奥多摩湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小河内ダム
小河内ダム
左岸所在地 東京都西多摩郡奥多摩町大字原5番地
位置
河川 多摩川水系多摩川
ダム湖 小河内貯水池 (通称:奥多摩湖)
ダム諸元
ダム型式 重力式コンクリートダム
堤高 148.0 m
堤頂長 353.00 m
堤体積 1,675,680
流域面積 425.0 km²
湛水面積 1,150.0 ha
総貯水容量 189,100,000 m³
有効貯水容量 185,400,000 m³
利用目的 上水道発電
事業主体 東京都水道局
電気事業者 東京都交通局
発電所名
(認可出力)
多摩川第一発電所
(19,000kW
施工業者 鹿島建設
着工年/竣工年 1936年/1957年
出典 『ダム便覧』小河内ダム [1]
備考 工事中断: 1943年 - 1947年
テンプレートを表示
奥多摩湖
奥多摩湖の航空写真。1976年度撮影
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

奥多摩湖(おくたまこ、英語: Lake Okutama)は正式名称を小河内貯水池(おごうちちょすいち、英語: Ogōchi Reservoir)と言い、東京都西多摩郡奥多摩町山梨県北都留郡丹波山村、同県同郡小菅村に跨る東京都水道局管理の人造湖(貯水池)である。

1957年昭和32年)多摩川小河内ダム(おごうちダム)によって堰き止めて造られた。竣工当時、水道専用貯水池としては世界最大規模の貯水池であった。現在も水道専用貯水池としては日本最大級を誇る。現在、東京都の水源利根川水系を主としているが、渇水時の水瓶として極めて重要な役割を担っている。また、東京都交通局の発電施設(多摩川第一発電所)も併設されており、発電された電気は東京電力へ売却され、奥多摩町・青梅市などの多摩地区に電力を供給している。

湖畔には様々な見どころ・観光施設があり、首都圏のオアシスとしても親しまれている。

歴史[編集]

建設計画自体は昭和初期に遡る。だが、ダム建設予定地である旧小河内村の用地買収の難航、着工寸前に起こった神奈川県との水利権を巡る水利紛争、戦争激化による建設工事の中断等により、着工から19年の歳月をかけて竣工した。

奥多摩湖に流入する河川[編集]

  • 丹波川(多摩川) - 小菅川 - 峰谷川

東京水道水源林[編集]

奥多摩駅下流から多摩川上流を形成する奥多摩山域奥秩父山塊の山麓の森林で秩父多摩甲斐国立公園の指定区域にあり、奥多摩湖および日原川の源流部が東京水道水源林として水源の森百選に指定されている[2]

山岳 面積(ha) 標高(m) 人工林(%) 天然林(%) 主な樹種 制限林 種類 流量(m3/日)
大菩薩嶺 21,628 500~2100 30 70 スギヒノキミズナラシオジツガカラマツ 水源かん養保安林、土砂流出防備保安林、保健保安林、鳥獣保護区 流水(奥多摩湖)     不明

東京都の重要な上水道源である奥多摩湖の保全を目的に、奥多摩から山梨県北都留郡にまたがる、東西約31km、南北約20kmの日本でも有数の水源林地帯である。

所在地:東京都西多摩郡奥多摩町 山梨県甲州市・北都留郡丹波山村及び小菅村

備考[編集]

戦前の旧小河内村
  • 石川達三著『日蔭の村』(1937年(昭和12年)10月刊行)によって、ダム建設開始までの旧小河内村の状況が紹介された。
  • ダム建設にあたり、旧小河内村と山梨県丹波山村及び小菅村の945世帯約6,000人が移転を余儀なくされた。中でも旧小河内村は、その大部分が水没した。移住先の一つに山梨県北巨摩郡高根町(現在の北杜市)近辺があり、彼らはその後小海線清里駅清里高原)周辺に再移住し、清里高原における農業畜産観光業の発展に大きく寄与した。
工事殉難者慰霊碑
  • 建設中に東京都職員や建設会社社員、下請作業員ら87名が殉職し、現在では湖畔に慰霊碑が建てられている。
小河内ダム竣工記念切手初日カバー
  • ダム竣工にあたり、竣工式当日に小河内ダム竣工記念の額面10円の記念切手が発行された。
  • 1937年(昭和12年)、旧小河内村を歌った「湖底の故郷」(島田磐也作詞・鈴木武雄作曲・東海林太郎唄)がレコード発売され大ヒットした。戦後この歌の歌詞を刻んだ碑が奥多摩湖左岸に建てられた。碑の除幕式には村人たちが招待され、東海林が歌うと参列者の嗚咽がそこかしこから聞こえた。

湖の周辺[編集]

  • 湖の西端からは多摩川(上流域(山梨県内)では丹波川(たばがわ)とも呼ばれる)が、南西から小菅川がそれぞれ奥多摩湖に流れ込んでいる。また、東端からは多摩川が流れ出している。
  • 湖のすぐそばに小河内神社がある。
  • 湖面は水道専用貯水池のため、水質管理上(水質汚染防止等)開放されていないが、周辺はの名所として知られている。
  • 旧小河内村には「鶴の湯温泉」と言う湯治場が存在していた。ダム竣工に伴う湯治場の水没により源泉からの汲み上げポンプを設置した。しかし長年活用されず「幻の温泉」と言われていた。その後、汲み上げポンプを補修・整備し1991年平成3年)、「鶴の湯温泉」として正式に復活した。
奥多摩 水と緑のふれあい館
集落の跡に放置され、木々に埋もれたオート三輪
周辺にはダム竣工時の水没からは免れたものの、当時事実上の孤島となった集落の面影が散見でき、当時放置されたと思われる、木々に埋もれたオート三輪も見つける事が出来る。


奥多摩湖の浮橋[編集]

麦山浮橋
保存されたドラム缶橋

湖面には麦山浮橋と留浦浮橋の2つの浮橋が架けられている。これらの橋は当初浮体にドラム缶を用いていたことから、今でも通称「ドラム缶橋」と呼ばれている。現在の橋ではドラム缶をやめ、ドラム缶に類似の形状の合成樹脂製の浮体が用いられている。

この橋は歩行者専用で、下流側の麦山浮橋は国道411号と奥多摩周遊道路を結んでおり、奥多摩の観光名所として知られている。

渇水時など、貯水量が減少した際には撤去される。

交通アクセス[編集]

道路[編集]

公共交通機関[編集]

  • 奥多摩駅から西東京バスの路線バスが運行されている。小河内ダムそばの奥多摩湖バス停まで約15分、340円。1時間当たり1〜2本が運行されている。
  • 小河内ダム建設の際に日本国有鉄道青梅線氷川駅(現・東日本旅客鉄道青梅線奥多摩駅)からダムサイト近くの水根駅まで、建設資材輸送専用の東京都水道局小河内線が敷設され、直営運行していた。観光開発のために旅客線化も一部で構想されたが、工事終了以来休止のまま(事実上廃止状態)となっている。休止後も橋梁や隧道等の設備が残っている。
  • 1960年代の一時期には湖上を横断するロープウェイ小河内観光開発株式会社・川野ロープウェイ)が営業していたが、数年で運行休止(事実上廃止)となっている。休止後も駅等の設備が残っている。
    小河内観光開発 三頭山口駅跡

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]