ラハティ交響楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラハティ交響楽団(Sinfonia Lahti)は、フィンランドラハティ市・シベリウスホールに本拠を置くオーケストラである。

1910年に設立。1949年にラハティ市の管轄に入る。

1988年に首席指揮者に就任したオスモ・ヴァンスカにより、オーケストラ活動が活発になる。レパートリーの中心であるシベリウス作品のレコーディングは高く評価され、フィンランドの一地方オーケストラから国際的なシベリウス・オーケストラへと変貌した。

世界で初めて、シベリウスのヴァイオリン協奏曲交響曲第5番、交響詩『エン・サガ』などの初稿版による演奏を録音している。ヴァイオリン協奏曲のCDは1991年に英グラモフォン賞を受賞、交響曲第5番および交響詩『エン・サガ』のCDは、1996年に同じく英グラモフォン賞と仏カンヌ・クラシカル・ワードを受賞した。

1999年に初来日し、金沢・大阪・東京などで公演した。東京(すみだトリフォニーホール)では、4日間にわたりシベリウスの交響曲全曲演奏を行い、交響曲第5番の最終版に加えて初稿版による演奏も披露した。

2003年・2006年に再来日し、雑誌『音楽の友』誌上で、2003年のベスト・コンサート第1位に選ばれた。

2008年から2011年まで、ユッカ=ペッカ・サラステが首席指揮者として活動予定。2011年秋以降は、オッコ・カムが首席指揮者兼芸術監督に就任の予定。

外部リンク[編集]

Northern-Europe-map-extended.png この「ラハティ交響楽団」は、北ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 北ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ