辛島美登里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
辛島美登里
基本情報
出生名 辛島美登里
別名 ミリちゃん
出生 1961年5月28日(53歳)
出身地 日本の旗 日本鹿児島県鹿児島市
血液型 O型
学歴 奈良女子大学卒業
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター作曲家
担当楽器 ヴォーカルピアノ
活動期間 公式では1989年
レーベル (公式デビュー後)ファンハウス
東芝EMI→Clover Records→
SMDR GT music
コンチネンタル・スター
USM JAPAN
事務所 エムエスエンタテインメント
公式サイト Green Page

辛島 美登里(からしま みどり、1961年5月28日 - )は日本シンガーソングライター作曲家。所属事務所MSエンタテインメント鹿児島県鹿児島市生まれ。鹿児島大学教育学部附属中学校鹿児島県立鶴丸高等学校奈良女子大学家政学部卒業。独身。愛称は「ミリちゃん」、「辛島先生」(後者については後述)。

人物・概要[編集]

クリスマスシーズンの定番曲となった「サイレント・イヴ」を始めとして自作による、さまざまな恋愛の機微を綴った歌で知られる。メロディーもさることながら、洗練された歌詞に対する評価が非常に高い。辛島の代表作にちなみ、俳人の黛まどかは「辛島聴く」を冬の季語に指定したほどである。1990年代以降、特にOLを中心とした女性のファンをはじめとして、男性のファンも多く現在も幅広い人気を得ている。

以後、コンスタントにアルバムを発売しつづけており、カバーアルバム『Eternal-One』(2001年)のリリースを機に、他の歌手の作品のカバーにも積極的に取り組んでいる。

クリスマスの時期には、毎年クリスマスコンサートを開催し、bunkamura東京国際フォーラムでも行っていたが、1999年以降2008年までは東京芸術劇場2006年すみだトリフォニーホール)でオーケストラやゲストと共演する形で開催された。2009年はこれまでのクリスマスコンサートに代わるコンサート「WINTER PICTURE BOOK」を開催。

また、コンサートは以前はアルバムリリース前後に東京・大阪・名古屋を中心としたツアーをメインとしていたが、近年は地方でも積極的に公演活動を行っているほか、ピアノコンサートのように、ピアニストと2人だけで行うスタイルのコンサートも行っており、大人数が入るホールだけでなく、数百人規模の小規模ホールやライブハウスなどで行う形式が増えている。

経歴[編集]

1961年、鹿児島市で公務員の娘として生まれる。家族は両親と兄。

鹿児島市立中郡小学校[1]鹿児島大学教育学部附属中学校卒業後、1年予備校生活を送り、鹿児島県立鶴丸高等学校に進学。同校を卒業後、奈良女子大学家政学部生活経営学科に入学。在学中は生活を送りながら、音楽部で活動する。

大学在学中の1983年に、自作の「雨の日」で第26回ヤマハヤマハポピュラーソングコンテスト(ポプコン)に近畿地区代表で出場、グランプリを獲得。その年の世界歌謡祭にも出場した。この「雨の日」はビクター音楽産業からシングルとして発売されており、厳密にはこの曲がデビュー曲である。また、同じく在学中に高等学校家庭科教員免許を取得している。

卒業後は上京し、アルバイトをしながら本格的にソングライティングの勉強をする。

1987年キングレコードからシングル「Midnight Shout」(OVA「魔境外伝レ・ディウス」主題歌)でデビュー[2]。この他、当時人気歌手だった永井真理子へ「瞳・元気」を楽曲提供したことでも注目された。現在まで、永井真理子以外にも数多くの歌手に楽曲提供している。

1989年ファンハウス永井真理子担当だった金子文枝によるプロデュースで、シングル「時間旅行」を発売。公式プロフィールでは、この「時間旅行」がデビュー曲とされている。歌手としての活動はここから本格化した。

1990年、9月下旬にリリースしたシングル「笑顔を探して」(テレビアニメYAWARA!」主題歌)、11月上旬にリリースした「サイレント・イヴ」(テレビドラマ「クリスマス・イブ」主題歌)が大ヒットし、世間に認知される。サイレント・イヴはオリコンチャート1位を獲得したほか、日本ゴールドディスク大賞ベスト5シングル賞を受賞した[3]。この頃はNHK-FM(土曜15:00~18:00「FMリクエストアワー」)やTBSラジオ(日曜23:05~0:00「ニューミュージックマインドポップス」)などでDJもこなしていた。

1993年、事務所をトイズオフィスから、永井真理子も所属していたエムエス・アーティスト・プロダクツ(MSAP、現在のエムエスエンタテインメント)に移籍。

1995年、レコード会社を東芝EMI(当時)へ移籍。同年発売のシングル「愛すること」(NHKドラマ新銀河「ラスト・ラブ」主題歌。1度バーの弾き語りシンガー役として出演した)がロングセラーになる。この曲で同年末の第37回日本レコード大賞作詞賞を受賞。また、通常は新曲を発売直後のアーティストが登場するCOUNT DOWN TVのゲストライブのコーナーに、翌1996年になって異例の登場。

2004年に東芝EMIを離れ、インディーズレーベル、Clover Recordsを立ち上げた。

2005年10月、新たに1時間のラジオ番組「マドンナたちの応援歌」がスタート、同月、2年9ヶ月ぶりのシングル「そばにいたい」をリリースした。

2007年にはソニー・ミュージック (SMDR GT music) へ移籍、メジャーレーベルでの活動を再開。

2011年2月23日、「稲垣潤一&辛島美登里」名義によるデュエットナンバー、「思い出す度 愛おしくなる」をリリース。稲垣のシングル扱いではあるが5年4ヵ月ぶりのシングルとなる。

2012年にはテイチクエンタテインメントのレーベル「コンチネンタル・スター」にて小田和正のカバーアルバム「Love Letter」をリリース。

主な作品[編集]

シングル[編集]

(以下ビクター音楽産業

(以下キングレコード

(以下ファンハウス。公式での活動はこれ以降のみ)

当初はカラオケなしで発売されたが、1年後の1991年10月25日カラオケ付きとして再発売された。同時にジャケットの色が変更されている。またクリスマスソングとしては珍しく年が明けてもチャートの上位にランクインした。

(以下東芝EMI

この曲のジャケットは新旧2種類存在する。
辛島が初めて歌詞を外注(作詞:松井五郎
c/w 虹の地球(ほし) - NHK「夢用絵の具」主題歌
CCCD仕様である。

(以下Clover Records=インディーズ[5]

(以下ユニバーサル ストラテジック マーケティング ジャパン

アルバム[編集]

(以下、キングレコード

キング時代に発売したシングルなどを収録。ジャケットイラストはゆうきまさみによる。
  • パーフェクト・ベスト(2011年6月8日)
Memories収録曲のほか、「妖魔・数え歌」など同アルバム未収録曲も含めたもの。

(以下、ファンハウス

1990年のアルバムだが、収録曲「とっておきの朝」が2006年より熊本朝日放送のオープニングに使用
収録曲「恋はシャッフル」 - 出雲殿(浜松市)「ハニーハネムーン」CMソング。
初のベストアルバム。リミックスおよび新アレンジで収録。初回盤のみブックレット付。
原曲とは別のアレンジャーによる編曲でセルフカバーしたコンサート(日本アレンジャーズ協会[6]による企画)を収録。初回盤のみサイレント・イヴのインストゥルメンタル8cm盤が付属。
バラッド・セレクション。
ファンハウスからの離脱に伴うベストアルバム。
ファンハウス時代のシングルを収録、ただし「流されながら」は入っていない。

(以下、東芝EMI

10周年記念のベストアルバム。初回盤のみアクリルケース仕様(特典付録あり)。
収録曲「ブルーの季節」 - クレール&ガレロ(現:ザ・グランクレール。名古屋市にある総合結婚式場)CMソング。
カバーアルバム。
アルバム収録の「菜種時雨」はNHK「みんなのうた2003年2~3月期に放送)、CCCD仕様である。

(以下、Clover Records=インディーズ)

セルフカバーベストアルバム
セルフカバーベストアルバム

(以下、ソニー・ミュージックダイレクト

オリジナル・アルバムとしては4年9ヶ月ぶりで、2010年8月現在唯一のSACD仕様である。またこのアルバムには、「千の風になって」のカヴァーも収録されている。
歌手デビュー20周年記念のベストアルバム。本人による曲目解説も掲載。先行してiTunes Storeで配信していた新曲「桜」を収録。

(以下、コンチネンタル・スター=テイチクエンタテインメント

小田和正のカバーアルバム。アルバムと同名の辛島自身の新曲も収録。

(以下、USM JAPAN

オリジナル・アルバムはブーケガルニ以来ほぼ7年ぶりとなった。

企画アルバム、サントラ盤など[編集]

OVA魔境外伝レディウス」(東宝)テーマソング
OVA聖戦士ダンバイン」(バンダイメディア事業部=現バンダイビジュアル)テーマソング
OVA「竜世紀 神章A.D 1990 璃子」(久保書店)「竜世紀 魔章 RC.297 ルリシア」(久保書店)エンディングテーマ
OVA「妖魔-上の巻 緋影魔境編」(東宝)「妖魔-下の巻 魔狼兇牙編」(東宝)エンディングテーマ
  • MERRY CHRISTMAS TO YOU メリークリスマス・トゥ・ユー(ファンハウス) 1989年。「星空のクリスマスパーティ」を収録
  • Pressenti(ファンハウス、1991年
ファンハウスは当時、企画アルバムを多数リリースしており、上記以外にも参加している。

ビデオ[編集]

  • Silent Eve(ファンハウス、1990年
ビデオシングルディスク (VSD) のみ
  • Birthday(ファンハウス、1992年
  • Crossing(東芝EMI、1997年) コンサート映像とビデオクリップ
どちらもビデオ (VHS) 、レーザーディスクのみでDVDは発売されていない
  • CLIP集(BMGファンハウス、2005年7月6日) ファンハウス時代のビデオクリップをDVD化したもの
  • LIFE GOES ON LIVE(ライフゴーズオン、2006年12月6日) - BSフジ「LIFE GOES ON LIVE」で放映されたものを編集。
  • 辛島美登里 Symphonic Xmas Concert(2009年10月29日) - BSフジ 2008年クリスマスコンサートの映像を集めたもので、2005年のコンサートからも一部採録

楽曲提供[編集]

「シンシア〜あなたにあえたから」 作詞・作曲:辛島美登里、編曲:萩田光雄
「Faraway」 作詞・作曲:辛島美登里、編曲:加藤みちあき名古屋テレビアニメ『鎧伝サムライトルーパー』主題歌)
手をつなごう」 作詞・作曲:辛島美登里、編曲:上杉洋史
「横顔」 作詞・作曲:辛島美登里、編曲:十川知司
「夢のバルコニー」 作詞・作曲:辛島美登里、編曲:山本健司
「瞳・元気」[7] 作詞:只野菜摘、作曲:辛島美登里、編曲:根岸貴幸
「SO BAD」 作詞:只野菜摘、作曲:辛島美登里、編曲:根岸貴幸
「20才のスピード」 作詞:亜伊林、作曲:辛島美登里、編曲:根岸貴幸
「Fight!」 作詞:亜伊林、作曲:辛島美登里、編曲:根岸貴幸
「Dear My Friend」 作詞:只野菜摘、作曲:辛島美登里、編曲:根岸貴幸
「50/50」 作詞:永野椎菜、作曲:辛島美登里、編曲:根岸貴幸
「Keep On“Keeping On”」[8] 作詞:永野椎菜、作曲:辛島美登里、編曲:根岸貴幸
「今、君が涙を見せた」 作詞:永野椎菜、作曲:辛島美登里、編曲:根岸貴幸
「夏のはじまり」 作詞:浅田有理、作曲:辛島美登里、編曲:根岸貴幸
「揺れているのは」 作詞:亜伊林、作曲:辛島美登里、編曲:根岸貴幸
微笑みにして[9] 作詞・作曲:辛島美登里、編曲:京田誠一
「ともだちになりたい」 作詞・作曲:辛島美登里、編曲:松本晃彦
「Hold You」 作詞・作曲:辛島美登里、編曲:矢萩秀明
「COME TRUE…」 作詞:永野椎菜、作曲:辛島美登里、編曲:多田彰文
「Follw you, Follow me」 作詞・作曲:辛島美登里、編曲:多田彰文
「GO ALONG! GO AROUND!!」 作詞:永野椎菜、作曲:辛島美登里、編曲:多田彰文
「夢を追いかけて」 作詞・作曲:辛島美登里、編曲:多田彰文
「夜明けのShooting Star」 作詞・作曲:辛島美登里、編曲:矢萩秀明
「虹色のSneaker」 作詞・作曲:辛島美登里、編曲:村瀬恭久
「恋のScramble Race」 作詞:西脇唯、作曲:辛島美登里、編曲:村瀬恭久
「浜辺のダイアリー」 作詞・作曲:辛島美登里、編曲:矢萩秀明
「負けないで、負けないで…」 作詞・作曲:辛島美登里、編曲:十川知司
「頑張って、頑張って…」 作詞・作曲:辛島美登里、編曲:村山達哉
「プリズムアイ」作詞・作曲:辛島美登里、編曲:矢萩秀明
「Sepiaの鼓動」 作詞・作曲:辛島美登里、編曲:岸村正実
「揺れてマイ・ハート」 作詞・作曲:辛島美登里、編曲:岸村正実
「春のとびら」 作詞・作曲:辛島美登里、編曲:村瀬恭久
「素直になりたい」 作詞・作曲:辛島美登里、編曲:京田誠一
「水色のくちぶえ」 作詞:小林まさみ、作曲:辛島美登里、編曲:大谷和夫
「What a handsome woman」 作詞:亜伊林、作曲:辛島美登里、編曲:大谷和夫
「いつかきっと微笑みへ」[10] 作詞・作曲:辛島美登里、編曲:若草恵フジテレビ系列ドラマ『ジュニア・愛の関係』主題歌)

映画[編集]

出演: 鈴木えみ奥田恵梨華田中圭嶋田久作
監督:井上春生
出演:西山茉希井上芳雄佐伯日菜子
監督:窪田崇

テレビ出演[編集]

  • NHKドラマ新銀河「ラスト・ラブ」(主題歌を歌っていた縁から、バーで弾き語りをするシンガー役を演じた)

ラジオ出演[編集]

CM[編集]

著書[編集]

その他[編集]

  • テレビ朝日タモリ倶楽部」の名物コーナー「空耳アワー」のオープニングタイトルを歌っている「HIROSHI&MIDORI」のMIDORIは、辛島美登里である。同番組には本人も数回出演しており、1996年の特番に出演した際、歌声を録音したオープンリールテープをタモリに手渡し、それ以来オープニングで流れるようになった。番組終了時に「代わりにお土産がほしい」とジャンパー、Tシャツ、手ぬぐいを持ち帰っていった。過去、自らがDJを務めたFM番組で類似のコーナーを設け、リスナーからの投稿を募集していたこともある。
  • テレビ朝日「ミュージックステーション」では、タモリに「辛島先生」と呼ばれている。タモリは、厳しい女性教師イコール元女子高等師範学校のお茶の水女子大または奈良女子大卒というイメージを持っていたため、家庭科の教員免許を持っている辛島を尊敬の意味を込めて「辛島先生」と呼び始め、「こんな先生がいたら叱られたい」とまで言ってるが、辛島は「先生じゃないです」と困惑している。
  • 1990年ころ、朝日新聞の「声」欄に、いじめについて投稿したことがある。
  • HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMPに初出演した際、自分が見た夢について長時間にわたって説明し、司会のダウンタウンに「今まで(出演した人の中)で一番しゃべる人でした」とコメントされ、二回目の出演時には松本人志から「(前回の出演時には)お前の番組(冠番組)か~と思いました」とコメントされた。
  • 父方の先祖が、大分の宇佐神宮禰宜をしていた。名前は「辛島勝(カラシマノスグリ)」。1991年3月まで持ち回りでパーソナリティを務めていたNHK-FMの生放送番組「FMリクエストアワー」最終回(1991年3月30日放送)で、リスナー投稿により明らかになった。これに対し本人も「辛島村(現:宇佐市大字辛島)にはいまでも辛島姓の人が多い」とコメント。

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ キングレコードからリリースされたシングル・アルバムは公式プロフィールには記載されていない。キング時代はアニメの主題歌を多く手掛けており、特にシングル2枚の作風は、後にファンハウスから公式デビュー後にリリースされた辛島の楽曲とは大きく異なっていた。なお1990年末にサイレントイヴがヒットして有名になると、キングレコードからも公式デビュー前の楽曲を集めたアルバム「MEMORIES」が発売された。
  3. ^ 日本ゴールドディスク大賞
  4. ^ 同時期のオープングテーマは今井美樹の「雨にキッスの花束を
  5. ^ レーベルはClover Musicだが、販売元はダイキサウンドになっている。
  6. ^ 現在の日本作編曲家協会
  7. ^ 詞を一部変更し、シングル「瞳・元気〜都会のひまわり〜」としてセルフカバー。
  8. ^ アルバム『BEAUTIFUL』でセルフカバー。
  9. ^ アルバム『Smile and Tears〜涙が虹にかわる瞬間〜』でセルフカバー。
  10. ^ アルバム『BEAUTIFUL』でセルフカバー。
  11. ^ 内容は同紙のサイトにも掲載されている。[2]
  12. ^ 大隅テーマソング「一歩一歩ずつ」リリース - 辛島美登里オフィシャルサイト 2013年10月31日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]