デイヴ・デイヴィス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デイヴ・デイヴィス
}
基本情報
出生名 デヴィッド・ラッセル・ゴードン・デイヴィス
出生 1947年2月3日(67歳)
イングランド, ロンドン
ジャンル ロック
職業 ミュージシャン, ソングライター
担当楽器 ギター
活動期間 1960年代 - 現在
共同作業者 キンクス
公式サイト http://www.davedavies.com/
著名使用楽器
Gibson "prototype" V

{{{Influences}}}

デヴィッド・ラッセル・ゴードン・デイヴィス(David Russell Gordon Davies, 1947年2月3日 - )は、イギリスのミュージシャン、ギタリスト。1963年にピート・クウェイフとともにキンクスを結成した。間もなく加わった兄のレイ・デイヴィスがバンドの主導権を握ることとなる。バンドは1990年代初めから活動をほとんど停止しているが、デイヴは作曲家および演奏家としての経歴を続けている。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第88位、2011年の改訂版では第91位。

デイヴィスは、1996年に自叙伝『Kink』を出版した。その中で彼はロング・ジョン・バルドリーと性的関係を含めて、両性具有について詳細に議論した。

2004年6月30日、彼はロンドンBBCエレベーターの中で心臓発作を起こし病院に入院することとなった。当時彼は最新アルバム『バグ』のプロモーション中であった。8月27日に退院。

ソロワークス[編集]

アルバム[編集]

  • AFL1-3603 - Dave Davies (AFL1-3603) (1980)
  • Glamour (1981)
  • Chosen People (1983)
  • Village of the Damned soundtrack (1995)
  • Purusha and the Spiritual Planet (1998)
  • Fortis Green (1999)
  • Solo Live - Live Solo Performance at Marion College (2000)
  • Rock Bottom - Live At The Bottom Line (2000)
  • Fragile (2001)
  • バグ - BUG (2002)
  • Bugged... Live! (2002)
  • Transformation - Live at The Alex Theatre (2003 release from Meta Media)
  • Transformation - Live at The Alex Theatre (2005 release on AngelAir Records)
  • Kinked (7 March 2006 released on Koch Records)
  • Fractured Mindz (30 January 2007 released on Meta Records)

小説[編集]

  • KINK (1996)

外部リンク[編集]