プログレッシブ・メタル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プログレッシブ・メタル
Progressive Metal
様式的起源 プログレッシブ・ロック
ヘヴィメタルフュージョン
文化的起源 1980年代中期
アメリカ合衆国
イギリスカナダ
使用楽器 ボーカルギターベースドラムキーボード
流行時期 1990年代中期
アメリカ合衆国ヨーロッパ
関連項目
ヘヴィメタルカオティック・ハードコア
テンプレートを表示

プログレッシブ・メタル英語:progressive metal)は、ロック・ミュージックのジャンルのひとつ。略称プログレメタル(あるいはプログメタル)。あまり明確な定義はないが、プログレッシブ・ロックヘヴィメタルの要素を取り入れたサウンドで、1990年代以降はひとつのジャンルとして確立された。

そのサウンドの概要は、プログレッシブ・ロックの持つ技巧的あるいは幻想的な音楽性と、ヘヴィメタルの持つハードで大胆な音楽性が合わさったもの。どちらかと言うと、ヘヴィメタルの要素がベースになっているが、「長大な楽曲、変拍子転調シンセサイザーの多用、コンセプト性を持ったアルバム構成」など、プログレッシブ・ロックの特徴もそれなりに収められている。

ピンク・フロイドキング・クリムゾンジェネシスイエスなどのプログレッシブ・ロック勢と、アイアン・メイデンジューダス・プリーストメタリカなどのハード・ロック/ヘヴィメタル勢の双方から影響を受けてきたミュージシャン達が、1980年代後半になって本格的な音楽活動を始めたところに起因する。

代表的なバンドとしては、ドリーム・シアタークイーンズライクペイン・オヴ・サルヴェイションなどがあり、マーケットにおいてはドリーム・シアターの躍進した90年代にプログレッシブ・メタルと呼ばれるタームが定着した。

プログレッシブ・メタルがジャンルとして確立される前から活動しているラッシュも、プログレッシブ・メタルであると考える人もいる。また、一部のネオクラシカルメタルデスメタルブラックメタルなどには、メンバーが超絶技巧の持ち主であり、曲調もプログレッシブであるようなバンドが存在し(たとえばシンフォニーXオーペス)、そのようなバンドはプログレッシブ・メタルであると解釈される事もある。

日本においては70~80年代前半という早い時期からシェラザードマンドレイク人間椅子筋肉少女帯といったHR/HMとプログレッシブロック双方の要素を取り入れ独自の音楽性を展開したバンドが散見された。またノヴェラの元メンバーや彼らのフォロワーが結成したハードロック色の強いグループが一時期(アンダーグラウンドな)プログレシーンで次々と登場し、これらはノヴェラ系ジャパグレと呼ばれた。他にはクラシックの要素を大きく取り入れたX JAPANがプログレッシブ・メタルであると解釈される事もある。