フェイツ・ウォーニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェイツ・ウォーニング
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ハートフォード
ジャンル プログレッシブ・メタル
プログレッシブ・ロック
活動期間 1983年 -
公式サイト www.fateswarning.com
メンバー
ジム・マテオス(Jim Matheos)ギター
レイ・アルダー(Ray Alder)ヴォーカル
ジョーイ・ヴェラ(Joey Vera)ベース
フランク・アレスティ(Frank Aresti)ギター
ボビー・ジャーゾンベク(Bobby Jarzombek)ドラマー
旧メンバー
ジョン・アーチ (John Arch)ヴォーカル
クリス・クロンク(Chris Cronk)ヴォーカル
ヴィクター・アデュイーニ (Victor Arduini)ギター
ジョー・ディバイアス(Joe DiBiase)ベース
スティーヴ・ズィマーマン(Steve Zimmermann)ドラム
マーク・ゾンダー(Mark Zonder)ドラム

フェイツ・ウォーニング(Fates Warning)は、アメリカ合衆国コネティカット州出身のヘヴィメタルバンド

初期の彼らの音楽性は1985年リリースのアルバ厶The Spector Withinまではアイアン・メイデン風の伝統的なヘヴィメタルの流れにあったが、1986年のAwaken the Guardian以降、後にプログレッシブ・メタルと呼ばれるようになる音楽性へと方向転換していく。実際、マイク・ポートノイは、プログレッシブ・メタルを作り出したのはフェイツ・ウォーニングであったとも書いている[1]。その後、込み入ったリズムを含む楽曲プログレッシブロックの精神性、ヘヴィメタルの音像の組合せはドリームシアタークイーンズライクらにも多大な影響を与え、また共にプログレッシブ・メタルというジャンルを発展させていくこととなった。

彼らのファーストアルバムからサードアルバムまではヴォーカリストのジョン・アーチの並ならぬ歌い方が特徴となっている。また、ジョン・アーチ時代は歌詞の題材として幻想的な題材を主に扱っていた。しかし、ジョン・アーチが脱退し、新しいヴォーカリストのレイ・アルダーが加入してからは内省的な内容の歌詞が多くなった。また、マーク・ゾンダーが加入したPerfect Symmetry (1989)以降は、プログレッシブロックの要素がさらに強まって、実験的で技巧を凝らした音楽となり、眼前に迫り力で圧倒するようなヘヴィメタルの要素はやや後退した。

ディスコグラフィ[編集]

  • Night on Bröcken (1984)
  • The Spectre Within (1985)
  • Awaken the Guardian (1986)
  • No Exit (1988)
  • Perfect Symmetry (1989)
  • Parallels (1991)
楽曲Life in Still Waterでは、ジェイムズ・ラブリエがバッキングヴォーカルとしてゲスト参加している[2]
  • Inside Out (1994)
  • Chasing Time (compilation) (1995)
  • A Pleasant Shade of Gray (1997)
  • Still Life (live) (1998)
  • Disconnected (2000)
  • FWX (2004)
  • Darkness in a Different Light (2013)

ビデオグラフィ[編集]

  • Live In Athens (2005- DVD)
マイク・ポートノイが参加している[3]

現在のメンバー[編集]

  • ジム・マテオス(Jim Matheos) - ギター
  • レイ・アルダー(Ray Alder) - ヴォーカル
  • ジョーイ・ヴェラ(Joey Vera) - ベース
  • フランク・アレスティ(Frank Aresti) - ギター
  • ボビー・ジャーゾンベク(Bobby Jarzombek) - ドラマー

元メンバー[編集]

  • ジョン・アーチ (John Arch) - ヴォーカル (1982-87)
  • クリス・クロンク(Chris Cronk) - ヴォーカル (1987)
  • ヴィクター・アデュイーニ (Victor Arduini) - ギター (1982-86)
  • ジョー・ディバイアス(Joe DiBiase) - ベース (1982-96)
  • スティーヴ・ズィマーマン(Steve Zimmermann) - ドラム (1982-88)
  • マーク・ゾンダー(Mark Zonder) - ドラム(1988-2004)
  • ケヴィン・ムーア(Kevin Moore) - キーボード(1997-2000)

脚注[編集]

  1. ^ FATES WARNING Awaken the Guardian (Expanded Edition)” (2005年6月13日). 2014年8月28日閲覧。
  2. ^ Parallels Fates Warning”. 2014年8月29日閲覧。
  3. ^ Live in Athens Fates Warning”. 2014年8月29日閲覧。

外部リンク[編集]