川原正敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

川原 正敏(かわはら まさとし、1960年8月17日[1] - )は、日本漫画家広島県三原市出身[1]国立広島商船高等専門学校航海科出身[1]。血液型はA型[1]

代表作は『修羅の門』、テレビアニメにもなった『陸奥圓明流外伝 修羅の刻』、『海皇紀』。

主に『月刊少年マガジン』にて執筆している。コマ割のほとんどが横マスであり、独特の台詞回し、作り込まれたストーリーと格闘シーン、動きのある絵を得意とする。また『海皇紀』では、その世界観もさることながら、帆船の操船の描写のある珍しい漫画になっている。

また、『陸奥圓明流外伝 修羅の刻』においては自身の筆と挿絵による小説も手がけており、全1巻が刊行されている。

作品リスト[編集]

漫画[編集]

小説[編集]

  • 陸奥圓明流外伝 修羅の刻(全1巻)

漫画原作[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d まんがseek・日外アソシエーツ共著『漫画家人名事典』日外アソシエーツ、2003年2月25日初版発行、ISBN 4-8169-1760-8、115頁