HIFANA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Juicy and Keizo
Hifana playing at Transmusicales 2008.jpg

HIFANA(ハイファナ)は、KEIZOmachine!とジューシーによるブレイクビーツユニット。

ユニット名は沖縄の方言に由来し〈南の風〉、〈南の花〉という意味。(本人達は沖縄出身ではない)。 NYのヒップホップDJ、クラーク・ケントの2枚使い映像を観て衝撃を受けたことをきっかけにターンテーブルの練習を始めたというKEIZOと、バンドでドラム訓練に勤しんでいたJUICYは、共にパーカッション・バンドのTRIBAL CIRCUSでの活動を経た後、HIFANA結成へと至る。

いわゆる打ち込み音楽や民族音楽、特に打楽器の影響を多く受けた彼らは、ライブではプログラミングやシーケンスをいっさい使用せずに、AKAIサンプラーMPC2000などを即興的に叩いてビートを刻み、さらにスクラッチパーカッションなどを乗せていくという独特なスタイルを披露する。またseratoのVideo Scratch Liveなどの映像機器を活用し、音と映像を同期させるのも特徴。

一方CDやレコードなどで聴ける楽曲ではプログラミングやシーケンスが用いられ、そこでは町の雑踏からアニメキャラクターの声まで、あらゆる種類の音(ネタ)がサンプリングされ、使用されている。 また、HIFANAのアーティスト写真やホームページでも見られる数々のキャラクターのアートワークはソロボンヌ先生(ジューシー)が手掛けている。

その魅力は2003年発表のデビュー・アルバム『FRESH PUSH BREAKIN'』で広く知られることとなり、夏の野外レイヴメタモルフォーゼや、彼ら主催のイベント〈ZAMURAI〉など、各地のクラブ・イベントで披露されてきた。

民族楽器アサラトの世界的名手としても知られる。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • FRESH PUSH BREAKIN'(2003年11月19日)
    1. FRESH PUSH BREAKIN'-INTRO-(No sequence FRESH PUSH mix)
    2. FATBROS
    3. GOFANKE ごふぁんけ
    4. GAKULANG 学ラン
    5. OTO-MUTSU-SAN 音ムツさん
    6. HITARO ハイ太郎
    7. MONDEW
    8. FACTORY(No sequence FRESH PUSH mix)
    9. TOYCUT
    10. STRIP GRID
    11. UCHI-NAN-CHAMPROO ウチナンチャンプルー
    12. S.P.C(StuPidCut)
    13. BLUEZ
    14. ASALATO…
  • CHANNEL H(2005年8月24日)
    1. CHANNEL PUSH BREAKIN'
    2. WAMONO~和モノ~(平成17年度(第9回)文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門において優秀賞を受賞)
    3. Mr.BEER
    4. SEE'EM
    5. TANGLANG~短ラン~
    6. NOW THINKING
    7. NAMPOOH
    8. NOW PLAYING
    9. RYUKYU LONG BOARD
    10. AKERO
    11. RAGGACHIN"H"
    12. WAIYANDUB
    13. WWW.HIFANA.COM
    14. PEETEEJAY
    15. ASALATO
  • CONNECT (2007年8月1日)
    1. CONNECTRODUCTION (INTRO) feat. BRYAN BURTON-LEWIS
    2. POWER PUSH BREAKIN’ (FRESH SEQUENCE MIX)
    3. CONNECT
    4. UHO-UHO BOOTY BOXERCISE (INTERLUDE)
    5. MR. BEER (ROOTS MIX) feat.三宅洋平 from 犬式 a.k.a. Dogggystyle & 鎮座DOPENESS & 南條レオ
    6. TUNAGI (INTERLUDE)
    7. 雲の上 (ACOUSTIC VERSION) feat. Keyco & Meika, Izpon, Take from KOKYO
    8. Voice Walkawei (OUTRO)
  • 24H (2010年7月28日)
    1. 朝食 / ROBOT NAMETAKE
    2. 出勤 / WAKE UP FEAT. 鎮座DOPENESS
    3. 労働 / WORK IT!!! FEAT. SPINNA B-ILL
    4. 電話 / DAMN WHAT RINGTONE
    5. 恋愛 / LAN LAN FEAT. LEYONA & 吾妻光良
    6. 災難 / DIE VERY HARD
    7. 遭遇 / UFO FEAT. UA
    8. 通信 / SKIPLESS LOOPS
    9. 旅行 / TOURING TOUR FEAT. YOHEI MIYAKE
    10. 麦酒 / MR. BEER SURF DEMOLITION MIX FEAT. DEMOLITION MAN
    11. 宴会 / 甘いメロディ FEAT. TWIGY
    12. 祭 / HANABEAM

その他プロデュース作品[編集]

  • コンピレーションアルバム「HIFANA PRESENTS 南風ケーブル」(2006年8月30日)

架空の島に浮かぶ、架空のラジオ放送局「南風ケーブル」というコンセプトのもと、HIFANA自ら監修のコンピレーション・アルバム。コンピといいつつ、収録曲のほぼ全てが新曲、もしくは未発表曲で構成されている。GAGLEのHANGER、DJ KENTARO、AFRAなどお馴染みのZAMURAIメンバーも参加。セカンドアルバム"Channel H" 収録の "AKERO"をDJ UPPERCUTがリミックスしたと思いき突如沖縄民謡が入ってくるなど、音楽ジャンルの存在自体のバカバカしさを実感させられるHIFANAワールド全開の1枚。

  • コンピレーションアルバム「HIFANA PRESENTS 南風ケーブル弐」(2009年9月16日)

新録音源を全体の8割以上収録し、『今・現在・過去』の日本のカッティングエッジなアーティストを招いた、ここでしか聞けないEXECLUSIVE音源を集めたアルバム。 HIP HOP.レゲエ、ラテン、歌謡曲、民謡、民族音楽、等々、ジャンルレスな良質な音楽を一気にさらりと楽しむ事が出来る内容。まるで架空の南の島のラジオ番組を気持ちよく&心地よく聞いているかのような気分になれる楽曲群。子供からお年寄りまで様々な世代の層が聞いても飽きのこない内容の『豊かな音楽生活』を提供できる作品内容。 参加アーティストはHIFANAはもちろんのこと、イントロにはお茶の間ラジオの大御所、大沢悠里のナレーション。Keyco、Leyona の歌にHIFANA と IZPON(KINGDOMAFROCKS)がリズムを繰り出す ユニット、らぶはふぇあーずやDJ KENTARO + HIFANAの新ユニットHITARO、本作と同日にソロデビュー作もリリースされる鎮座DOPENESS、2006年のDJバトルでチャンピオンの座に着いたDJ CO-MAなど多彩にして豪華。 昭和歌謡や沖縄民謡のオリジナル音源をHIFANAがRemixした楽曲も牧歌的懐かしさとカッティングエッジなクラブ感絶妙に同居した注目作。

  • DJ用スクラッチ・レコード『Sound Touchable』(1999年)

HIFANAがターンテーブルを楽器としてとらえ制作したDJ用スクラッチレコード。 針飛びなしでハードにスクラッチしたり、永遠にLOOPするビートなどが多数収録されている。

  • DJ用スクラッチ・レコード『Sound Touchable弐』(2003年)

主なリミックス作品[編集]

1.ビートライド555~HIFANA Remix
  • オムニバス「琉球マブヤーサウンド~Shimauta Pops in 60’s-70’s Cover&Remix~」(2004年8月4日)
2.白浜ブルース HIFANA Remix
  • GAGLE「RAPワンダーDX ~HIFANAあとのせヘケポチREMIX~」
  • FLYING RHYTHMS「Rhythm Connection」(2005年3月16日)
4.MOUSE DANCING-HIFANAじゃじゃほてREMIX-HIFANA
  • Leyona「新世界」(2005年6月22日)
2.新世界(HIFANA banana mix)
  • TUCKER「ELECTOON WIZARD」(2005年11月30日)
8.FEED ME!feat.HIFANA
15.THROUGH THE CITY feat.Juicy☆Mama from HIFANA
12.チェスト introソーキReMIX
  • オムニバス「SPECIALOOSE」(2006年11月8日)
5.Mouth Dancing-HIFANAじゃじほてREMIX+OLAIBI
10.Harvest DANCE(feat.HIFANA)

外部リンク[編集]