ジョーン・ジェット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョーン・ジェット
Joan Jett
2010年3月2日}
2010年3月2日
基本情報
出生名 Joan Marie Larkin
出生 1958年9月22日(56歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ペンシルベニア州ウィンウッド
ジャンル ロックハードロックパンク・ロック
職業 シンガーソングライター音楽家
担当楽器 ボーカルギターベース
活動期間 1975年 -
レーベル Blackheart Records
共同作業者 ザ・ランナウェイズ、ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ、
公式サイト joanjett.com
著名使用楽器
Gibson Melody Maker

ジョーン・ジェットJoan Jett、出生名Joan Marie Larkin1958年[1]9月22日 - )は、アメリカ合衆国シンガーソングライター女優

カバー曲「アイ・ラブ・ロックンロール」(I Love Rock 'n' Roll) が、1982年3月20日から5月1日までビルボードヒットチャートの1位を記録した、ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツとしての活動で最も有名である。

声域はメゾソプラノ。彼女の音楽性は、アメリカン・ロックに共通してみられる、ハードなサウンドに色濃く影響されている。歌詞は多くの場合、男性との間の失われた愛、共和党への批判、同性愛への寛容、アメリカ労働者階級の音楽であるヘヴィ・メタルの探求を描いている[2]

来歴[編集]

生い立ち[編集]

ペンシルベニア州フィラデルフィアの郊外ウィンウッドのランケナウ病院で生まれた。1967年にメリーランド州フィートンに移り、更にカリフォルニア州ロサンゼルスに転居し、ウッドランドヒルズのタフト高校に通った。

ザ・ランナウェイズ[編集]

ジョーン・ジェットはドラマーのサンディ・ウェストと共にザ・ランナウェイズの創立メンバーの1人である。マイケル・スティール(後に脱退)、ジャッキー・フォックスリタ・フォードシェリー・カーリーの加入により全メンバーが揃った。最初はカーリーがバンドの看板ヴォーカリストとなり、ジェットも何曲かリード・ヴォーカルを務めた。リズムギターを担当し、多くの曲を単独で、或いはフォード、ウェスト、カーリーと共作で書いた。彼女たちは5枚のLPをレコーディングした。また日本でのライブ盤は、アメリカとイギリスの音楽史上、最大の輸入盤セールスを記録したレコードの1つになっている。バンドは世界中をツアーした。初期にはチープ・トリックヴァン・ヘイレントム・ペティ&ザ・ハートブレーカーズなどと組むこともあった。特に日本では大きな成功を収めた。

ザ・ランナウェイズは、ヨーロッパ、アジア、オーストラリア、カナダ、南米で人気を博したが、アメリカ本国では同様の成功を得ることはできなかった。カーリーとフォックスが脱退した後も(ベーシストのヴィッキー・ブルーが加入、更にブルーが抜けた後はローリー・マカリスターに替わった)、もう2枚のアルバム、『Waitin' for the Night』と『And Now... The Runaways』を発売したが、バンドは1979年の春に解散[3]

直後にジェットは、ジャームス (Germs) の最初にして唯一のスタジオ・アルバム(GI)』をプロデュースしている。

ソロ活動[編集]

1979年の春、ジェットはイングランドでソロとしての実績を積み重ねていた。この時期、彼女は元セックス・ピストルズポール・クックスティーヴ・ジョーンズと共に3曲レコーディングしている。その内の1曲は元々ジ・アロウズ (The Arrows) の曲であった「アイ・ラブ・ロックンロール (I Love Rock 'n' Roll)」のカバーの初期バージョンだった。

同年の後半、ニューヨークのロングビーチ、更にロサンゼルスに移り、ランナウェイズとしての契約に基づき、バンドの活動を下敷とした映画『We're All Crazee Now!』に、旧メンバーの代わりを演じる3人の女優と共に、気が進まないながらも出演した。この間にジェットは、映画のサウンドトラックを手伝ったソングライターでプロデューサーのケニー・ラグナと友人となり、一緒に仕事をする事になった。撮影は途中で打ち切られたが、ジェットが大スターとなった後の1984年、プロデューサー達は不完全な映画のシーンを活かす方法を模索した。ジェットの僅かな登場シーンが使われた新しい作品、アラン・サックス監督による『ジョーン・ジェットの爆裂ムービー』(Du-beat-e-o) は、通常の商業ベースでは公開されないアングラ映画だった。

ジェットとラグナは、ラグナの提唱によりザ・フーのランポートスタジオに入った。ジェットが自身の名を冠したソロデビュー盤は1980年5月17日、ヨーロッパでリリースされた。アルバムは、アメリカ合衆国では23の主要レーベルから拒絶反応を示されたため[4]、ラグナが娘の大学進学用に貯めていた資金で始めた新しい自主レーベル「ブラックハート・レコーズ」からリリースした。ラグナは「我々は自身でレコードを作る他に何も考えが浮かばなかったので、ブラックハート・レコーズが誕生した。これは概ねジョーンの発案だった」と回想している[5]。ジェットは偶然にも自身のレーベルを始めた初の女性ミュージシャンになった[4]

ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ[編集]

ニューヨーク・ジェッツジョー・ネイマスジャージーを着て演奏するジョーン・ジェット(1980年代・ノルウェー

ジェットはラグナの助けを借りてザ・ブラックハーツを結成した。彼女はLAウィークリーに「3人のイカした男を探している」という広告を出した。Xのジョン・ドゥー (John Doe) が、ロサンゼルスのS.I.R.スタジオで開かれたベースのオーディションに審査員として参加した。彼は(当時の)最近のお気に入りである地元のベーシスト、ゲイリー・ライアンの名を挙げた。ライアンは、ロサンゼルスのパンクシーンにおいて不可欠の存在で、地元のアーティストのトップ・ジミー (Top Jimmy) やリック・L・リックと演奏していた。彼は、ランナウェイズとジェットの長年の大ファンであった。ジェットはオーディションでライアンを評価し、彼の加入が決まった。ゲイリーは、当時リック・L・リックのメンバーだった、ギタリストのエリック・アンベルを推薦した。初代ブラックハーツに最後に加入したのは、悪名高いサンフランシスコのバンド、ジ・アヴェンジャーズ (The Avengers) の元メンバー、ドラマーのダニー・"フューリアス"・オブライエンであった。このメンバーでハリウッドのゴールデンベアとウィスキー・ア・ゴーゴーで何度かギグを行なった後、初のヨーロッパツアーに向った。オランダで広範囲な演奏旅行を繰り広げ、ロンドンのマーキーなどイングランドの要所でショーを行なった。

ジェット、ライアン、アンベルはアメリカに戻ると同時にニューヨークのロングビーチに移ったが、オブライエンは他の事に興味を惹かれイングランドに残った。オーディションにより、ボーイフレンズとシルヴェイン・シルヴェインの元メンバーだったリー・クリスタルが、新しいドラマーとして加わった。ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツはアメリカ全土をツアーし、ニューヨークで多くのファンを獲得した。ジェットとラグナは、すぐに個人の貯蓄をはたいてジョーン・ジェットのアルバムをプレスし、自主配布のシステムを作り上げた。時には、コンサート終了後にラグナのキャデラックのトランクからアルバムを売りさばいた。ラグナは、ジェットのアルバムの需要に着いて行けなくなっていた。最後には、旧友でカサブランカ・レコーズ (Casablanca Records) の創設者であるニール・ボガート (Neil Bogart) の協力を仰ぎ、共同事業を興した。新しいレーベル、ボードウォーク・レコーズ (Boardwalk Records) とジェットは契約を結び、ファーストアルバム『ジョーン・ジェット』(Joan Jett) は『バッド・レピュテーション』(Bad Reputation) として再発売された。その年末にザ・ブラックハーツは、アルバム『アイ・ラヴ・ロックン・ロール』(I Love Rock 'n' Roll) をレコーディングした。レコーディング中に、ギタリストがアンベルから地元のリッキー・バードに替わった。アンベルは、後にデル・ローズの創立メンバーとして成功し、更に多種多様なバンドのプロデューサーとして働いた。彼は、現在自身のバンド、ザ・ヤイフーズでプレーし、2000年から2005年まではスティーヴ・アール (Steve Earle) のバンド、デュークスのメンバーであった。

バードをギターに迎え、ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツのヒット・アルバムは収録された。ニュー・シングルは、タイトル曲「アイ・ラヴ・ロックン・ロール」(I Love Rock N' Roll) の再録だった。この曲は1982年前半に7週間ビルボードヒットチャートのトップを飾った。2008年のビルボード50周年記念に公表されたオールタイム・トップソングでも56位にランクされている[6]

American Top 40もこれに続き、ポリスクイーンエアロスミス達と帯同したツアーは、ソールドアウトとなった。ジェットは1969年、ルーマニアブラッド・スウェット・アンド・ティアーズに続き、あらゆるジャンルを含めて鉄のカーテンを越えて演じた2人目のアメリカ人となった。彼女は、パナマドミニカ共和国でプレイした最初の英語圏ロッカーの1人でもある。

自身のMTV大晦日スペシャルを受けた後、ジェットは多くのライバルを尻目にマイケル・J・フォックスの主演映画『愛と栄光への日々』への出演を勝ち取った。ブルース・スプリングスティーンは、ジェットのために主題歌を書いた。彼女の演技は高く評価された。この頃、ライアンとクリスタルがザ・ブラックハーツを去っている。彼らが抜けた穴は、トミー・プライスとカシム・サルトン (Kasim Sulton) の強力なリズムセクションによりすぐに埋められた。同年の後半、ジェットはビーチ・ボーイズ、シュガーヒル・ギャング (The Sugarhill Gang)、ダーレン・ラヴ (Darlene Love) が参加したアルバム 『グッド・ミュージック』(Good Music) をリリースした。

ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツは、ブロードウェイのラント・フォンタン劇場 (Lunt-Fontanne Theatre) でコンサートを開いた最初のロックバンドとなり、当時のチケット完売最短記録を破った。次のアルバム『アップ・ユア・アレイ』(Up Your Alley) はアメリカでプラチナムディスクを獲得し、続く『雨を見たかい』(The Hit Lis) は、カヴァー曲を集めたアルバムであった。この間、アリス・クーパーの1989年のアルバム『トラッシュ』(Trash) に収録されている「House of Fire」を共同執筆した。

ザ・リプレイスメンツ (The Replacements) のポール・ウェスターバーグ (Paul Westerberg) が参加した1991年発売のアルバム『ノトリアス』(Notorious) を最後に、ジェットはCBS・ソニーからワーナー・ブラザーズ・レコードに移籍した。この時期にリリースされた、ジェットとウェスターバーグ共演のCDシングル「Let's Do It」は、映画『タンク・ガール』のサウンドトラックとして使用されている。1993年、ジェットとラグナは自身のブラックハート・レーベルの様々な曲を編集したコンピレーション・アルバムFlashback』をリリースした。

ジェットは、自身のデビュー前にいくつかのバンドをプロデュースし、ブラックハート・レーベルからスラッシュメタルバンド、メタル・チャーチ (Metal Church)ラッパービッグ・ダディ・ケインなど、様々なアーティストのレコードをリリースしている。

マスコミはジェットを「パンクのゴッドマザー」、「元祖ライオット・ガール」(Original Riot Grrrl) と喧伝した。1994年、ベイブズ・イン・トイランドのキャット・ビーエランド、L7のドニータ・スパークス、ビキニ・キル (Bikini Kill) のキャサリーン・ハンナと共作した曲が収録された、評価の高かったアルバム『ピュア・アンド・シンプル』(Pure and Simple) をリリース。

その他[編集]

スポーツファンで、スポーツ界に積極的に関ってきた。メアリー・タイラー・ムーア・ショウのテーマソングをカバーした「Love is All Around」は女性スポーツを象徴する歌となり、未発売曲「Unfinished Business」と同じく、NCAAウーマンズファイナルフォーチャンピオンシップのプロモートに用いられた。「Love Is All Around」はラジオで流され続け、CDの助けを借りずにリクエストナンバーワンの曲になった。

ESPNエックスゲームズ初回にテーマソングを提供し、その後すべてのゲームズに曲を提供している。

ボルチモア・オリオールズカル・リプケン・ジュニアの要請を受け、彼がルー・ゲーリッグの連続試合出場記録に並んだ試合で国歌を歌った。

NBCNFL中継「NBCサンデーナイトフットボール」のテーマソングとして、「I Hate Myself For Loving You」の歌詞をアレンジした「Waiting All Day for Sunday Night」が2006年の放送開始から使用されている。ただし、歌はジェット本人ではなく、2006年はP!nk、2007年からはフェイス・ヒルが歌っている。

映画・舞台・番組出演[編集]

銀幕デビューは、1981年のライブコンサート・フィルム『Urgh! A Music War』で、ニューヨーク市のロッククラブ「Ritz」においてブラックハーツと共に「バッド・レピュテーション」を演奏している。女優としてのスクリーンデビューは1987年、ジーナ・ローランズマイケル・J・フォックスと共演した、ポール・シュレイダー監督の『愛と栄光への日々』である。また『迫撃者』(Boogie Boy: 1998年) や『The Sweet Life』(2003年) などの独立系映画に出演している。

1990年代にはシチュエーション・コメディ・テレビシリーズ『エレン』(Ellen) に出演し、主題歌を歌った。またテレビシリーズ『暗黒の戦士/ハイランダー』にゲスト出演した。

2000年、ジェットはブロードウェイ舞台劇版の『ロッキー・ホラー・ショー』にコロンビア役で出演した。

2001年、テレビシリーズ『炎のテキサス・レンジャー(Walker, Texas Ranger) に出演。元CIA職員でウォーカー(チャック・ノリス)とアレックス(シェリー・J・ウィルソン)を殺害するために雇われた暗殺者を演じた。

2002年、男役レズビアンの映画『By Hook or by Crook』(直訳:手段を選ばず)に、マスコミからインタビューされる役で出演した。

2000年から2003年まで、映画製作初心者とインディーズ映画産業をサポートし、新作映画と短編ビデオを紹介する番組、メリーランド公共テレビ (MPT) の『Independent Eye』の司会を務めた[7][8]

2005年、スティーヴ・ヴァン・ザント (Steven Van Zandt) に招かれ、シリウス・サテライト・ラジオ(Sirius Satellite Radio)のヴァン・ザント・アンダーグラウンド・ガレージ・ラジオチャンネルで彼女自身のラジオ番組の司会を務めた。『Joan Jett's Radio Revolution』(直訳:ジョーン・ジェットのラジオ革命)と名付けられた4時間の番組は、毎週土曜と日曜に放送された。番組は2008年6月に中止される直前、シリウス25からシリウス28へ移った。

ジェットがポール、ポール・ジュニア、マイケルのタトル一家と共に出演したビデオが、2007年1月14日にザ・ラーニング・チャンネルの番組『アメリカンチョッパー』で放送された。このビデオのメイキングが2007年2月22日のザ・ラーニング・チャンネルの番組で放送された。

2008年には、ダーレン・リン・バウズマン監督の『REPO! レポ[9]、及びジミー・キンメル (Jimmy Kimmel) のビデオ『I'm Fucking Ben Affleck』にカメオ出演している。また同年7月にはテレビシリーズ『LAW & ORDER:犯罪心理捜査班』のエピソード「Reunion」に出演した。

近年の音楽活動[編集]

1994年9月、シアトルのバンバーシュートフェスティバルにて(向って右)

ジェットは1992年にサーカスループス (Circus Lupus) のために、そして再度1994年にはビキニ・キルのために、プロデューサー業に返り咲いた。これらのレコーディングでは、演奏とバックボーカルでも参加した。ビキニ・キルを代表格とするライオット・ガール (Riot Grrrl) ・ムーブメント(パンク・ロックフェミニズムを融合させた運動)は1990年代に始まり、これらの女性の多くがお手本として、創造的刺激を与えた人物としてジェットをクレジットした。ライオット・ガール・バンドの1つ、ブラットモバイル (Bratmobile) はジェットに敬意を表して「チェリー・ボム」(Cherry Bomb) をカバーした。

1990年代後半、ジェットはパンクバンド「ギッツ」(The Gits) のメンバーと仕事をした。リードボーカルで作詞家であったミア・サパタ (Mia Zapata) は1993年に強姦され、殺されていた。共同作業の成果はLP『イーヴル・スティグ』 (Evil Stig) とシングル「Bob」に結実し、この売り上げはサパタ殺害犯の捜査資金として寄付された。バンドとジェットは、テレビ番組『アメリカズ・モスト・ウォンテッド』(America's Most Wanted) に出演し、視聴者に情報提供を訴えた。事件は、2004年にサパタ殺害犯ジーザス・メズキュイア (Jesus Mezquia) が有罪判決を下され、解決した。

2004年、ジェットとラグナは彼らと契約後にワープド・ツアーで人気となった女性パンクトリオ、アイライナーズ (The Eyeliners) の4枚目のアルバム『No Apologies』をプロデュースし、ブラックハート・レーベルからリリースした。ジェットは中の1曲「Destroy」で客演し、ミュージック・ビデオにもカメオ出演している。同年、ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツは、約10年ぶりとなるアルバム『ネイキッド』(Naked) をジェット自身のレーベル、ブラックハート・レコーズからリリースした。

2005年12月19日、ジェットはニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンでトランス・シベリアン・オーケストラ (Trans-Siberian Orchestra) と共に「アイ・ラブ・ロックンロール」を演奏した。

2005年、ジェットはクリーブランドのパンクロックバンド、ヴァカンシーズ (The Vacancies) を見出した。彼女とラグナはバンドと契約し、彼らのセカンドアルバム、『A Beat Missing or a Silence Added』(CMJミュージック・チャートでトップ20入りした)と、2007年のサードアルバム『Tantrum』をプロデュースした。

2008年5月

マーキー・ラモーンの2006年のソロアルバム『Start of the Century』の1曲、「Don't Blame Me」にゲスト・アーティストとして参加している。同年、ピーチズ (Peaches) のアルバム『インピーチ・マイ・ブッシュ』 (Impeach My Bush) でも「Boys Want to Be Her」と「You Love It」の2曲でゲスト・ボーカリストとして参加した。またハート・アタックス (The Heart Attacks)の2006年のアルバム『Hellbound and Heartless』では、「Tearstained Letters」でチェイス・ノールズ (Chase Noles) とデュエットしている。

2006年6月、ジョーン・ジェットは自身のレーベル、ブラックハート・レコーズから新しいアルバム『シナー』(Sinner) を発売した。アルバムをプロモートするため、バンドは2006年のワープド・ツアーに出演し、イーグルス・オブ・デス・メタル (Eagles of Death Metal) とともに、2006年秋のツアーに取りかかった。

2007年6月、ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツはマイアミドルフィン・スタジアムフロリダ・マーリンズの試合後に演奏した。2007年7月4日、ニューメキシコ州アルバカーキでアメリカ独立記念日に毎年恒例で行なわれる屋外イベントにおいて、推定65,000人の出席者を前にして主役を務めた。2007年11月、モーターヘッドアリス・クーパーと共にイギリスアリーナツアーに出演。エアロスミス2007 World Tourにおけるアメリカでの8回の公演ではオープニングを務めた。

2008年3月10日、デイヴ・クラーク・ファイヴ (DC5) のロックの殿堂入り記念式典で、ジェットはプログラムの締めくくりとしてDC5の1964年のヒット曲「Bits and Pieces」を演奏した。彼女の紹介は俳優のトム・ハンクスが行なった。同年夏、ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツはシンディ・ローパーによる「トゥルー・カラーズ・ツアー2008」に何日間か出演した[10]。8月にはデフ・レパードの前座を務めた。

2008年末のローリング・ストーンによるインタビューで、ジェットは2009年に2曲の新曲を含むグレーテスト・ヒッツ・アルバムをリリースする予定であると語った[11]

栄誉と受賞[編集]

  • 2006年10月に、ロングアイランド音楽殿堂 (Long Island Music Hall of Fame)入りを果たした[12]
  • 2003年、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」で87位、2011年の改訂版では削除された[13]。女性で選ばれたのは、72位のジョニ・ミッチェルの2人であったが、2011年の改訂版では、75位のジョニ・ミッチェルと第89位のボニー・レイットの2人である。
  • 2006年、Blender誌はデビュー以来21年目にして「Hottest Women of…Rock!」にジェットをリストアップした[14]
  • 2008年、ギブソンは自社製品メロディメーカーのジョーン・ジェットモデルを発売した[15]。白黒ツートーンの1ハムバッカーとキルスイッチを持つ白いダブルカッタウェイモデルである。1977年から愛用しているこのメロディメーカーは、エリック・カルメンからの贈り物だという[16]。現在は、ボディ全面にステッカーが貼り付けられている。ギブソンの会長CEO、ヘンリー・ジャスキヴィッツは次のような賛辞を送っている。
ジョーン・ジェットは、ロックンロールの真の象徴である。彼女はその始まりから、このジャンルの女性にとって草分け的なアーティストであり先駆者であった[15]

実践活動[編集]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

タイトル チャート最高位[17] 認定
1980 『ジョーン・ジェット』 (Joan Jett)
  • レーベル:自主製作
1981 『バッド・レピュテーション』 (Bad Reputation)
  • 『ジョーン・ジェット』の再発売
  • レーベル:ボードウォーク・レコーズ (Boardwalk Records)
51
『アイ・ラブ・ロックンロール』
(I Love Rock 'n Roll)
  • レーベル:ボードウォーク・レコーズ
2 25 31 14 38
  • アメリカ:プラチナム
  • カナダ:ダブルプラチナム
1983 『アルバム』 (Album) 20 19
1984 『誘惑のブラックハート』
(Glorious Results of a Misspent Youth)
  • レーベル:ブラックハート・レコーズ
67
1986 『グッド・ミュージック』 (Good Music)
  • レーベル:ブラックハート・レコーズ/CBS
105
1988 『アップ・ユア・アレイ』 (Up Your Alley)
  • レーベル:ブラックハート・レコーズ/CBS
19
  • アメリカ:プラチナム
  • カナダ:ゴールド
1990 『雨を見たかい』 (The Hit List)
  • レーベル:ブラックハート・レコーズ/CBS
36
1991 『ノトリアス』 (Notorious)
  • レーベル:ブラックハート・レコーズ/CBS
1992 『アイ・ラヴ・ロックン・ロール』(マキシシングル)
( I Love Rock 'n Roll 92)
  • リミックス曲「アイ・ラヴ・ロックン・ロール・92」を含む
  • レーベル:自主製作
1994 『ピュア・アンド・シンプル』 (Pure and Simple)
1995 『イーヴル・スティグ』 (Evil Stig)
  • ザ・ギッツ (The Gits) との共作
  • レーベル:ブラックハート・レコーズ
1979
  • レーベル:自主製作
2004 『ネイキッド』 (Naked)
  • レーベル:ブラックハート・レコーズ
2006 『シナー』 (Sinner)
  • レーベル:ブラックハート・レコーズ
56
"—" はチャート入りしなかったか、発売されなかったか、不明のアルバムを表す。

コンピレーション・アルバム[編集]

タイトル
1993 Do You Wanna Touch Me?
  • レーベル:ブラックハート・レコーズ
『フラッシュバック』 (Flashback)
  • レーベル:ブラックハート・レコーズ
1996 Great Hits
  • レーベル:ブラックハート・レコーズ
1997 『フィット・トゥ・ビー・タイド』 (Fit to Be Tied)
1999 Fetish
  • レーベル:ブラックハート・レコーズ
2003 『ジェット・ロック』 (Jett Rock)
  • レーベル:ブラックハート・レコーズ

シングル[編集]

タイトル チャート最高位[17] 収録アルバム
1981 "Bad Reputation" 『バッド・レピュテーション』
1982 "I Love Rock 'n Roll" 1 4 1 3 6 4 『アイ・ラヴ・ロックン・ロール』
"Crimson and Clover" 7 60 4 8 19 12
"Do You Wanna Touch Me" 20 8 12 31 19
"Nag"
"Victim of Circumstances"
"Everyday People" 37 『アルバム』
1983 "Fake Friends" 35
"The French Song" 42
1984 "I Need Someone" 『誘惑のブラックハート』
"I Love You Love" 105
"Cherry Bomb"
1986 "Good Music" 83 『グッド・ミュージック』
"Roadrunner"
1987 "Light of Day" 33 シングルのみ
1988 "I Hate Myself for Loving You" 8 46 21 『アップ・ユア・アレイ』
"Little Liar" 19
1990 "Dirty Deeds Done Dirt Cheap" 36 69 『雨を見たかい』
"Love Hurts"
"Have You Ever Seen the Rain?"
1991 "Backlash" 『ノトリアス』
"Don't Surrender"
"Treadin' Water"
1994 "I Love Rock 'n Roll" (再リリース) 75 13 『アイ・ラヴ・ロックン・ロール』(マキシ)
"Spinster" 『ピュア・アンド・シンプル』
"As I Am"
"Eye to Eye"
1995 "Bob (Cousin O.)" (ザ・ギッツと共作) 『イーヴル・スティグ』
1996 "Love Is All Around" 108 『Great Hits』
1999 "Fetish" 『Fetish』
2002 "The Word" シングルのみ
2006 "A.C.D.C." 『シナー』
"Change the World"
2007 "Androgynous"
"—" はチャート入りしなかったか、発売されなかったシングルを表す。

脚注[編集]

  1. ^ 1960年とするデータベースもある
  2. ^ Martin, Bill (2002-9-1) (英語). Pro Secrets Of Heavy Rock Singing. Sanctuary Publishing. pp. p. 9. ISBN 978-1860744372. 
  3. ^ Joan Jett bio” (英語). VH1.com. 2009年8月11日閲覧。
  4. ^ a b Joan Jett and the Blackhearts” (英語). isound.com. 2009年8月11日閲覧。(音声注意)
  5. ^ Legendary Artists - New Music: Joan Jett” (英語). Living Legends Music.com. 2009年8月11日閲覧。
  6. ^ The Billboard Hot 100 All-Time Top Songs (60-51)” (英語). Billboard.com. 2012年5月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年8月11日閲覧。
  7. ^ Independent Eye Makes its Seasonal Debut on Maryland Public Television” (英語). MPT.org (2001年4月25日). 2009年8月11日閲覧。
  8. ^ Independent Eye premieres on MPT on Saturday, April 20 at 11 p.m. Six-part cinematic celebration hosted by Joan Jett” (英語). MPT.org (2002年3月22日). 2009年8月11日閲覧。
  9. ^ 'Repo!' Loves Rock and Roll... Joan Jett Cameos!” (英語). Bloody-Disgusting.com (2007年11月28日). 2009年8月11日閲覧。
  10. ^ True Colors Tour 2008 Announced!” (英語). outimpact.com. 2009年8月11日閲覧。
  11. ^ Allen, Jim (2008年12月17日). “Q&A: Joan Jett on Her Big Hits and Runaways Drama”. RollingStone. http://www.rollingstone.com/news/story/25087319/qa_joan_jett_on_her_big_hits_and_runaways_drama 2009年8月11日閲覧。 
  12. ^ Jimmy L. Webb (2006年11月26日). “What’s the Long Island Sound?” (英語). ニューヨーク・タイムズ. 2009年8月11日閲覧。
  13. ^ 100 Greatest Guitarists of All Time” (英語). Rolling Stone.com (2003年9月18日). 2009年8月11日閲覧。
  14. ^ Mike Errico (2006年12月12日). “Hottest Women of…Rock!” (英語). Blender.com. 2009年8月11日閲覧。
  15. ^ a b Gibson Guitar Announces Joan Jett Signature Melody Maker Guitar” (英語). Harmony Central.com (2008年6月11日). 2009年8月11日閲覧。
  16. ^ Joan Jett Signature Melody Maker” (英語). Gibson.com. 2009年8月11日閲覧。
  17. ^ a b Roberts, David (2006) (英語). British Hit Singles and Albums (19th ed.). London: Guinness World Records Limited. pp. p. 283. ISBN 978-1904994107. 

外部リンク[編集]