アークチュラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アークチュラス
Arcturus
2005年にポーランドで行なわれたメタルマニアでのArcturus}
2005年にポーランドで行なわれたメタルマニアでのArcturus
基本情報
出身地 ノルウェーの旗 ノルウェー オスロ
ジャンル シンフォニックブラックメタル
プログレッシヴブラックメタル
活動期間 1990年 - 2007年
2011年 -
レーベル Ancient Lore Creations
ミュージック・フォー・ネイションズ
Ad Astra
シーズン・オブ・ミスト
メンバー
Steinar Sverd Johnsen (キーボード, ギター)
Jan Axel Blomberg (ドラム)
Knut Magne Valle (ギター)
Hugh Mingay (ベース)
Simen Hestnæs (ヴォーカル)
旧メンバー
Kristoffer Rygg (ヴォーカル)
Carl August Tidemann (ギター)
Thomas Thormodsæter Haugen (ギター)
Marius Vold (ベース, ヴォーカル)
Dag F. Gravem (ベース)
Øyvind Hægeland (ヴォーカル)
Tore Moren (ギター)

アークチュラス (Arcturus) は、ノルウェーで結成されたシンフォニックブラックメタルプログレッシヴブラックメタルバンド。

EmperorやDodheimsgard、Ulverと言った著名なバンドからメンバーが数多く参加し、アルバムごとに作風を大きく変えている。

1stアルバム「Aspera hiems symfonia」は寒々しい空気感や妖艶なキーボードなどシンフォニック・ブラックメタルの基本盤と言われるアルバムとなっているが、2ndアルバム「La masquerade infernale」からは最早ブラック・メタルと定義するのが困難な程、大胆に作風が変貌している。Garmのオペラ調ボーカルや展開の全く読めない奇怪なメロディは、一部で「前衛オペラ」と呼ばれ、純粋なブラックメタル・ファンよりも実験的な音楽を好むマニアックなファンに評価される傾向がある。しかし3rdアルバム「The Sham Mirrors」では再度一転しインダストリアル色を含んだキャッチーなシンフォニック・プログレッシヴ・メタルとなり、様々な層から評価を得た。4thアルバム「Sideshow Symphonies」からは主要メンバーであったGarmが脱退、ボーカルには新たにSimen(Dimm borgir、etc)を迎え、前作よりさらに邪悪な要素を取り除き独特の浮遊感が漂う「宇宙的」なプログレッシブメタルとなった。3rdアルバム発表の時点で解散する予定であったが、紆余曲折を経て4thを発表、しかし、2007年に解散を発表する。理由はメンバーが各々のバンド活動に集中する為。

その後、2011年、再結成を発表した[1]

メンバー[編集]

現在のメンバー[編集]

旧メンバー[編集]

  • Kristoffer Rygg (Garm, G. Wolf, G. Rex) - ヴォーカル
  • Carl August Tidemann - ギター
  • Thomas Thormodsæter Haugen - ギター
    Samothの名で活動している。
  • Marius Vold - ベース, ヴォーカル
  • Dag F. Gravem - ベース
  • Øyvind Hægeland - ヴォーカル
  • Tore Moren - ギター

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

EP[編集]

映像作品[編集]

  • Shipwrecked In Oslo(2006)

脚注[編集]

  1. ^ http://www.artisannorway.com/3116/artisan-welcomes-arcturus/