パワーメタル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パワーメタル
Power Metal
様式的起源 NWOBHMスピードメタル
文化的起源 1980年代中期
北アメリカ
スウェーデンの旗 スウェーデン
ドイツの旗 ドイツ
使用楽器 ボーカル
エレクトリック・ギター
エレクトリックベース
ドラム
キーボード
融合ジャンル
シンフォニックパワーメタル
地域的なスタイル
フィンランド – ドイツ – デンマーク – イタリア – スウェーデン – ブラジル – 日本
関連項目
メロディックスピードメタル
ジャーマンメタル
北欧メタル
テンプレートを表示

パワーメタル (Power Metal)とは、ヘヴィメタルのジャンルの一つ。

概要[編集]

アイアン・メイデンディープ・パープルなどをオーセンティックなヘヴィメタルと捉えた時に、よりパワフルにそして、よりアグレッシブな音像を出したバンドの音を分類した時に名付けられた呼称である。

大雑把な言い方をすれば、オーセンティックなヘヴィメタルとスラッシュメタルの中間的な音像(適度にメロディアスでありつつ、ベース、ドラムの音数が多い。)という捉え方もできる。また歌詞の内容やジャケットにおいて、「魔法使い」、「」、「星空」、「ドラゴン」など、ファンタスティックで幻想的な世界が描かれているものが多いことが特徴の1つとして挙げられる。ディオラプソディー・オブ・ファイアなどにおいてもこれは顕著である。

代表的なバンドとしては、アクセプト、メタル・チャーチ、ヴィシャス・ルーモアズ、タンク、初期サヴァタージ、初期ハロウィンなどが挙げられる。国内のバンドでパワーメタル志向を示すものには、ANTHEMなどがいる。

パンテラなどは日本においてアルバムの帯にジャンル名として公式にパワー・メタルと表記されているが、これは本項で取り扱うものとは大きく異なる。日本のレコード会社がパンテラの音楽性をそれまでのヘヴィメタルと区別して新しい名前を付加した結果、本項で取り扱うスタイルと同じ名称になってしまったというだけで、広い意味で共にヘヴィメタルのサブジャンルであるという以外の直接の関係はない。

関連項目[編集]