プログレッシブ・ハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Progressive house
様式的起源 ハウストランスバレアレス・ビート英語版
文化的起源 1990年代前半のヨーロッパ
使用楽器 シンセサイザードラムマシンシーケンサーサンプラーキーボードパソコン鍵盤楽器
関連項目
エレクトロ・ハウス - ハード・ハウス - アップリフティング・トランス英語版 - リキッド・ファンク英語版
テンプレートを表示

プログレッシブ・ハウス(Progressive house)はハウス音楽の一様式(サブジャンル)である。ハウス音楽はエレクトロニック・ダンス・ミュージック(EDM)の一種である[1]。プログレッシブ・ハウスという様式は1990年代前半に台頭し、当初は1980年代のアメリカやヨーロッパのハウス音楽の自然な発達としてイギリスで発展して行った。

語源[編集]

ポピュラー音楽の文脈に於いて「プログレッシブ」という単語は、エクスペリメンタル・ロックを主流のロック音楽と区別する為に最初に1970年代に広く使われた。そういった音楽は既存のロック音楽に対する別のアプローチを開拓しようと試みた[2]。一部の演奏はクラシックのインストゥルメンタルの音楽と共演する事でロック音楽の美的な要素を際立たせようという試みも行った。これは「最も自意識過剰で芸術的な一分野」と記述される、プログレッシブ・ロックと呼ばれる音楽スタイルへと導いた[3]

ディスコ音楽や後のハウス音楽に於いて、標準的なアプローチから更に探検的なスタイルを分けようとする同様の願望が区別を付ける為に「プログレッシブ」という単語を採用する事でDJプロデューサーの間で見られた。DJでプロデューサーのカール・クレイグによると、「プログレッシブ」という言い方はイタロ・ディスコ英語版に言及する際に1980年代前半にデトロイトで使われたという[4]。この音楽はフィラデルフィア・ソウルのシンフォニックなサウンドからではなくジョルジオ・モロダーユーロディスコ英語版からの影響を受けたので、「プログレッシブ」と呼ばれた[4]。デトロイトでは、テクノの台頭に先立ち、アレクサンダー・ロボトニック英語版Klein + M.B.O.英語版やカプリコーンといったアーティストがアメリカでディスコの終焉で出来た空白を埋めた[4][5]。1980年代後半には、イギリスの音楽ジャーナリストサイモン・レイノルズ英語版808ステイトジ・オーブボム・ザ・ベース英語版、そしてシェイメンといったアーティストのアルバムを記述する為に「プログレッシブ・ダンス」という言い方を使い始めた。1990年から1992年まで、「プログレッシブ」という言い方はハウスのサブジャンルである「プログレッシブ・ハウス」を指し示す短い形式の専門用語として使われていた[6]

様式を構成する要素[編集]

このジャンルは拡張されたシンセサイザーの流れの様に調和が取れていてトランス風なサウンドにおいて明確にイングランド的だった。それはダブディープ・ハウス、大きなリフや拡張された楽曲の長さを特徴としている[7]。この様式はそれ自体を聖歌の様なコーラスクレッシェンドドラム・ロール英語版を省略する事でユーロトランス英語版ヴォーカル・トランス英語版と区別した[7]。強さは音の層の規則的な加算と減算によって加えられる[8]フレーズは典型的には二つの小節の力による、しばしば新しい、若しくは異なったメロディやリズムで始まる[9]

プログレッシブ・ハウスのメロディは、四分継続する事が出来る作り込んだ部分をしばしば特徴とする。これはブレイクダウンやその後のクライマックスの後にそれが続く[9]プログレッシブ・ロックというジャンルから引き出される要素は延長された、或いは結ばれた楽章の楽曲の使用や更に複雑で反復されるが常に4つ打ちリズムを含む[10]。ハウス音楽の更に実験的な部分はプログレッシブであると記述される[11]。このジャンルを非難する人々は、プログレッシブ・ハウスはエリート主義的で過剰生産されていると指摘している[12]

歴史[編集]

プログレッシブ・ハウスはハウス音楽が登場する当初から台頭していた[13]。プログレッシブ・ハウスのルーツはイギリス、ヨーロッパ、オーストラリア、そして北アメリカでの1990年代前半のレイブやクラブ・シーンに辿る事が出来る。アメリカのハウス、イギリスのハウス、イタリアのハウス、ドイツのハウス、そしてテクノの連携がこの時代に広く行われた[6]。プログレッシブ・ハウスという呼び方は主に伝統的なアメリカのハウスと新しいレイブのハウスとを区別する為に使われた[6]。プログレッシブ・ハウスはシカゴのアシッド・ハウスのサウンドからの離脱だった[13]。この専門用語はそのアメリカのルーツから分離して行ったハウスの新しいサウンドを記述して、1990年から1992年頃にレイブのシーンから現れた[6]。プログレッシブ・ハウスというラベルは初期の数年間はしばしばトランスと相互に入れ替えられて使用された[6]。よりハードコアで、ダンスに集中するスタイルがレイヴで全盛となり、その支持率がイングランドのクラブに於いて上がったので、プログレッシブ・ハウスは反レイブ[要曖昧さ回避]として記述された[12]。1990年代半ばまでには、プログレッシブ・ハウスはハウス音楽の主流派になっていた[13]

著名な初期の作品[編集]

1992年6月に、雑誌『ミクシマグ英語版』が当時一位を獲得していたプログレッシブ・ハウスの曲目リストを掲載した[6]

  1. Leftfield - "Not Forgotten" (Outer Rhythm)
  2. Slam/Rejuvination - "IBO/Eterna" (Soma Quality Recordings)
  3. React 2 Rhythm - "Whatever You Dream" (Guerilla)
  4. Soundclash Republic - Cool Lemon EP (Junk Rock Records)
  5. DOP - Musicians of the Mind EP (Guerilla)
  6. Gat Decor - "Passion" (Effective Records)
  1. The Sandals - "A Profound Gas" (Acid Jazz)
  2. Herbal Infusion - "The Hunter" (Zoom Records)
  3. Smells Like Heaven - "Londres Strut" (Deconstruction)
  4. Spooky - "Don't Panic" (Guerilla)
  5. Andronicus - "Make You Whole" (Hooj Choons)

著名なアーティスト、レーベル、DJ[編集]

プログレッシブ・ハウスを作り商業的な成功と賞賛が与えられたアーティストにはレフトフィールド英語版ドラム・クラブ英語版, スプーキー英語版、そしてフェイスレスがいる[13]。より多くのプログレッシブ・ハウスのサウンドをリリースしている初期のレーベルは、ハード・ハンド、カウボーイ、オム・レコード英語版ゲリラ・レコード英語版がある[7]。人気があって、初期のプログレッシブ・ハウスのDJにはガット・デコール英語版Sash!英語版サッシャ (DJ)英語版, ジョン・ディグウィード英語版、そしてポール・オーケンフォールド英語版がいる。

このジャンルに関連しているその他のアーティストにはエルナン・カッタネオ英語版デイヴ・シーマン英語版ニック・ウォーレン英語版ジェイソン・ジョリンズ英語版ダニー・ハウエルズ英語版アンソニー・パッパ英語版やディンカがいる[9]。2006年に達成されたチャートでの成功はデッドマウスFaxing Berlin英語版という楽曲だったKaskade英語版ジョン・ダールベック英語版アヴィーチーモグアイ英語版スウェディッシュハウスマフィアは同様にダンス・チャートでプログレッシブ・ハウスの楽曲を発売した。これらのアーティスト達は2000年代後半にアメリカのプロデューサーによるプログレッシブ・ハウスの復活と書かれた事と関係している。ビッグ・ルーム・ハウスはプログレッシブ・ハウスのメロディックな性質を持っており、それがエレクトロ・ハウスから湧き出る力と結び付いて、大規模な音楽祭で人気がある。

Djtunes英語版は、2013年中頃にトム・ノーヴィ英語版、ダニエル・ポートマン、デヴィッド・ゲッタ、クンGroeneveldやR.I.O.英語版を最も売れているプログレッシブ・ハウスのアーティストであると書いている[14]

関連項目[編集]


脚注[編集]

  1. ^ According to Butler (2006:33) use of the term EDM "has become increasingly common among fans in recent years. During the 1980s, the most common catchall term for EDM was house music, while techno became more prevalent during the first half of the 1990s. As EDM has become more diverse, however, these terms have come to refer to specific genres. Another word, electronica, has been widely used in mainstream journalism since 1997, but most fans view this term with suspicion as a marketing label devised by the music industry".
  2. ^ Kevin Holm-Hudson (2008).Genesis and the Lamb Lies Down on Broadway,Ashgate, p.75, (ISBN 0754661474).
  3. ^ Michael Campbell (2008).Popular Music in America, Schirmer, p.251, (ISBN 0495505307).
  4. ^ a b c Reynolds, S., Generation Ecstasy: Into the World of Techno and Rave Culture (New York: Routledge, 1999), p. 16.
  5. ^ Reynolds, S., Generation Ecstasy: Into the World of Techno and Rave Culture (New York: Routledge, 1999), p. 22.
  6. ^ a b c d e f Phillips, Dom, Trance-Mission, Mixmag, June 1992.
  7. ^ a b c Reynolds, Simon (2012). Energy Flash: A Journey Through Rave Music and Dance Culture. Soft Skull Press. ISBN 1593764774. http://books.google.com.au/books?id=o5wGKnxoTAwC 2013年4月21日閲覧。. 
  8. ^ Price, Emmett George (2010). “House music”. Encyclopedia of African American Music. 3. ABC-CLIO. p. 406. ISBN 0313341990. http://books.google.com.au/books?id=nVxgs_E57_EC 2013年4月20日閲覧。. 
  9. ^ a b c Electronica Genre Guide: Progressive”. Music Faze. 2013年7月18日閲覧。
  10. ^ Borthwick, Stuart; Ron Moy (2004). Popular Music Genres: An Introduction. Edinburgh University Press. p. 75. ISBN 0748617450. http://books.google.com.au/books?id=r4bmVbNSnk4C 2013年4月20日閲覧。. 
  11. ^ Mattingly, Rick (2002). The Techno Primer: The Essential Reference for Loop-based Music Styles. Hal Leonard Corporation. p. 36. ISBN 0634017888. http://books.google.com.au/books?id=VT7_x7m-RWcC 2013年4月21日閲覧。. 
  12. ^ a b Scott, Mireille (1999). Rave America: New School Dancesscapes. ECW Press. p. 134. ISBN 1550223836. http://books.google.com.au/books?id=iPLsz1RC1MYC 2013年4月21日閲覧。. 
  13. ^ a b c d Bogdanov, Vladimir (2001). All music guide to electronica: the definitive guide to electronic music. Backbeat Books. p. xiii. ISBN 0879306289. http://books.google.com.au/books?id=GJNXLSBlL7IC 2013年4月20日閲覧。. 
  14. ^ Top 100 progressive house artists”. Djtunes. 2013年7月18日閲覧。

外部リンク[編集]