変身ベルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

変身ベルト(へんしんベルト)は

  1. 仮面ライダーシリーズなどの特撮作品に登場する、ヒーローに変身するためのベルト
  2. 1.を模した、なりきり玩具の名称。

玩具[編集]

1970年代[編集]

変身ブームのきっかけとなった1971年の『仮面ライダー』の関連商品の一つとして、タカトクトイスから劇中のヒーロー・仮面ライダーが腰に巻いているベルトを模した玩具が発売された。だがタカトク製のベルトは、ギミックのない風車だけが取り付けられている物や、角度によって絵が変わるプレートがはめ込まれている物で、あまり話題にはならなかった[1]

当時ポピーの取締役を務めていた杉浦幸昌は、子供にタカトク製ベルトを買い与えたが、「テレビと違って光らないし回らないからダメだ」という反応が返ってきた。そこで杉浦は知人の試作屋に頼んでベルトの風車をモーターで回転するように改造してもらった。杉浦の子は喜び、ベルトを友人に見せて回ったところ、その親たちから杉浦のもとに「そのベルトはどこに行けば買えるのか」という問い合わせの電話がかかってきた[2]

手ごたえを感じた杉浦幸昌は、東映に「光って回るベルト」の商品を1000円で販売したいと相談した。この価格は他社製品と競合しないように考慮されたものだったが、東映は当時の玩具としては相当な高額である1500円を主張した。設立間もないポピーにとっては賭けのような価格設定だったが、「テレビと同じ」というコンセプトは大当たりだった[2]。パッケージに「このベルトはライダーに変身する時に使われている物と同じです」と記された[2]「光る!回る!変身ベルト」は1971年からの約2年で380万個を売り上げた[3]

以降も仮面ライダーシリーズのベルト玩具は、作品ごとの特徴に合わせてさまざまなギミックを取り入れながら、1975年の『仮面ライダーストロンガー』の「光る回る Sベルト 電光エレクトラー」まで続いた。

同時期放送の『超人バロム・1』、『人造人間キカイダー』、『イナズマン』、『イナズマンF』などの商品も発売されたが変身プロセスが違うために『仮面ライダー』シリーズとはギミックが異なる。とはいえ「光る!回る!変身ベルト」の影響力は大きく、テレビ本編では光りも回りもしない『人造人間キカイダー』のベルトまでがタカトク製玩具では光って回るようになっている[1]

1980年代[編集]

変身ブーム終息後、ベルトを用いる変身ヒーロー作品は実質的に仮面ライダーシリーズだけとなった。そのライダーシリーズの展開も断続的になっており、変身ベルト玩具はテレビ放映にあわせて市場への登場と撤退を繰り返している。

1980年の『仮面ライダースーパー1』の「光る回る 電動変身ベルト」は事実上ポピーブランド最後の変身ベルトであり[4]、以降のベルト玩具はバンダイブランドが中心となる。

1987年の『仮面ライダーBLACK』の「テレビパワーDX変身ベルト」は、テレビ本編の変身や必殺技の映像に組み込まれた特殊な閃光に感応し、ベルトのランプや風車が作動する[5]という、インタラクティブ・トイである[注 1]。テレビと連動しなくてもスイッチでギミックを作動できるほか、テレビパワーに反応する他の玩具に光信号を送ることができる[6]。しかしこのギミックは『BLACK』1作品のみで後には続かず、翌1988年の『仮面ライダーBLACK RX』の「アクションコントロール DX変身ベルト」では腕につける「リストビット」から発する起動電波を受けて作動するという別のギミックが取り入れられている[7]

2000年代[編集]

平成仮面ライダーシリーズが開始すると、変身ベルト玩具もまた復活した。2000年の『仮面ライダークウガ』の「ソニックウェーブDX変身ベルト」は、ステレオ放送が一般的になったテレビ放送にあわせてスピーカーを2個搭載し、それ以前のサウンド玩具に比べてテレビ本編の音との連動がより親密になっている[8]。さらにテレビ本編でのヒーローのパワーアップに合わせて、ベルトもまた「ライジングパワーセット」との組み合わせによってギミックが強化。以後の商品展開の1年の流れを基本づけた[9]

2002年の『仮面ライダー龍騎』はキャラクターデザインが従来作から大きく変化し、ベルトは作品世界をより直截的に表現するようになった[10]。主要玩具が「龍召機甲ドラグバイザー 」になったため、「変身ベルト Vバックル」は発想を一新して劇中で使用する「アドベントカード」を収納するトレイ機能を持たされた[9]

2003年の『仮面ライダー555』のベルトは「変身ベルト DXファイズドライバー」をはじめとして、携帯電話玩具と組み合わせるギミックを搭載。売り上げ100万本という大ヒット商品となった[11]。計算上では1人当たりベルトを2 - 3本購入したことになる[12]

2005年の『仮面ライダー響鬼』の変身アイテムは「変身音叉 音角」であり、ベルト玩具「DX音撃棒セット」には太鼓遊びのギミックが組み込まれている。しかし太鼓は知名度が高くても子供の憧れの対象にはならず[12]、売り上げは低迷。バンダイボーイズトイ事業部の高橋秀行は「主役ライダーでベルト以外の道具を変身アイテムにしたこともありますが、あまり良い結果ではなかった」と述べている[13]

2006年には仮面ライダー生誕35周年を記念して、大人向け変身ベルト玩具「コンプリートセレクションシリーズ」の第1弾「仮面ライダー新1号 変身ベルト」が発売された。価格は31500円で[14]、子供向け玩具に比べるとサイズや造形を撮影物に近づけた本格的な仕様であり、普段は玩具を購入しない層も含めた大人のファンから高い評価を得た[15]

2008年の『仮面ライダーキバ』では、主人公の相棒モンスター「キバットバットIII世」を組み込んだ「変身ベルト&フエッスル DXキバットバット」が発売。初のキャラクターが付加されたベルトとなった[12]。このころがライダー玩具の転換期であり、『龍騎』のように他アイテムに逸れることなく、変身ベルトを主要玩具とする路線が明確になる[13]。また、従来の「光」と「音」に加えて、キャラクターの「声」も玩具のギミックのテーマとされるようになった[16]

2010年代[編集]

ベルト本体にミニアイテムを装填することで、さまざまな音声や光が発動するギミックが定着する。ミニアイテムは収集欲を刺激することもあって、変身ベルト玩具は大きな人気を得ている[16]。なおギミックは劇中のヒーローが使用するものとまったく同じであることを基本コンセプトとして開発されているが、テレビ番組放映開始と同時に商品を売り出す都合上、音声の収録は番組の第1話撮影よりもかなり前に行われる[17]

参考文献[編集]

  • 『仮面ライダー変身ベルト大全』アスキー・メディアワークス、2009年9月。ISBN 978-4-04-868101-8

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『BLACK』放送当時バンダイは他にもテレビと連動して遊ぶ玩具を販売し、それらを「テレビパワー」シリーズとして商品展開した。テレビ番組『キャプテンパワー』も参照。

出典[編集]

  1. ^ a b 『仮面ライダー熱闘伝』新潮社、2003年7月、p.112。ISBN 4-10-790017-7
  2. ^ a b c 『KODANSHA Official File Magazine 仮面ライダー Vol.1 仮面ライダー1号』講談社、2004年7月、p.32。ISBN 4-06-367086-4
  3. ^ 『語れ!仮面ライダー』KKベストセラーズ〈ベストムックシリーズ〉、2013年4月、p.89。ISBN 978-4-584-20497-9
  4. ^ 『仮面ライダー変身ベルト大全』p.109
  5. ^ バンダイ こどもひろば -バンダイの歴史-”. 株式会社バンダイ. 2013年8月20日閲覧。
  6. ^ 『仮面ライダー変身ベルト大全』p.110
  7. ^ 『仮面ライダー変身ベルト大全』p.111
  8. ^ 『仮面ライダー変身ベルト大全』p.121
  9. ^ a b 『仮面ライダー変身ベルト大全』p.122
  10. ^ 『語れ!仮面ライダー』p.68
  11. ^ 井上敏樹宇野常寛川上弘美「平成仮面ライダーという系譜」『ユリイカ』 9月臨時増刊号(通巻615号)、青土社、2012年8月、p.56
  12. ^ a b c 『仮面ライダー変身ベルト大全』p.123
  13. ^ a b 『仮面ライダー変身ベルト大全』p.124
  14. ^ 『THE 仮面ライダー SUMMER』小学館スペシャル9月号増刊、小学館、2013年8月、p.47
  15. ^ 『仮面ライダー変身ベルト大全』p.125
  16. ^ a b 『語れ!平成仮面ライダー』KKベストセラーズ〈ベストムックシリーズ〉、2013年12月、p.121。ISBN 978-4-584-20532-7
  17. ^ 『語れ!平成仮面ライダー』p.118

関連項目[編集]