10号誕生!仮面ライダー全員集合!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
仮面ライダーシリーズ > 仮面ライダーZX > 10号誕生!仮面ライダー全員集合!!
10号誕生!仮面ライダー全員集合!!
ジャンル 特撮ドラマ
放送時間 9:00 - 9:54(54分)
放送期間 1984年1月3日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 毎日放送東映
監督 山田稔
原作 石森章太郎
脚本 平山公夫
プロデューサー 平山亨阿部征司
出演者 菅田俊
宮内洋
山口豪久
高杉俊价
中屋敷鉄也
潮健児
音声 モノラル放送
オープニング 串田アキラ
ドラゴン・ロード
エンディング 藤浩一、メール・ハーモニー
レッツゴー!! ライダーキック
テンプレートを表示

10号誕生! 仮面ライダー全員集合!!』(じゅうごうたんじょう! かめんライダーぜんいんしゅうごう!!)は、1984年昭和59年)1月3日9:00 - 9:54(JST)にTBS系列で放映された東映毎日放送制作の特撮テレビドラマ作品である。

あらすじ[編集]

悪の組織バダンは、時空破断システムを完成させ、世界を我が手中におさめんと行動を開始した。そのバダンに姉を殺され、自らも改造人間にされた村雨良は、バダンのアジトを叩き潰すべく時空破断システムに使われるエネルギー源として輸送されているバダンニウム84の行方を追ったが、そこで彼は同じ目的を持った異形の戦士たちと出会う。彼らこそ自分たちと同じ改造人間の哀しみを背負った正義の戦士・仮面ライダーだった。やがてバダン時代の親友・三影英介との宿命の戦いを経て良は仮面ライダー10号としてバダンとの決戦に臨む。

概要[編集]

本作は1982年(昭和57年)に石森章太郎が発表した「新しい仮面ライダー」のイラストを元に、児童誌記事を中心に雑誌媒体で展開したオリジナル作品の映像化である。まず「ZX」の名称の公募が行われ、菅田俊のキャスティングがあり[1]、月刊誌でのフォト・ストーリー展開、絵本の発売、主題歌『ドラゴン・ロード』のレコード発売、ラジオでの特別番組など、1983年(昭和58年)いっぱいに続けられたメディアミックス形式のスペシャル版総集編として制作された。

東映平山亨プロデューサーの定年退職(以後も嘱託職で残った)記念作品であり、サブプロデューサーに阿部征司 、 アクションを大野剣友会が担当、監督は山田稔、ナレーションは中江真司、EDテーマは子門真人(クレジットは藤浩一)、音楽は菊池俊輔といった従来のスタッフによる、最後の仮面ライダー作品となった[2]。のちに『仮面ライダーBLACK』以降の仮面ライダーシリーズの製作を一手に担うこととなる東映テレビプロの制作による初の仮面ライダー・テレビ作品で、当時現存していた旧来の効果音を交えつつ、『バトルフィーバーJ』以降のスーパー戦隊シリーズ等を担った大泉音映が効果音を当てた。

デストロンのカミソリヒトデ、ゲドンの獣人大ムカデ、ネオショッカーのガメレオジン、ドグマのカマキリガンなどを登場させ過去のシリーズとの関連性を印象づけた。 OP映像は、主に『仮面ライダー 8人ライダーVS銀河王』から流用している。

本作の劇中音楽は新たに制作されていない。そのため、初代から『スーパー1』までの劇伴や、挿入歌では1号からスーパー1の名乗りシーンに使用した『スーパー1』の「九人ライダー永遠に」、クライマックスの戦闘シーンに初代の「ライダーアクション」と『新・仮面ライダー』の「輝け! 8人ライダー(水木一郎版)」と過去に菊池が手がけた楽曲が多く流用されている。

キャストに関しては風見志郎(V3)・結城丈二(ライダーマン)・沖一也(スーパー1)がオリジナルキャストで変身前から登場しているが、彼らは劇中で村雨に見せたVTRを除いて、直接変身をしない。1号・X・アマゾン・ストロンガー・スカイライダーは素顔を見せず、声も声優が演じた(VTRで過去の変身シーンが当時の音声で登場したのみ)。ただし、神敬介(X)役の速水亮は、後年「声が掛かればやっていた」と語っていて、平山Pは「売れっ子だったから無理だろうと思ってオファーしなかった」として、速水のこのコメントを聞いて残念がっている。2号は、素顔の一文字隼人を演じた佐々木剛が声を担当したものの、当時は自宅の火災で大やけどをしていたため、直接に変身前の姿は見せなかった(やはりVTRで初登場時のシーンが使われたのみである)。城茂(ストロンガー)役の荒木しげるの出演も検討されたが、他のスケジュールとの兼ね合いから出演は見送られた。

主役の村雨良が劇中で乗っているバイクは、菅田俊自身の愛車だった。また本作は、ライダーマン / 結城丈二役の山口豪久の遺作であり、この頃は既にに冒されており、体調の悪い中での出演だったという。 ライダーマンのスーツアクターは、無名時代の唐沢寿明(当時・唐沢潔)である[3]

長らく、ほかの作品でライダーを演じた役者が同じ役で別のライダー作品に出演、いわゆる「客演」をした最後の作品だった[4]。また、『仮面ライダーBLACK』では世界観が一新されたため、シリーズ第1作から本作まで続いてきた物語も一旦区切りを着けていた。ただし、『仮面ライダーBLACK RX』の終盤の展開において10人の仮面ライダーがゲスト出演となり、1号~ZXとBLACK~RXの二つの世界観を繋げる形になり『先輩「10人の仮面ライダー」とRX』としての活躍が描かれた。

キャスト[編集]

声の出演[編集]

スーツアクター[編集]

  • 仮面ライダーZX[5][6]城谷光俊
  • タイガーロイド:山口仁[6]渥美博
  • 仮面ライダーV3:矢車武
  • ライダーマン[3]唐沢潔
  • 仮面ライダースーパー1[5]:中屋敷鉄也
  • 仮面ライダーX、仮面ライダーアマゾン:塚田亘
  • スカイライダー:渥美博
  • 仮面ライダーストロンガー:新堀和男、手塚俊孝

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ[編集]

ドラゴン・ロード
前年のメディア展開の中で発表されたオリジナル曲で、本作では主題歌使用となった。

エンディングテーマ[編集]

レッツゴー!! ライダーキック
  • 作詞:石森章太郎 / 作曲・編曲:菊池俊輔 / 歌:藤浩一(子門真人)、メール・ハーモニー
第1作『仮面ライダー』のオープニングテーマ。

映像ソフト化[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 当初は金子光伸が演じる予定だった。
  2. ^ 「ヒーローファイル 仮面ライダーシリーズ(昭和)」『甦る!石ノ森ヒーローファイル』 Gakken〈Gakken Mook〉、2013年9月10日、27頁。ISBN 978-4-05-610166-9
  3. ^ a b 仮面ライダーをつくった男たち 1971・2011』 講談社、2011年、p.260
  4. ^ TVシリーズでは2009年の「仮面ライダーディケイド」まで25年間、映画を含めると2008年の「劇場版 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事」の24年間。
  5. ^ a b 『大野剣友会伝 ヒーローアクションを生んだ達人たち』 風塵社1999年7月15日ISBN 4-938733-69-2
  6. ^ a b 村枝賢一仮面ライダーSPIRITS』第5巻、講談社2003年9月22日ISBN 4-06-349144-7