”. ナタリー (2014年5月1日). 2014年9月1日閲覧。
  14. ^ やくもみこ / 土曜日、ピクニックをしよう / こんな雨の日は”. mona records online. 2014年5月15日閲覧。
  15. ^ 【卒業生の活躍】プロミュージシャン学科卒業生の澤"sweets"ミキヒコさんが在籍するふぇのたすが1stアルバム『2013ねん、なつ』をリリースしました!”. 尚美ミュージックカレッジ専門学校. 2014年5月15日閲覧。
  16. ^ 元BiS寺嶋由芙、でんぱ組夢眠ねむ作詞曲でソロCDデビュー”. ナタリー (2013年12月23日). 2014年5月14日閲覧。
  17. ^ サンリオの“しゃけの切り身”キャラクター KIRIMIちゃん.、メジャーデビュー決定”. Musicman-NET (2014年7月10日). 2014年9月17日閲覧。
  18. ^ タルトタタンの現体制初シングルにゲスト多数参加”. ナタリー (2014年4月16日). 2014年5月14日閲覧。

外部リンク[編集]

メンバーTwitterアカウント