井上堅二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
井上 堅二
ペンネーム 井上 堅二
(いのうえ けんじ)
誕生 日本の旗 日本東京都
職業 ライトノベル小説家
設計士
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2007年 -
代表作 バカとテストと召喚獣
主な受賞歴 2007年:第8回えんため大賞編集部特別賞(『バカとテストと召喚獣』)
処女作 『バカとテストと召喚獣』
公式サイト 始まりは謝罪から
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

井上 堅二(いのうえ けんじ、1980年男性)は日本ライトノベル作家漫画原作者設計士である。東京都出身、北海道札幌市育ち。第8回えんため大賞編集部特別賞を『バカとテストと召喚獣』で受賞してデビュー。同作品第5巻のあとがきで、小説を書く傍ら設計士をしていることを明らかにした。

人物[編集]

設計士として仕事をする際に高校で習う数学を覚えていなかったことが仕事の妨げとなった場面に遭遇し、「友達とテストの点数を競うゲームでもしていれば、もう少し真面目に勉強をしたかもしれない」と思ったことが『バカとテストと召喚獣』のプロットを編み出した。なお同作品に登場する試験召喚システムに関しては、「ただテストの点数を比べるだけでは絵面が地味」なことから無理矢理付け足したものであると発言しており、作者本人も「正直無理があるかもしれない」ことを認めている[1]

『バカとテストと召喚獣4』のあとがきで、自ら電車内において男性から痴漢に遭ったことを公表した。

『始まりは謝罪から』と銘打った自身のブログを開設した理由は、その名の通り著作『バカとテストと召喚獣5』でのバカテストコーナーの間違いに対する謝罪である。そしてそのブログ開設時の紹介で知人作家のブログにてネタとして美少女扱いを受けている。この事もあり当該のブログ内に設置されているweb拍手には主に男性からの求婚メッセージが多く寄せられているという。

『バカとテストと召喚獣』は『このライトノベルがすごい!』に2008年度は作品部門で第8位、男性キャラクター部門で木下秀吉が第4位、2009年度は作品部門で第3位、男性キャラクター部門で木下秀吉が第1位、吉井明久が第8位、女性キャラクター部門で木下秀吉が第10位、島田美波が第26位、2010年度は作品部門1位、男性キャラクター部門で木下秀吉が1位、女性キャラクター部門で木下秀吉が8位となった。さらに、2010年1月から同年4月にかけテレビアニメ化された。

作品リスト[編集]

単行本[編集]

ファミ通文庫

TVアニメ[編集]

コミック原作[編集]

講談社
good!アフタヌーン #43より連載中

脚注[編集]

  1. ^ このライトノベルがすごい!2010年度版インタビューより。

外部リンク[編集]