shibuya eggman

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

shibuya eggman(シブヤ・エッグマン)は、東京都渋谷区神南にあるライブハウスである。

運営者の株式会社エッグマンは、日本コロムビア完全子会社として設立され、実質的に同社のライブハウス事業と位置づけられていた。その後日本コロムビアの社名がコロムビアミュージックエンタテインメントとなった2004年に米国系企業買収ファンド傘下のパインリッジ株式会社へ売却された。

概要[編集]

1981年オープンの渋谷では老舗のライブハウス。ロックポップス系を中心に、インディーズからメジャーまで幅広いジャンルのライブが行われている。2000年代前半からはクラブ営業もスタートし、レゲエヒップホップを中心としたイベントが行われている。

ミュージシャン、レーベル発信のイベントにも広く門戸を開放している他、演劇ファッションショーお笑いなど音楽以外のジャンルにも幅広く利用されている。

歴史[編集]

  • 1981年3月11日 東京都渋谷区公園通りに、ライブハウス「Egg-man」をオープン。オープニングライブは桑田佳祐が率いる「桑田バンド[1]」(3月21日、22日)、山下久美子(3月23日)らが出演。他に1年目の主な出演者は、J-WALKヒカシュー近田春夫杉真理など。 竹内まりやも出演。また、井上陽水が突如土曜日の昼­、2週連続でライブを行った。
  • 1981年 リボルバー中心にジョン・レノン追悼イベント「ジョン・レノン・フォ-エヴァー」スタート。以後毎年の恒例イベントとなる。
  • 1983年 オールナイトイベント「東京フリークス」に爆風スランプくじら­、じゃがたら有頂天出演。久保田利伸がHOTENTOTSのボーカルとして昼の部に初出演。 中村雅俊10周年記念イベント〈接触〉を7日間開催。
  • 1984年 4月:安全地帯が2日間ワンマンライブ。前年からほぼマンスリーで出演し­ていたが 「ワインレッドの心」ヒットで初めて超満員。12月:ココナッツ・ボーイズがC-C-Bと改名後初ライブ。直後「ロマンティックが止まらない」が大ヒット。
  • 1985年 レベッカが初のワンマンで超満員。その後まもなくギター­・木暮武彦、ドラムス・小沼達也が脱退。木暮、小沼が田所豊小川清史と新バンド結成「レベッカ♂」と名乗り初ライブ。後に「レッドウォーリアーズ」と改名、マンスリーで出演し翌年メジャーデビュー。メトロファルスのライブを収録したアルバム「盗賊どもの夜会服」をライブハウスエッグマンの自主レーベルからリリース。
  • 1986年 伊秩弘将が昼の部に初出演。3月:5周年記念ライブJ-WALK、PaPa(山下久美子バックバン­ド)ら出演。ZIGGYSHADY DOLLSDe-LAXTHE COLLECTORS等の個性派バンド­続々出演。
  • 1987年 1月:プリンセス・プリンセスが初出演。以後半年間ほぼマンスリーで出演。8月:ローザ・ルクセンブルグが突如解散表明。ラストライブを4日間行う。チケットはソールドアウト。店の外もあきらめきれない人達で取り囲まれる。このライブはミディレコードよりライブアルバムとしてリリースされた。解散後、ボーカル・どんと、ベース・永井利充がニューバンドBO GUMBOSを結成し秋から活動開始。
  • 1988年 1月:オールナイト・イベント「ストリート・ロッカ-ズ」スタート。G.D.FLICKERSJUN SKY WALKERSらが出演。6月:X (後のX JAPAN)が2DAYSライブ。9月:C-C-Bがデビュー前のバンド名「ココナッツボーイズ」のクレジットでシークレットライブ。12月:原宿ホコ天で人気を得たTHE BOOMが日曜の昼ワンマンライブ。
  • 1989年 2月:TBS系「いかすバンド天国」放映開始。「イカ天ブーム」­「バンドブーム」が社会現象となる。この月初出演したJITTERIN'JINNは番組効果で半年後にはワンマンがソールドアウト。6月:初の店内改装に着手し、リニューアルオープン。ホールへの入り口の­位置等変わる。
  • 1990年 2月 - 4月:LINDBERGが3か月連続ライブ。5月:福山雅治が「Mr.クラリネット」のクレジットで昼の部に初出演。10月、12月には福山雅治として出演。7月 - 11月:人間椅子が毎月最終日曜日にワンマン。常に超満員。11月:イカ天が放送終了。ぴあが週刊になる。
  • 1991年 3月:10周年記念イベント「HERE WE GO AGAIN」22日間開催。THE BOOMJ-WALKSHADY DOLLSZABADAK等出演。10月:石川よしひろのシリーズライブ「公園通りの12ヶ月」開始。
  • 1992年 2月:シークレットのオールナイトライブで木暮武彦NOKKOらが出演。元・有頂天のケラ(現在劇作家・演出家として活躍中のケラリーノ・サンドロビッチ)がニューバンド・ロングバケーションを結成し初ライブ。7月:LINDBERGがシークレットライブ。8月:斉藤和義が初出演。以後1年間ほぼマンスリーでワンマン。五島良子が定期的に出演。
  • 1993年 3月:ブレイク前のシャ乱Qが出演。8月:BAKUFU-SLUMP(爆風スランプ)が結成10周年3DAY­Sライブを行う。(最終日は台風でJRなども運休になるが決行)
  • 1994年 5月:叫ぶ詩人の会が初ワンマン。以後ほぼマンスリーで行い­、翌年1月にはTBS「ニュース23」にも出演した。
  • 1995年 3月椎名へきるが初の単独公演を行う。4月:及川光博出演。4月 - 5月:GW期間中ニッポン放送主催のイベント「LIVE UFO 渋谷 NIGHTS」開催。堂島孝平らが出演。7月 - 9月:笹野みちるがマンスリーライブ。「カミングアウト宣言」が話題に。
  • 1996年 1月:自主レーベル「エッグマン・ディスク」スタート。メトロファルスの­アルバム「LIMBO島」リリース。  各音楽誌、情報誌、NHK­・BSでも紹介される。3月:山崎まさよしが初出演。 15周年記念ライブウィーク12日間開催。野村義男人間椅子KERA等出演。メトロファルスのボーカル伊藤ヨタロウプロデュースdayに現在­脚本家として活躍中の宮藤官九郎バンドが出演。8月:レッドウォーリアーズが再結成シークレットライブ。12月:角松敏生プレゼンツライブ(サウンドはアンビエント系)横道坊主が休憩をはさんで約4時間半のオールナイトワンマンライブを行う。
  • 1997年4月:元チェッカーズ鶴久政治がアコースティックワンマンライブ。Something Elseが初出演。(以後翌年まで定期的に出演)11月:THE JADOESがDJのピストン西沢をゲストに迎えJ­-WAVEでの番組を再現する形でライブ。
  • 1998年 ・1月:SHAZNAが前日の渋谷公会堂コンサートで発表する形のシークレ­ットライブ。2月:影山ヒロノブ恒例のバースデーライブ。(NHKの「トップランナー」にも出演)
  • 1999年 ・1月:札幌のバンド・クォーテーションズCD発売記念ライブに細野晴臣が­ゲスト出演。8月:2度目の店内改装を行う。9月:ELLEGARDEN出演。
  • 2000年 ・5月:KAB.が初のワンマンライブ。9月には2DAYS。7月:世界各国の民族音楽グループが渋谷地区に集合したイベント­「ワールドフォークロリアーダ」開催。9月27日ELLEGARDENがワンマンライブ。10月:キンモクセイ初出演。
  • 2001年「CLUB eggsite」に改名。オープニングにはデキシード・ザ・エモンズGYOGUN REND'Sが出演。
  • 2003年10月「shibuya eggman」に再改名。5人揃った安全地帯が出演。
  • 2005年新たにレーベル部門"murffin discs"を立ち上げ第1弾アーティストとして惑星をリリース。YUI出演
  • 2007年"murffin discs"内"mini muff recordsにてThe Mirrazの音源リリース。6月22日たむらぱんがワンマンライブ。
  • 2008年 CD/DVD製造部門"円盤プレス"を立ち上げる。
  • 2010年 3月miwaが3月3日にデビューライブを行う。MAN WITH A MISSIONが初ライブを行う。11月UVERworldが東京ドーム公演を目前にシークレットライブ。
  • 2011年 30周年を迎える。
  • 30周年を記念してUSTREAM番組であべこうじ石原有輝香の「たまごみゅーじっく」をスタート
  • 2011年 10月"murffin discs"内"mini muff recordsにてCzecho No Republicの音源リリース。
  • 2012年 3月14日miwaがセカンドアルバム発売日に渋谷eggmanにて「ホワイトデー女子会 in 渋谷」と称し、女子限定のシークレットイベントを開催。前日深夜発表にもかかわらず200名の女子が集結。

現在に至る。

施設概要[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ KUWATA BANDとは異なる。
  2. ^ 渋谷に原発!? 米FOXニュースが誤報 - 東洋経済オンライン 2011年3月25日
  3. ^ 東北地方太平洋沖地震に関する被害にあわれた皆様へ - eggman オフィシャルサイト

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度39分51.9秒 東経139度41分56.9秒