長篇怪獣映画ウルトラマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
長篇怪獣映画 ウルトラマン
監督 円谷一
脚本 金城哲夫
関沢新一
上原正三
若槻文三
ナレーター 浦野光
出演者 小林昭二
黒部進
桜井浩子
二瓶正也
石井伊吉
音楽 宮内國郎
主題歌 「ウルトラマンの歌」(みすず児童合唱団、コーロ・ステロラ)
製作会社 円谷プロダクション
配給 東宝
公開 1967年7月22日
上映時間 75分
テンプレートを表示

長篇怪獣映画 ウルトラマン』(ちょうへんかいじゅうえいが ウルトラマン)は、ウルトラシリーズ初の映画作品。カラー、シネマスコープ、75分。1967年7月22日公開。

キャッチコピーは「シュワーッ! ぼくらの味方ウルトラマン! 怪獣どもをやっつけろ!」。

概要[編集]

TVシリーズ『ウルトラマン』の第1話、第8話、第26話、第27話をオムニバス形式に再編集した作品で[1][2]、ナレーションの変更等はあるものの新規撮影シーンはなく、OPタイトルもTVの素材をそのまま使用している[3]

テレビ版の第1話にあたる部分で、ウルトラマンの活躍シーンをカットして科特隊のみでベムラーとの決戦に及んでいる点以外は、大きなストーリーの変更もない(ベムラーが倒される映像自体はスペシウム光線で爆破されるシーンの流用)。

作品自体は、テレビ作品の再編集版であった。だがカラーテレビの普及率が低く、ウルトラマン自体の放送はカラーでも白黒で見ていた当時の多くの子供達の間では、カラー映像で動くウルトラマンとウルトラ怪獣の対決を目にする事が出来るという事で人気を博した[1][2]

本編での新撮はないが、予告編ではフジ・アキコ隊員役の桜井浩子が私服姿で通行人たちにインタビューする模様が新撮された[2]。また、科学特捜隊メンバーのスチール特写も撮り下ろされている[1][2]

本作のポスターのピグモンの写真はガラモンの写真を使用している[4]。チャンドラーはペギラの写真を加工したものを使用。

キャスト[編集]

スーツアクター[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

『ウルトラマンの歌』

  • 作詞:東京一 / 作編曲:宮内國郎 / 歌:みすず児童合唱団、コーロ・ステロラ
  • オープニング映像は本編第15話以降のものを使用。

登場怪獣[編集]

同時上映[編集]

キングコングの逆襲

映像ソフト化 [編集]

  • シリーズ40年、『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』の公開を記念し2006年9月13日にDVDが発売。
  • シリーズ45年を記念した「ウルトラシリーズ45周年記念 メモリアルムービーコレクション 1966-1984 DVD-BOX」に収録されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『不滅のヒーローウルトラマン白書』 朝日ソノラマ〈ファンタスティック・コレクション・スペシャル〉、1982年12月31日、初版、109頁。雑誌コード:67897-80。
  2. ^ a b c d 円谷プロ画報 2013.
  3. ^ ただし、『ウルトラQ』のOPタイトル部を突き破って登場したタイトル部は、TV版が上に「ウルトラマン」、下に「空想特撮シリーズ」で構成されていたのに対し、本作では上に「長篇怪獣映画」、下に「ウルトラマン」と逆の構成になっている。
  4. ^ ウルトラマン研究読本 2013, pp. 199.
  5. ^ 予告及びクレジットは「マグラ」。
  6. ^ 予告では「ドクロ怪獣レッドキング」と表記されていた。

参考文献[編集]