ルナチクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルナチクスは、特撮テレビ番組『ウルトラマンA』をはじめとする「ウルトラシリーズ」に登場する架空の怪獣超獣)。別名「満月超獣」。

『ウルトラマンA』に登場するルナチクス[編集]

第28話「さようなら夕子よ、月の妹よ」に登場。

  • 身長:58メートル
  • 体重:6万3千トン

かつてマグマを全て吸い尽くし、死の星に変えた超獣。現在は地球のマグマの中で生息し、毎年10月の満月の夜に地上へ現れる。口から白い毒ガスや5万度の火炎、目玉から爆弾を放つ。口には牙があり凶悪な面構えをしているが、ウサギ跳びを行うなどのユーモラスな面もある。マグマを溜めることで、一時的にパワーアップできる。地中と地上でAを苦戦させるが、最後はエースリフターで火山に投げられ、マグマに落ちて焼死する。

  • この回で南は月星人であり、ルナチクスを倒すために地球へ送られてきたことが判明する。この回を最後に南は地球を去り、次回以降は北斗星司のみの単独変身となる。
  • 名の由来は英単語の「Lunatic(月と関連する狂気)」から。

『ウルトラマンメビウス』に登場するルナチクス[編集]

第44話「エースの願い」に登場。

  • 体長:58メートル
  • 体重:6万3千トン

『ウルトラマンA』に登場したルナチクスの別個体で、GUYSのドキュメントTACにデータが記録されている。今回はヤプールの配下として登場する。初代と比べて目付きが鋭く、体毛が短くなっている。月におびき寄せられたフェニックスネストの脱出を封じる干渉フィールドを形成している石柱を守るために月の地底から出現し、初代同様ウサギ跳びのように移動する。口からガスやマグマ火炎弾を吐き、赤い目をミサイルのように撃ち出す(撃ち出された目はすぐに補充される)。干渉フィールドの放射ポイントを破壊しようとするGUYSの妨害を目論むが、放射ポイントをガンスピーダーの光線によって破壊されたうえ、石柱をフェニックスネストのフェニックス・フェノメノンによって破壊され、自身も月に駆けつけたウルトラマンAとの対決の末にメタリウム光線を受けて爆死する。

  • この戦いの後、北斗星司と南夕子は再会を果たす。『A』で北斗と南を別れさせたルナチクスが、逆に今回は2人を再会させる形となっている。

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』に登場するルナチクス[編集]

第10話「予期せぬ再会」に登場。

  • 体長:58メートル
  • 体重:6万3千トン

ノーバサラマンドラと共に、グランケープ補給基地に着陸しようとしたペンドラゴンを襲う。その後、ゴモラと死闘を繰り広げるが、突如出現したキングジョーブラック(円盤形態)のペダニウムランチャーを受けて倒される。

  • 着ぐるみは『ウルトラマンメビウス』で使用された物の流用。

『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に登場するルナチクス[編集]

映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に登場。

ウルトラマンベリアルのギガバトルナイザーの力で怪獣墓場から復活し、ベリアル軍団の1体となる。ウルトラマンメビウスと戦うが、最期はベリアルのギガバトルナイザーによる攻撃の巻き添えになって爆散する。

  • 着ぐるみは『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』までに使用された物の流用。

雑誌連載版[編集]

  • てれびくん』で連載された漫画版でもベリアル軍団の1体として、ウルトラ戦士やゴモラたちと戦うが、最期はウルトラマンゼロに倒される。
  • 『てれびくん』2009年12月号付録のメガサイズポスターでは、ウルトラマンAと戦う姿が描かれている。

『ウルトラゾーン』に登場するルナチクス[編集]

ウルトラゾーン』第12話・第13話「いつも隣にホーがいる」に登場。また、第4話「OLのウワサ話」では部下のOLに「リアル鼻ピアス」とあだ名をつけられる。

「いつも隣にホーがいる」に登場するルナチクス[編集]

  • 体長:58メートル[1]
  • 体重:6万3千トン[1]

ホーが見える女性タマエの昔の恋人フミノリが亡くなる原因となった地割れの中にいた、白い怪獣。その存在はタマエにしか見えていなかったが、同様にホーが見える失恋した青年ノボルと出会った時に再び地中から現れ、街を襲い始める。巨大化したホーと戦うが、ホーを倒すと再び地中に潜ってゆく。

その他[編集]

  • 漫画『かがやけ ウルトラの星』では怪獣軍団の一員として登場し、巨大ヤプールに率いられて四国地方に出現する。
  • 漫画『大怪獣バトルウルトラアドベンチャー』では第9話・第10話にヤプールの超獣軍団として登場する。
  • めちゃ×2イケてるッ!』の『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』の出演オーディションでは、アピールのためによくウサギ跳びをしていた。
  • Twitterでのマグマ星人の発言によると、ウサギ跳びが得意(登場した際にウサギ跳びをしていることに由来)とのことである。
  • ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』の前日談にあたるショー『ウルトラマンベリアル THE STAGE 超最強!ベリアル銀河帝国』では、ウルトラマンベリアルを捕らえようと企むヤプールによって送り込まれる。ドラゴリーが倒された後、メビウスキラーと共に登場してベリアルを攻撃し、ヤプールに役立たずと見なされたダークゴーネを始末しようとする。最終的にはベリアルの力に惹かれたアイアロンと戦うが、アイアロンソニックを受けて倒される。着ぐるみは『ウルトラマンメビウス』以降の撮影用の物をそのまま使用している。
  • 『大怪獣バトル』の第4弾では技カードとして登場。スキルは『A』本編で見せる「高熱エネルギー蓄積」。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]