ギブソン・フライングV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギブソン・フライングV
Gibson Flying V
Gibson FlyingV.jpg
メーカー/ブランド ギブソン
製造時期 1958年-1959年1967年-
構造
ボディタイプ ソリッド(Vシェイプ)
スケール長 24 3/4インチ
フレット 22
ネックジョイント セット・イン(17フレット)
材質
ボディ コリーナマホガニー
ネック マホガニー
フィンガーボード ローズウッド/エボニー
ハードウェア
ペグ グリーン・キー
ブリッジ チューン・オー・マティック
テールピース ストップ・バー(固定)
コントロールノブ 1トーン、2ボリューム、3ポジション・セレクタースイッチ
電気系統
ピックアップ(F) 496R セラミック・マグネットハムバッカー
ピックアップ(R) 500T セラミック・マグネット・ハムバッカー
カラーバリエーション
クラシック・ホワイト、ウォーン・チェリー、エボニー、ナチュラル
テンプレート | カテゴリ

フライングV (Flying V)は、ギブソンエレクトリックギターB.C.リッチ社のモッキンバードなどと並んで、変形ギターの先駆け的存在である。

概要[編集]

1958年エクスプローラーと共に発売されるも、当時はその奇抜なデザインが受け入れられず、翌年には一旦生産が中止される。 2年間で生産されたフライングVは、わずか98本であったという。 1960年代に入ると、アルバート・キングジミ・ヘンドリックスレズリー・ウエストキース・リチャーズロニー・マックなどが使用し始める。 1970年代以降は、ポール・スタンレーマイケル・シェンカーなどが使用。コピーモデルも出回り始め、1980年代に入ると、ギブソンは1958年のフライングVを復刻する。この時、エクスプローラーとモダーンも復刻された。1990年代には、レニー・クラヴィッツが使用。日本では、レイジー時代の高崎晃UNICORN奥田民生阿部義晴小山田圭吾布袋寅泰ART-SCHOOL木下理樹スピッツ草野マサムネブンブンサテライツ川島道行、元くるり大村達身筋肉少女帯X.Y.Z.→A橘高文彦などが使用している。IN-HIに至っては、ツインギター及びベースの全てにフライングVを使用している。

V字型のボディ形状が原因で、座って弾く際の演奏性はあまり良くないとされるが(カイ・ハンセンなどは「Vシェイプでないとしっくり来ない」と語るが)、そのルックスとマホガニー(50年代製のオリジナルとその復刻モデルはコリーナ)ボディが生む甘く太いトーンに惹かれ、ブルース系からヘヴィメタル系まで幅広いジャンルのギタリストが使用している。また、一部のモデルにはすべり止めが付いており、座って弾く際の安定性が増している。

外部リンク[編集]