コリィ・テイラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コリィ・テイラー

コリィ・テイラーCorey Todd Taylor, 1973年12月8日 - )は、アメリカ合衆国歌手ストーン・サワースリップノットボーカリストとして知られる。

概要[編集]

歌唱力は非常に高くバラードからデスヴォイス、ラップまで幅広くこなすことができる。

ストーン・サワーでのライヴ中、一部曲(Bother、Through Glass等)では自らギターを演奏する。

スリップノットではマスクを被って活動しているが、ストーン・サワーでは素顔で歌唱している。

日本語のタトゥーを入れており、首筋の左側には「死」右側に「父」、

Corey Taylor.jpg

後ろにもカタカナで「スリップノット」と彫っている。

海外でライヴを行う際、パフォーマンスとして現地の言葉を使う。スリップノットの来日時は「ナカユビタテロー」など妙な日本語を使った。 また、幕張メッセ公演では「サーケーベー! タカマツゥゥゥ!」と、この場所を高松市と勘違いした煽りを連発し、「千葉なのに」というコメントがネット上で多く見られた。

KORNのジョナサン・デイヴィスがITP特発性血小板減少性紫斑病)の治療に伴いツアーライブを降板した際、ゲストボーカルとして数曲を担当した。

外部リンク[編集]