ハロルド作石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハロルド作石
本名 作石貴浩
生誕 1969年3月16日(45歳)
日本の旗 愛知県
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
ジャンル 少年漫画
代表作 ゴリラーマン
BECK
受賞 第17回ちばてつや賞優秀新人賞を受賞。(『そうはいかん』作石智祥名義)
第14回(平成2年度)講談社漫画賞一般部門受賞。(『ゴリラーマン』)
第26回(平成14年度)講談社漫画賞少年部門受賞。(『BECK』)
テンプレートを表示

ハロルド作石(ハロルド さくいし、1969年3月16日 - )は、日本漫画家愛知県春日井市出身。血液型AB型。

本名は作石貴浩(さくいし たかひろ)。愛知県立守山高等学校出身。『ゴリラーマン』の舞台となる白武高校は、この守山高校がモデルである。

人物[編集]

作品の随所にプロ野球プロレス三国志、また『BECK』中期からは欧州サッカーに関する小ネタが用意されている。群衆シーンに他の漫画のキャラやプロレスラーを登場させていることも多い。

ペンネームの由来は、力道山をスカウトしたレスラー「ハロルド坂田」からきている。ゴリラーマン連載時に、このペンネームを使用したところ、当時編集長から「ハロルドは言いにくい、作石も言いにくい。」と言われる。またケンドーコバヤシとの対談では、芸名の由来が同じくレスラーであることから感銘を受けている。

初長編『ゴリラーマン』はオフ・ビートなユーモアと、シリアスな展開の混在を特徴とした作品であったが、第2作『サバンナのハイエナ』でアメリカン・カートゥーン系の絵柄に変えて、作風を大幅に変更した。その実験精神はいしかわじゅんにも高評価されたが、『サバンナのハイエナ』は連載途中で中断した[1]

続く『バカイチ』『ストッパー毒島』では、元の作風に戻る。『BECK』は少年誌連載ということもあり、ユーモアは抑えられてストレートな青春ドラマになっている。

ビッグコミックスピリッツ』(小学館)2010年3・4合併号より『7人のシェイクスピア』を連載開始したが、2012年10月現在長期休載中。

影響を受けた漫画は藤子不二雄Aの自伝的漫画『まんが道[2]

作品リスト[編集]

受賞歴[編集]

アシスタント[編集]

著名ファン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 連載終了時の作者の巻末コメントに「勉強不足ですいませんでした」と書かれており、主人公キャラクターの風貌に問題があったと推測されている。
  2. ^ 2011年1月28日放送のNHK(東海北陸ローカル)『金とく』「まんが道をゆけ!」でその影響を語っている。
  3. ^ 『ジョン・K・ペー太の世界』(2005年 桃園書房刊)の「疑問・質問に答えるコーナー」にて明かしている。ハロルド作石自身も同本へメッセージイラストを寄稿している。