ULTIMATE DIAMOND

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ULTIMATE DIAMOND
水樹奈々スタジオ・アルバム
リリース 2009年6月3日
録音 2008年 - 2009年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
時間 65分19秒
レーベル キングレコード
KICS-91470(初回限定盤)
KICS-1470(通常盤)
プロデュース 三嶋章夫
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 週間1位[1][2]オリコン
  • 2009年6月度月間8位(オリコン)
  • 2009年度年間85位(オリコン)
  • 登場回数16回(オリコン)
ゴールド等認定
水樹奈々 年表
GREAT ACTIVITY
2007年
ULTIMATE DIAMOND
(2009年)
IMPACT EXCITER
2010年
ULTIMATE DIAMOND 収録の シングル
  1. STARCAMP EP
    リリース:2008年2月6日
  2. Trickster
    リリース:2008年10月1日
  3. 深愛
    リリース:2009年1月21日
テンプレートを表示

ULTIMATE DIAMOND』(アルティメット・ダイアモンド)は、水樹奈々の7枚目のオリジナルアルバム2009年6月3日キングレコードから発売された。

概要[編集]

前作『GREAT ACTIVITY』より約1年半ぶりとなるオリジナルアルバムで、作家陣にElements Gardenのメンバーを中心に、矢吹俊郎齋藤真也なども参加しているが、今作から初登場となるSPORTS伊藤寛之などといった水樹奈々の楽曲では初提供となる作家陣もいる。Elements Gardenの中山真斗が編曲に参加したことで、Elements Gardenのメンバー全員が水樹の楽曲に参加した形となった。

当初の発売日は2009年5月20日の予定だったが、本アルバムへの収録予定曲「COSMIC LOVE」の作詞者・園田凌士覚せい剤取締法違反で逮捕されたことを受け、「COSMIC LOVE」を削除する[3]ために発売日は2009年6月3日に延期された[4]。なお、2009年1月25日日本武道館にて本アルバムの発売が発表されている。

収録4曲全てがAサイド扱いのシングル『STARCAMP EP』から2曲、自己最高セールスを記録した『Trickster』、自身の誕生日に発売された『深愛』からそれぞれの表題曲を収録。なお、先述したとおり収録曲の修正が行われた際、「夜明エイム(水樹奈々)」名義で発売された『TVアニメ「AYAKASHI」Characters Vol.1 蒼き光の果て』の表題曲のアルバムバージョン「蒼き光の果て-ULTIMATE MODE-」が追加収録されることが発表された[5]。前作に引き続き通常盤とDVD付の限定盤があり、DVDは2008年閉鎖された新宿コマ劇場にて行われた、18thシングル『Trickster』発売記念イベント『新宿コマ劇場座長公演“水樹奈々大いに唄う”』の模様を収録している。なお、この座長公演では水樹本人の曲も披露されたが、DVDには収録されていない。ただし、劇中に歌われた坂本冬美の『夜桜お七』、中村美律子の『河内おとこ節』のカバーは収録されている。初回限定盤は“グリッターデジパック仕様で、ロンドンで撮影された写真を含む44ページのブックレットが付属されている。また、発売記念キャンペーンとして、付属した応募ハガキにより抽選で7777名に、SPECIAL CD「ULTIMATE DIAMOND INSTRUMENTAL TRACKS」 (SSX-192) がプレゼントされた。

主な記録[編集]

オリコンの2009年6月2日付のアルバム・デイリーチャートで初登場1位を獲得後[6]、2日連続でこの順位を維持し、翌週の2009年6月15日付週間アルバムチャートでも初登場1位を獲得した。声優による首位獲得は、1968年から始まったオリコンチャートではシングルとアルバムを含め、41年の歴史で初めての記録である。また、キングレコードのアルバム作品としては、SNAIL RAMPの『FRESH BRASH OLD MAN』以来、9年5か月ぶりのオリコン週間1位を獲得した[2]。そのため、関係者から祝福された本人もブログで喜びと感謝を述べた[7]

2009年6月3日NHK-BS2最新ヒット ウエンズデーJ-POP』の生放送に出演した際には、「Astrogation」と「MARIA&JOKER」を初披露した。NHK屋上特設ステージからの生中継によるテレビ出演であり、生中継による歌披露はこれが初だった。水樹自身がナレーションを務めているNHK総合MUSIC JAPAN』の2009年6月7日放送分に出演した際には、『悦楽カメリア』をテレビ初披露した。なお、これは同年5月にNHKホールにてライブ収録されたものである。

収録曲[編集]

  1. MARIA & JOKER [4:12]
  2. 悦楽カメリア [3:49]
  3. PERFECT SMILE [3:23]
  4. Trickster [3:47]
  5. Mr.Bunny! [4:33]
  6. 沈黙の果実 [3:52]
    • 作詞・作曲:しほり、編曲:天羽蓮花
  7. Brand New Tops [4:34]
  8. 少年 [4:42]
  9. Gimmick Game [4:22]
  10. Dancing in the velvet moon [4:32]
  11. ray of change [4:22]
    • 作詞・作曲:斉田和典、編曲:高橋浩一郎
  12. 深愛 [4:55]
    • 作詞:水樹奈々、作曲:上松範康(Elements Garden)、編曲:藤間仁(Elements Garden)
    • テレビアニメ『WHITE ALBUM』オープニングテーマ
    • 日本テレビ系列『音楽戦士 MUSIC FIGHTER』2009年1月度POWER PLAY
  13. 蒼き光の果て-ULTIMATE MODE- [4:27]
    • 作詞:辻純更、作曲:松井俊介、編曲:藤間仁(Elements Garden)
  14. Astrogation [4:33]
    • 作詞:Hibiki、作曲・編曲:陶山隼
    • 日本テレビ系列『音楽戦士 MUSIC FIGHTER』2008年2月度オープニングテーマ
  15. 夢の続き [5:16]
    • 作詞・作曲:水樹奈々、編曲:藤田淳平(Elements Garden)
    • 歌詞は昨年に亡くなった水樹自身の父への思いを綴ったものである。

DVD(初回限定盤のみ)[編集]

水樹奈々 2008年10月11日 新宿コマ劇場座長公演“水樹奈々大いに唄う”

  1. 歌姫華仕置 疾風の奈々参上
    1. 三悪人登場
    2. 疾風の奈々登場
    3. 三日後
    4. 夜桜お七
    5. 大立ち回り
    6. 爺登場
    7. 奈々姫登場
    8. 河内おとこ節
    9. カーテンコール〜END
  2. MAKING

出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2009年6月15日付
  2. ^ a b
    水樹奈々のアルバムがオリコン週間1位、史上初の声優作品による1位獲得”. The Natsu Style (2009年6月9日). 2009年9月8日閲覧。デビュー9年目の水樹奈々、声優史上初の首位獲得に「夢のような出来事」”. ORICON STYLE (2009年6月9日). 2009年9月8日閲覧。水樹奈々:声優で史上初の首位 オリコン週間アルバムランキング、毎日新聞、2009年6月9日
  3. ^ KING RECORDS OFFICIAL SITE > 水樹 奈々”. キングレコード (2011年4月23日10:29). 2009年6月6日11:25閲覧。
  4. ^ 日刊スポーツ:作詞家の園田凌士容疑者を覚せい剤で逮捕
  5. ^ 水樹奈々 公式ブログ - 新たに...(更新:2009年5月3日 1:03:38)より
  6. ^ 6月2日付以降、3日、4日付も同じ順位。
    声優・水樹奈々の新アルバムがオリコンデイリー初登場1位発進!”. The Natsu Style (2009年06月04日 00:51). 2009年9月8日閲覧。水樹奈々が2日連続デイリー1位キープ”. The Natsu Style (2009年06月04日 19:13). 2009年9月8日閲覧。水樹奈々、週間1位争いで独走状態に…”. The Natsu Style (2009年06月05日 21:42). 2009年9月8日閲覧。
  7. ^ チーム水樹☆緊急招集”. 水樹奈々公式ブログ (2009年6月9日). 2009年9月8日閲覧。チャレンジはまだまだ続くっ(笑)”. 水樹奈々公式ブログ (2009年6月12日). 2009年9月8日閲覧。首位!”. +Misato・Diary++ (2009年06月13日(土) No.588). 2009年9月8日閲覧。

外部リンク[編集]