アポカリプティカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アポカリプティカ
Apocalyptica
2005年、ポーランドでのライブ。脱退後のアンテロ・マンニネンも出演。}
2005年ポーランドでのライブ。
脱退後のアンテロ・マンニネンも出演。
基本情報
出身地 フィンランドの旗 フィンランド
ウーシマー州 ヘルシンキ
ジャンル シンフォニックメタル[1]
チェロ・メタル[1]
ネオクラシカルメタル
プログレッシブ・メタル
スピードメタル
重奏
活動期間 1993年 -
レーベル MCA Music, Inc.
Zen Garden
Mercury
20-20
公式サイト www.apocalyptica.com
メンバー
エイッカ・トッピネン(Vc)
パーヴォ・ロトヨネン(Vc)
ペルットゥ・キヴィラークソ(Vc)
ミッコ・シレン(Dr)
旧メンバー
アンテロ・マンニネン(Vc)
マックス・リリャ(Vc)

アポカリプティカ (Apocalyptica) は、フィンランドヘヴィメタルバンドチェリスト3人とドラマーの計4人から成る。チェリストは全員シベリウス音楽院卒。これまでに世界中でアルバムが200万枚以上売られ、ライブで訪れた国は30ヵ国以上に上る。

歴史[編集]

(左から)マンニネン、ロトヨネン
(左から)キヴィラークソ、トッピネン、ロトヨネン

アポカリプティカは、1993年シベリウス音楽院でエイッカ・トッピネン(Eicca Toppinen)、パーヴォ・ロトヨネン(Paavo Lötjönen)、マックス・リリャ(Max Lilja)、アンテロ・マンニネン(Antero Manninen) の4人が出会い、彼らの好きなメタリカカバーチェロで演奏するバンドとして結成された。同年に行われた学内のイベントでも彼らの演奏は好評を博し、1995年にはテアトロ・ヘヴィメタル・クラブにおいてメタリカのカバーを演奏することになった。このときの観客の中にゼン・ガーデン・レコードのカリ・ヒュンニネンがおり、演奏後すぐ彼らにデビューの話を持ちかけ、アポカリプティカはデビューする運びとなった。

1996年にアポカリプティカは、初のスタジオアルバムで、チェロによるメタリカのカバーアルバムである "Plays Metallica by Four Cellos" をリリースした。1998年には Hiili Hiilesma のプロデュースによる2枚目のスタジオアルバム "Inquisition Symphony" をリリース。これにはメタリカのカバーの他にもフェイス・ノー・モアセパルトゥラパンテラのカバー、そしてエイッカ・トッピネンによるオリジナル曲も収録された。

ペルットゥ・キヴィラークソ
Perttu Kivilaakso

1999年、アンテロ・マンニネンがバンドを去り、代わりにペルットゥ・キヴィラークソ(Perttu Kivilaakso)が加入した。2000年には、全13曲のうち10曲がオリジナル曲で構成される3枚目のスタジオアルバム "Cult" をリリース。2002年にはマックス・リリャがアポカリプティカを脱退し、ヘヴェインへと移籍した。これによりアポカリプティカはチェリスト3人のバンドとなった。

ミッコ・シレン

また、日本ではダンロップ「デジタイヤスタッドレス」のCM曲に、「ドリヴン」が使用された。 2003年には、全曲がオリジナルである4枚目のスタジオアルバム "Reflections" をリリース。このアルバムは、前作などにみられるアコースティック・スタイルの編曲とは一変した、実験的なサウンドが特徴的である。また、この "Reflections" のうち5曲において、スレイヤーのデイヴ・ロンバードがドラマーとして参加している。

2005年、アポカリプティカは5番目となるスタジオアルバム "Apocalyptica" をリリース。このアルバムからドラマーのミッコ・シレン(Mikko Sirén)が参加し、その後公式なメンバーとして加入した。このアルバムにはHIMヴィッレ・ヴァロザ・ラスマスのラウリ・ヨーネン、スレイヤーのデイヴ・ロンバードがフィーチャーされている。

2007年9月17日、通算6枚目のスタジオアルバム "Worlds Collide" を世界同時リリース。

2009年プレイステーション3用ゲーム「MASSIVE ACTION GAME」にゲームBGMを提供。iTunes Storeなどでオリジナルサウンドトラックをリリース[2]

メンバー[編集]

メンバー[編集]

ラムシュタインとのライブ
現在のメンバー
  • Eicca Toppinen(エイッカ・トッピネン) – チェロ(1993年~)
  • Paavo Lötjönen(パーヴォ・ロトヨネン) – チェロ(1993年~)
  • Perttu Kivilaakso(ペルットゥ・キヴィラークソ) – チェロ(1999年~)
  • Mikko Sirén(ミッコ・シレン) – ドラム(2005年~)
過去のメンバー
  • Antero Manninen(アンテロ・マンニネン) – チェロ(1993年~1999年、脱退後もしばしばライブに出演する。2010年現在はラハティ交響楽団に所属)
  • Max Lilja(マックス・リリャ) – チェロ(1993年~2002年、2010年現在はHeveinに参加)
セッション・メンバー
  • Dave Lombardo(デイヴ・ロンバード)(スレイヤー) - ドラム(2003年~2004年)
ゲスト・ミュージシャン

作品[編集]

  • メタリカ・クラシックス Plays Metallica by Four Cellos(1996年)
  • ハルマゲドン~ヘビー・メタル・シンフォニー Inquisition Symphony(1998年)
  • カルト Cult(2000年)
  • ザ・ベスト・オブ・アポカリプティカ Best of Apocalyptica(2002年、日本のみ)
  • リフレクションズ Reflections(2003年)
  • Apocalyptica(2005年)
  • Amplified - A Decade of Reinventing the Cello(2006年)
  • ワールズ・コライド Worlds Collide(2007年)
  • セブンス・シンフォニー 7th Symphony(2010年)

脚注[編集]

  1. ^ a b Apocalyptica - アポカリプティカ - キューブミュージック・2014年8月10日閲覧。
  2. ^ MAG: S.V.E.R. (Original Soundtrack from the Video Game)
  3. ^ Apocalyptica - Tony Petrossian, director
  4. ^ [1]
  5. ^ [2]
  6. ^ [3]

外部リンク[編集]