ストーン・サワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ストーン・サワー
Stone Sour
2010年
2010年
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
アイオワ州デモイン
ジャンル オルタナティヴ・メタル
ハード・ロック
ヘヴィ・メタル
ポスト・グランジ
活動期間 1992年~1997年、2002年~現在
レーベル ロードランナー・レコードソニーBMG
公式サイト Stone Sour (英語)
メンバー
コリィ・テイラー (ボーカル)
ジェイムズ・ルート (ギター)
ジョシュ・ランド (ギター)
ロイ・マイヨルガ (ドラム)
旧メンバー
ジョエル・エクマン (ドラム)
ショーン・エコノマキ (ベース)

ストーン・サワー (Stone Sour)は、アメリカ合衆国オルタナティヴ・メタルバンドである。

来歴[編集]

Slipknotスリップノット)のメンバーであるコリィ、ジェームズがSlipknot加入以前に別のメンバーと活動していたバンド。1992年に活動を開始。1995年に現在のメンバーと同じ構成になるが、コリィとジェームズのSlipknot加入により1997年に一度解散する。

2002年に復活を遂げ、アルバム『STONE SOUR』を発売した。このアルバムに収録された曲「Bother」は、映画『スパイダーマン』のサウンドトラックにも収録された(PVにてボーカルのコリィ・テイラーが着けている指輪がスパイダーマン)。

2006年、ジョエル・エクマンの脱退にともないロイ・マイヨルガが加入。8月1日、『Come What(ever) May』が発売され、それに伴うプロモーション活動の一環として来日し、SUMMER SONIC '06(サマーソニック2006)に出演した。

翌2007年5月には、メタルコアバンドのウォールズ・オブ・ジェリコをサポートに公演を行った。

2010年8月18日、3rdアルバム『Audio Secrecy』をリリース。 これに先行してアルバムの収録曲の一つである「Mission Statement」の無料ダウンロード(オフィシャルサイトより日本時間6月10日午前11時から48時間限定)が開始された。 2010年10月にLOUD PARK10に出演、2011年2月に単独公演を行った。

2011年4月、ベースのショーン・エコノマキが個人的な理由により脱退。 5月にロイ・マイヨルガが軽度の脳卒中になり療養、ツアーをキャンセルした。 さらにロイは第一子の誕生に立ち会うため9月の「ロック・イン・リオ」への出演を見合わせたが、代わりに元ドリームシアターマイク・ポートノイがゲスト参加した。

2012年3月から6月にかけて、2部構成となるコンセプト・アルバム『House of Gold & Bones』をレコーディング。 ベースはスキッド・ロウレイチェル・ボランが担当した。 10月に第1作『House of Gold & Bones – Part 1』を、翌2013年4月に『House of Gold & Bones – Part 2』をリリース。

2012年09月の「LOUD PARK 12」で来日を予定していたが、ジェイムズ・ルートの健康上の理由により出演をキャンセルした。 2013年5月、「OZZFEST JAPAN 2013」で来日。


メンバー[編集]

ジョシュ・ランド
左からコリィ・テイラー、ロイ・マイヨルガ、ショーン・エコノマキ(2007年)

過去のメンバー[編集]

  • ジョエル・エクマン Joel Ekman – ドラム (1992–1997, 2002–2006) ・バンドの中心人物だったが、子供の病気により脱退
  • ショーン・エコノマキ Shawn Economaki - ベース (1992–1997, 2002–2011) ・スリップノットのステージマネージャーを務める

ツアー・メンバー[編集]

レコーディング・メンバー[編集]

アルバム[編集]

  • STONE SOUR (2002年8月27日)
  1. Get Inside
  2. Orchids
  3. Cold Reader
  4. Blotter
  5. Choose
  6. Monolith
  7. Inhale
  8. Bother
  9. Blue study
  10. Take A Number
  11. Idle Hands
  12. Tumult
  13. Omega
  • Come What(ever) May (2006年8月1日)
  1. 30/30-150
  2. Come What(ever) May
  3. Hell & Consequences
  4. Sillyworld
  5. Made of Scars
  6. Reborn
  7. Your God
  8. Through Glass
  9. Socio
  10. 1st Person
  11. Cardiff
  12. Zzyzx Road
  • Audio Secrecy (2010年9月7日)
  1. Audio Secrecy
  2. Mission Statement
  3. Digital (Did You Tell)
  4. Say You'll Haunt Me
  5. Dying
  6. Let's Be Honest
  7. Unfinished
  8. Hesitate
  9. Nylon 6/6
  10. Miracles
  11. Pieces
  12. The Bitter End
  13. Imperfect
  14. Threadbare
  • House of Gold & Bones – Part 1 (2012年10月22日)
  1. Gone Sovereign
  2. Absolute Zero
  3. A Rumor of Skin
  4. The Travelers, Pt. 1
  5. Tired
  6. RU486
  7. My Name Is Allen
  8. Taciturn
  9. Influence of a Drowsy God
  10. The Travelers, Pt. 2
  11. Last of the Real
  • House of Gold & Bones – Part 2 (2013年4月9日)
  1. Red City
  2. Black John
  3. Sadist
  4. Peckinpah
  5. Stalemate
  6. Gravesend
  7. 82
  8. The Uncanny Valley
  9. Blue Smoke
  10. Do Me a Favor
  11. The Conflagration
  12. The House of Gold & Bones

ライヴ・アルバム[編集]

  • Live in Moscow (2007年)

ミュージック・ビデオ[編集]

  • Get Inside (2002年)
  • Bother (2002年)
  • Inhale (2003年)
  • Reborn (2006年)
  • 30/30-150 (2006年)
  • Through Glass (2006年)
  • Sillyworld (2007年)
  • Made Of Scars (2007年)
  • Say You'll Haunt Me (2010年)
  • Digital (Did You Tell) (2010年)
  • Hesitate (2010年)
  • Gone Sovereign (2012年)
  • Absolute Zero (2012年)
  • Do Me a Favor (2013年)

外部リンク[編集]