Anything Goes! (大黒摩季の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Anything Goes!」(エニシング・ゴーズ)は、日本シンガーソングライター大黒摩季の32枚目のシングル2010年11月17日avex modeから発売された。同作のアレンジバージョンである「Anything Goes! "BALLAD"」についても解説する。

Anything Goes![編集]

Anything Goes!
大黒摩季シングル
リリース 2010年11月17日
規格 マキシシングル
録音 2010年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP特撮ソング
時間 10分16秒
レーベル avex mode
作詞・作曲 藤林聖子
tatsuo
チャート最高順位
大黒摩季 シングル 年表
IT'S ALL RIGHT
(2010年)
Anything Goes!
(2010年)
HEART∞BREAKER
2010年
仮面ライダーシリーズ主題歌 年表
W-B-X 〜W-Boiled Extreme〜
2009年
Anything Goes!
(2010年)
Switch On!
2011年
テンプレートを表示

テレビ朝日系平成ライダーシリーズ第12作目『仮面ライダーオーズ/OOO』の主題歌となる本作では「とにかくハデハデなロックサウンドを頼む」という制作側の要望で、ロック調の曲を多く手掛ける大黒摩季とのコラボレーションが実現した。

大黒は2010年10月末をもって子宮疾患の治療で無期限の活動休止に入ったため、本作のプロモーション活動はほとんど行われなかった。大黒の個人名義の楽曲では本作が活動休止前の最後のシングルとなるが、参加曲等も含めた場合に最後となるのは、吉川晃司とのユニット「DaiKichi〜大吉〜」名義でリリースされたシングル「HEART∞BREAKER」である。

表題曲のPVが収録されたDVDが付属するバージョンと、CDのみのバージョンの2種類が販売された。PVは大黒のライブのステージ裏で、仮面ライダーオーズと幹部怪人ウヴァが戦闘を繰り広げるといった内容である。なお、PV中に「ピンチに陥ったオーズに、大黒がコアメダルを投げて渡す」シーンがあるが、大黒自身は「“メダルを投げて渡す”だけの演技が難しくて、自分には演技は向いていないと思った」と語っている[1]

本作で、1999年にリリースした20枚目のシングル「夢なら醒めてよ」以来11年3ヶ月ぶりにオリコンチャートTOP10入りを果たした。余談ではあるが、プロ野球中日ドラゴンズ森野将彦読売ジャイアンツ古城茂幸ら複数の選手が2011年シーズンの登場曲としても使用している。

収録曲[編集]

  1. Anything Goes! [3:33]
    作詞:藤林聖子、作曲:tatsuo、編曲:tatsuo・中川幸太郎
  2. Anything Goes! Ska Foundation Edit. [3:12]
    編曲:Eijiro Nakagawa
  3. Anything Goes! instrumental

Anything Goes! "BALLAD"[編集]

Anything Goes! "BALLAD"
大黒摩季シングル
リリース 2011年12月7日
規格 マキシシングル
録音 2011年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP特撮ソング
レーベル avex mode
作詞・作曲 藤林聖子
tatsuo
チャート最高順位
大黒摩季 シングル 年表
HEART∞BREAKER
2010年
Anything Goes! "BALLAD"
(2011年)
テンプレートを表示

Anything Goes! "BALLAD"」は、大黒摩季の33枚目のシングルである。

表題曲は活動休止直前に「仮面ライダーオーズの最終回に花を添えたい」という大黒自身の願いから、ごく少数のスタッフでレコーディングしていたバラード音源を元にしたもので、実際に『オーズ』最終話の挿入歌として使用された。

カップリングには『オーズ』で主演を務めた渡部秀とのコラボレーション楽曲「Anything Goes! OOO Special Edit.」が収録され、同曲は『オーズ』メンバーが登場する劇場版『仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGA MAX』において挿入歌として使用された。

初回生産限定版のDVDに収録されたPVは「Anything Goes!」のものとは異なっており、仮面ライダーオーズが巨大スクリーンに投影された大黒のライブ映像や仲間のアンクとの思い出を振り返る内容となっている。

収録曲[編集]

  1. Anything Goes! "BALLAD"
    作詞:藤林聖子、作曲:tatsuo、編曲:中川幸太郎、五十嵐“IGAO”淳一
  2. Anything Goes! OOO Special Edit.
    作詞:藤林聖子、作曲:tatsuo、編曲:tatsuo、中川幸太郎、歌 - 大黒摩季・火野映司(C.V.渡部秀)
  3. Anything Goes!“Ballad”(instrumental)

脚注[編集]

  1. ^ 『月刊オトナファミ』2011年2月号・吉川晃司との対談より。