ジェイムズ・ラブリエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェイムズ・ラブリエ
James LaBrie
ジェイムズ・ラブリエ(2012年)}
ジェイムズ・ラブリエ(2012年)
基本情報
出生名 Kevin James LaBrie
出生 1963年5月5日(51歳)
出身地 カナダの旗 カナダ オンタリオ州
ペネタングイシーン
ジャンル ヘヴィメタル
プログレッシヴメタル
担当楽器 ボーカル
キーボード
ドラムス
パーカッション
共同作業者 ウィンター・ローズ
ドリーム・シアター
ジェイムズ・ラブリエズ・マルマズラー
エクスプローラーズ・クラブ
公式サイト www.jameslabrie.com

ジェイムズ・ラブリエJames LaBrie、本名Kevin James LaBrie1963年5月5日)は、アメリカプログレッシブ・メタルバンドドリーム・シアターのリードシンガーである。

略歴[編集]

カナダオンタリオ州ペネタングイシーンで生まれる。

シンガーであった父親の影響で、5歳から歌ったりドラムを叩き始める。

10代半ばまでには、歌手またはドラマーとしていくつかのバンドのメンバーとなっていたが、18歳になった1981年には、もっと精力的な音楽活動を追求すべくトロントへと移住。現在もトロントで、妻Karen、娘Chloe、息子Chanceと共に住んでいる。

1984年から、ボイストレーナーとして有名であったローズマリー・パトリシア・バーンズに師事。様々なバンドでの活動を経た後、カナダのロック・バンド、ウィンター・ローズのヴォーカルとなり、1989年に同タイトルのアルバムを発売する。

1991年、当時は比較的無名であったアメリカのプログレッシブ・メタル・バンドのドリーム・シアターがヴォーカルを探している事を知り、互いにテープを送り合って、オーディションを受けるためにニューヨークへと向かった。 ラブリエはジャーニーの「Lovin', Touchin', Squeezin'」を歌い[1]、その結果、彼は他の有望な200人を押しのけて、バンドの正式なヴォーカルとして選ばれた。

バンドにはすでに同名のケヴィン(ケヴィン・ムーア)がいたため、それ以降、彼はミドル・ネームのジェイムズを名乗ることとなる。

1994年12月、キューバでの休暇中、彼は重症の食中毒に苦しみ、嘔吐をするうちに声帯を痛めてしまった。3人の喉の専門医に診てもらったが、全員が手の施しようがないと言い、唯一出来ることは、できるだけ喉を休める事だと言われた。

しかし、1995年1月12日、彼は医者の忠告に反して、到底普通の喉の状態では無いにも拘らず日本でアウェイクツアーに出た。 少なくとも1997年まで喉が普通では無い感じだったと彼は述べている。

1998年、自身のプロジェクトであるマルマズラーを立ち上げ[2]、翌1999年にアルバム『キープ・イット・トゥ・ユアセルフ』を発表。

ディスコグラフィー[編集]

Dream Theater名義のアルバムについてはドリーム・シアターの項目を参照のこと。

Winter Rose[編集]

  • Winter Rose(1989)※1997年再発売

Mullmuzzler[編集]

  • Keep It To Yourself(1999)
  • MullMuzzler 2(2001)

ソロ名義[編集]

  • Elements of Persuasion (2005)
  • Static Impulse (2010)
  • Impermanent Resonance (2013)

参加作品[編集]

  • Parallels Fates Warning (1991)
  • Working Man - Rush Tribute Various Artists (1996)
  • Dragon Attack - Tribute To Queen Various Artists (1997)
  • Age Of Impact Explorers Club (1998)
  • Tyranny Shadow Gallery (1998)
  • Encores, Legends and Paradox (ELP Tribute) Various Artists (1999)
  • Tie Your Mix Down - Tribute to Queen  Various Artists (2000)
  • Leonardo - The Absolute Man Original Cast Recording (2001)
  • Raising the Mammoth Explorers Club (2002)
  • Unweaving the Rainbow Frameshift (2003)
  • Madmen and Sinners Tim Donahue (2004)
  • The Human Equation Ayreon (2004)
  • Babysteps Henning Pauly (2006)
  • True Symphonic Rockestra(TSR)(2008)

脚注[編集]

  1. ^ 『ア・チェンジ・オブ・シーズンズ』日本盤CD(AMCY-885)ライナーノーツ(マイク・ポートノイ、訳:中村美夏)
  2. ^ allmusic (((MullMuzzler > Biography)))

外部リンク[編集]