立花藤兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

立花 藤兵衛(たちばな とうべえ)は仮面ライダーシリーズに登場する架空の人物。シリーズの重要なキャラクターの一人である。

各作品での立花藤兵衛[編集]

テレビシリーズ[編集]

「初代」の『仮面ライダー』から『仮面ライダーストロンガー』に登場(演:小林昭二)。本郷猛のオートバイにおける師であり、スナックのマスターという役どころで登場。

当初は「立花さん」や「マスター」と呼ばれていたが、のちに「親父さん」と呼ばれるようになった。レーシングクラブや少年仮面ライダー隊では「会長」とも呼ばれている。「おやっさん」とも呼ばれているが、これは劇中で使用された呼び名ではなく、本郷猛を演じた藤岡弘、の癖のあるイントネーションで「親父さん」がそう聞こえることから、後に愛称として定着したもの。『仮面ライダーアマゾン』では挿入歌として、小林昭二の歌唱による『俺は立花藤兵ェだ』が制作され、『仮面ライダーストロンガー』の第4話で使用された。

シリーズによって以下のように職業や立場を変えながら、歴代仮面ライダー及びその戦いに協力した若者たちの後見人として、彼らを物心両面から支えていた。

  • 仮面ライダー』 第1 - 13話 スナックアミーゴ[2][3]のマスターで立花レーシングチームのオーナー。
  • 仮面ライダー』第14 - 73話 立花オートコーナー経営者で立花レーシングクラブ会長。
  • 仮面ライダー』第74 - 98話 少年仮面ライダー隊会長(レーシングクラブは存続しているらしいがレーシングクラブに関する描写はなくなる)
  • 仮面ライダーV3』 少年仮面ライダー隊会長(隊長兼務) 運動具店セントラルを経営しているが、レース活動は継続。
  • 仮面ライダーX』 コーヒーショップCOLのマスターであるが、レース活動は継続。
  • 仮面ライダーアマゾン』 レーサーとして現役復帰。特に店を持たないがエンジニアも兼業しているらしい。
  • 仮面ライダーストロンガー』 無職。レーサー候補生を探す旅の途中でストロンガーと知り合う。

その他に『全員集合!7人の仮面ライダー!!』『不滅の仮面ライダースペシャル』の二本のテレビスペシャルでナビゲーター役を演じている。

エンジニアとしては高い技術を持ち、本郷猛と共同で新サイクロン号を開発し、高坂教授が持ち帰った古代インカ文明の設計図を元にジャングラーを完成させている。トレーナーとしても有能で、歴代仮面ライダーの訓練に協力し、その能力はショッカー側からもイカデビルのコーチ役として招請されるほど高い評価を受けている。格闘の心得もあり自ら戦闘員と戦うこともある。

平山亨プロデューサーによると、『スカイライダー』への出演も検討されたものの、演者の小林は藤兵衛役を卒業したいと言ってその依頼を断り、以降の作品には登場していない。また、「功績を認められてICPOに加入した」という設定をした雑誌もあったが、『真・仮面ライダー 序章』での石ノ森章太郎へのインタビューでは、「ライダーたちに関わればまた手助けしてくれるでしょうが、それまでの出会いの多くも偶然ですから、また会えるかどうかわかりませんね」と語っている。

『仮面ライダーV3』[編集]

前作に引き続きライダーたちを支援し、特訓の補助や精神的なアドバイスをしている。本作ではスポーツショップ「セントラル・スポーツ」(46話では立花スポーツ店)を経営する傍ら引き続き少年ライダー隊の会長も務めており、滝が渡米したため隊長も兼任している(隊員達からは「会長」と呼称)。

『仮面ライダーX』[編集]

第5話から登場。デストロン壊滅後、元々の稼業の一つであった喫茶店を新たに開業。束の間の平和な日々を過ごしていたが、GODによる幼稚園バス消失事件にて、COLでこれに関するラジオを聴いていた際に敬介と知り合う。また、トンネル近くで涼子によって、罠にはめられそうなところを敬介に助けられた。その後、崖で倒れ気絶し敬介と霧子によってCOLに運ばれ事情を聞いた上で、風見志郎=V3に続くライダーである彼に協力してショッカーから都合4度目の新たな戦いに参加することになる。

志郎が去った後もデストロンノイローゼに悩まされており、初めて会ったカイゾーグである敬介を怪しんで「デストロンの怪人じゃないか」と疑った。

経緯や素性は前組織から情報を引き継いだGOD設立時より知られており、GOD総司令からも「要注意人物」とされていた。父親を失った敬介にとって信頼できる存在で、歴代のライダーからも慕われている。劇場作品で五人ライダーが揃った時にも、大きく喜ぶ様が描かれていた。

住居で敬介との連絡場でもあるコーヒーショップ「COL」はアポロガイストなどが人間態で乗り込むなど素性がGODに知られており、店内が戦場になることもあった。店が怪人に荒らされた際にはGODに修理代を請求しようと息巻く場面が見られた。所在地は多摩区生田町である。

『仮面ライダーアマゾン』[編集]

第3話から登場。以前のように店は経営しておらず、自身がバイクレーサーとして活動していた。

バイクレースに出場中、カマキリ獣人に襲われるがアマゾンに救われる。前作『X』同様にアマゾンの変身を目の当たりにし、瞬時に「仮面ライダー」と認めた。以後は第4話でジャングラーを制作するなどしてアマゾンをサポートし、ともにゲドンやガランダー帝国と戦う。高坂博士とも知り合いで、まさひこやりつ子のことも知っていた。

誤認で警察に捕まったアマゾンの身元引受人を買って出たこともある。ゲドンとの戦いの後はアマゾンをバイクレーサーにしようと考え、育てている。

『仮面ライダーストロンガー』[編集]

第3話より登場。ブラックサタンの存在を知り、茂やユリ子に協力する。『X』や『アマゾン』の時とは違い、新しい仮面ライダー(ストロンガー、タックル)と対面しても驚いた描写はなかった。茂からは「オヤジさん」、ユリ子からは「おじさん」と呼ばれている。

以前のように定住しておらず、ジープで茂やユリ子の旅に同行している。前作までのような協力者というよりは、コメディーリリーフ的要素がやや強くなっている。人質にされることもあったが、的確なアドバイスや戦闘員とも互角に戦うことに関しては変わっていない。

ブラックサタン壊滅後は茂らとともにひと時の平和を味わうが、新たに登場した鋼鉄参謀にストロンガーがまったく敵わないのを見て、デルザー軍団に驚異を感じる。ドクターケイトの毒に侵されたユリ子の身を案じながらも、茂にはこのことは伏せるように彼女から頼まれる。彼女が戦死した後、その墓前でデルザー軍団の打倒を誓う。

ストロンガーの強化を経て次々と帰国する歴代ライダーの取りまとめ役も行い、デルザー軍団壊滅後は長い戦いが終わったことを悟った。7人ライダー全員から「オヤジさん」と呼ばれ、最後まで仮面ライダーの父親的な立場を演じた。

テレビシリーズを元にした作品[編集]

ゲーム『仮面ライダーV3』
プレイステーション用の『仮面ライダーV3』に登場。ライダーの特訓に付き合うだけでなく、デストロンの怪人や自分自身の特訓も行う。ストーリーモードでプレーヤーキャラクターとなることはないが、対戦モードでは一定条件を満たすとプレーヤーキャラクターとなり、怪人を倒すことも可能である。使用する技については、仮面ライダー (プレイステーション版)を参照。
漫画作品『仮面ライダーSPIRITS
仮面ライダーZX』を描く作品で、容貌も役どころもTV版に準じたキャラクターとして登場している。ここでは電波人間タックル・岬ユリ子の死に懲りて、デルザー軍団戦を最後に戦いへの参加を拒んだとされている。ストロンガー=城茂とバイク修理店を営んでいた。滝和也と再会し、バダンとの戦いに巻き込まれたのを機に再び立ち上がり、仮面ライダーZXと歴代仮面ライダーの戦いを支援する。TV版では谷源次郎とは旧知との設定があるが、本作では初対面のシーンがある。

『仮面ライダー THE FIRST』[編集]

仮面ライダー THE FIRST』では、オートバイショップ「立花レーシング」の主人という設定。本郷猛の身に変化があったことを見抜き(改造人間にされたことまで気付いたかどうかは不明)、自ら製作したものの並の人間には使いこなせないマシンサイクロン1号を託した。

劇中では言及されていないが、公式設定では一文字隼人が使用するサイクロン2号も藤兵衛の手によるものである。演じるのは宮内洋

『仮面ライダーSD』[編集]

1号から仮面ライダーBLACK RXまでの歴代の仮面ライダーや、地獄大使ら悪の幹部らを二頭身にデフォルメしたアニメ作品の『仮面ライダーSD』にも登場。TV版のキャラクターをデフォルメした容貌で、声の出演も小林昭二本人が担当している。

平成仮面ライダーシリーズ関連作品[編集]

劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼
『仮面ライダー響鬼』の劇場版。テレビ版の『響鬼』でライダー達をサポートしている人物・立花勢知郎(ヒビキは「おやっさん」と呼んでいる)の戦国時代における先祖。演じるのは立花勢知郎と同じ下條アトム
MASKED RIDER DEN-O EDITION -1971年4月3日-
HERO SAGA』の1エピソードで、『劇場版 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事』の後日談。2008年の段階でいまだ健在であったが、ネガタロスと電王たちの騒動に巻き込まれてしまう。デンライナー内に保護されるが、ネガタロスを追って着いた1971年4月3日で、本郷を改造人間にしないために飛び出してしまう。その後、ネガタロスによって本郷猛が改造人間にはならなかったという歴史が生まれてしまい、オーナーとともにそれを修正することとなる。
MASKED RIDER DECADE EDITION -ストロンガーの世界-
『HERO SAGA』の1エピソードで、「ストロンガーの世界」の人物として登場。門矢士を城茂と間違える。
KAMEN RIDER OOO EDITION -OOZ-
『HERO SAGA』の1エピソードで、『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』の後日談[3]。名前のみ登場。火野映司 / 仮面ライダーオーズが先輩ライダー達のことを調べようと彼が作ったデータベースで調べていた。

原作者の漫画作品と関連作品[編集]

仮面ライダー
原作者の石ノ森章太郎が執筆した『仮面ライダー』では、本郷家の執事として登場。本郷猛の父の代から本郷家で働き、猛を「ぼっちゃま」と呼んで仕えている。猛の秘密を承知し、戦いをサポートしている点はTV版と変わらないが、猛を主人として執事の立場に徹しているため、叱咤激励したりコーチ役を務めたりすることはない。猛の願いで、管理していた本郷家の財産をつぎ込み、本郷邸の地下にライダーの戦いを支援する巨大な研究所を建設した。猛の戦死後もその研究所を管理し、仮面ライダー・一文字隼人を支援している。風貌は頭が禿げ上がり、口ひげをたくわえた老人で、この点でもTV版とは大きく異なっている。
仮面ライダーアマゾン
原作者の石ノ森章太郎が執筆した『仮面ライダーアマゾン』では、漫画『仮面ライダー』と同じ容姿で登場するが、登場するライダーはアマゾンのみのため、関係性は不明。
仮面ライダーEVE-MASKED RIDER GAIA-
早瀬マサトによる小説作品。石ノ森章太郎が執筆した『仮面ライダー』の続編。同一の役どころで登場し、主人公をはじめとする歴代仮面ライダーの戦いをバックアップしている。第二次世界大戦中に、妻と生き別れになったというオリジナル設定も付加されている。

その他のコミカライズ作品 / 小説作品[編集]

小説 仮面ライダー
喫茶アミーゴのマスターであり、緑川家の使用人という漫画版とTV版の設定を組み合わせたような設定となっている。
KIKAIDER00
新聞記者にスカルマン(正体は仮面ライダー)は人類の平和の為に戦っているのだと説いている。
すがやみつるのコミカライズ
冒険王』に執筆した『仮面ライダーストロンガー』を除く歴代仮面ライダーのコミカライズに登場。その容貌は石ノ森版、性格や役どころはTV版に準じている。
山田ゴロのコミカライズ
テレビランドに執筆した『仮面ライダー』に登場。すがやみつる版同様に、「容貌は石ノ森版」「性格や役どころはTV版」となっている。

その他にも仮面ライダーシリーズのコミカライズ作品は多数あるため、多くの漫画家にその姿が描かれているが、ページ数が限られアクション主体になる幼年誌の掲載作品では登場しないケースもある。

立花藤兵衛を演じた人物[編集]

小林昭二
『仮面ライダー』から『仮面ライダーストロンガー』までの作品だけでなく、『仮面ライダーSD』でも声を担当。『とんねるずのみなさんのおかげです』でのパロディー『仮面ノリダー』『仮面ノリダーV2』や、『ウルトラマンゼアス・パロディ篇』でも立花藤兵衛を演じた。
宮内洋
『仮面ライダー THE FIRST』で立花藤兵衛を演じた。宮内洋は『仮面ライダーV3』にて主役の風見志郎/仮面ライダーV3を演じ、先の小林昭二とも共演している。
下條アトム
仮面ライダー響鬼』で立花勢地郎(おやっさん)を演じ、『劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼』では、その先祖として立花藤兵衛を演じた。

[編集]

  1. ^ 「『仮面ライダー』ロケ地探訪」『全怪獣怪人』下巻、勁文社1990年11月30日、473頁。C0676。ISBN 4-7669-1209-8
  2. ^ アミーゴの名称は、ロケで使用した店舗の名称をそのまま使用している[1]
  3. ^ a b オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』では、藤兵衛は登場しないが、歴史が変わった後の2011年において廃墟化したスナックアミーゴが登場する。

関連項目[編集]