福島鉄平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

福島 鉄平(ふくしま てっぺい、1979年4月23日[要出典] - )は長野県千曲市生まれ[要出典]の、日本漫画家多摩美術大学卒業[要出典]

来歴[編集]

2000年に『コミックフラッパー』でデビュー。のちに『週刊少年ジャンプ』月例賞への投稿を開始し、2003年に『赤マルジャンプ』掲載の『red』にて再デビューを果たす。その後『切法師』(中島諭宇樹[1]、『闇神コウ〜暗闇にドッキリ!〜』(加地君也)のアシスタントを務めていた[要出典]

『週刊少年ジャンプ』2007年14号より開始した『サムライうさぎ』が連載デビュー作となる。

作品[編集]

  • 牛乳時代(『コミックフラッパー2000年9月号)
  • ブルースをけとばせ(『コミックフラッパー』2000年10月号)
  • オカシラサマ(『コミックフラッパー』2001年4月号)
  • ゲット・ツー(『コミックフラッパー』2001年12月号)
  • ネジ、抜けてます(『コミックフラッパー』2002年6月号)
  • 牛乳時代『がんばれチョーさん』(『コミックフラッパー』2002年7月号)
  • デザート(『コミックフラッパー』2002年8月号)
  • red(『赤マルジャンプ』2003SUMMER掲載) - 「人の御霊(能力)を他人に移す刀」である「抜魂刀(ばっこんとう)」の存在を知った肌の赤い少年・赤丸が、目・耳・口の不自由な妹・サトに自身の御霊を移して治すためにとその謎に迫る様子を描く。
  • ナイン(『赤マルジャンプ』2004WINTER掲載) - 立派な侍になる事を夢見ながらもトラウマから剣術の稽古もままならない少年・太刀助に、「他の動物に寄生して命を共有する、九つの命を持った生物」である九生獣が寄生し、トラウマを克服する様を描く。
  • プルソウル(『週刊少年ジャンプ2004年34号) - 第1回ジャンプ金未来杯エントリー作品。
  • よしっ!!(『週刊少年ジャンプ』2004年52号、『サムライうさぎ』第8巻掲載)
  • サムライうさぎ(『週刊少年ジャンプ』2007年14号 - 2008年33号、全8巻)
    • サムライうさぎ特別編(『赤マルジャンプ』2008SUMMER掲載、『サムライうさぎ』8巻掲載)
  • あんねちゃんたろう(『赤マルジャンプ』2010WINTER掲載)
  • 月・水・金はスイミング(『週刊少年ジャンプ2011年10号掲載)
  • 反省してカメダくん(『ジャンプスクエア2012年9月号掲載)
  • きらわれもののマギル(『ジャンプLIVE』掲載)
  • 福島鉄平読切連載(『ミラクルジャンプ2014年6月号 - )

師匠[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「スタッフ紹介」『切法師』2巻