カオティック・ハードコア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カオティック・ハードコア
Chaotic Hardcore
様式的起源 ハードコア・パンク
ポスト・ハードコア
メタルコア
グラインドコア
マスロック
文化的起源 1990年代初期、北アメリカ
使用楽器 ボーカルギター
ベースドラム
流行時期 1990年代はアンダーグラウンド
2000年代以降に広く認知される
サブジャンル
マスコア
関連項目
アバンギャルドメタル
プログレッシブ・メタル
テクニカル・デスメタル
ポストメタル
テンプレートを表示

カオティック・ハードコア (Chaotic Hardcore)メタル/ハードコアのジャンルのひとつ。メタリックなパワーバイオレンスグラインドコアデスメタルドゥーム/スラッジなどの影響のもと誕生した。「chaotic」は本来、英語で「大混乱の、無秩序の」といった意味の形容詞である。

カオティック・ハードコアは定義の曖昧なジャンルで、境界をどこに置くかが人によって変わることもあるが、大体2つの区分に分けることが出来る。一つは、デスメタルやグラインドコアを基本とするもので、速くて手数の多いドラム、複雑なギターリフ変拍子や曲調の急激な変化に加えて、ジャズプログレッシブ・ロックニュー・ウェイヴポストロックなどの影響をつぎ足したもので、コンヴァージ(CONVERGE)デリンジャー・エスケイプ・プラン(THE DILLINGER ESCAPE PLAN)がその代表格になる。特に、デリンジャー・エスケイプ・プランのフォロワーにあたる、テクニカルな演奏を得意とするバンドが多いが、一般の人からすればどのバンドも同じように聞こえるので、オリジナリティの高いバンドが生まれにくいジャンルだとの批判を受ける場合もある。

もう一つのスタイルは、ドゥーム/スラッジより発展した、重く厚いギターと、スローからミドルのテンポを特徴とするもので、ニューロシス(NEUROSIS)アイシス(ISIS)が代表格にあたる。この場合もやはり、プログレやポストロックからの影響がみられる。2000年代半ばよりはこのスタイルの発展型として、Kayo Dotのようなより雑多な音楽を取り入れたものも出て来ている。

主なバンド[編集]

関連項目[編集]