ロボジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロボジー
ROBO-G
監督 矢口史靖
脚本 矢口史靖
製作 亀山千広
新坂純一
寺田篤
製作総指揮 桝井省志
出演者 五十嵐信次郎
吉高由里子
音楽 ミッキー吉野
主題歌 五十嵐信次郎とシルバー人材センター「MR.ROBOTO
撮影 柳島克己
編集 宮島竜治
製作会社 フジテレビジョン
東宝
電通
アルタミラピクチャーズ
配給 東宝
公開 日本の旗 2012年1月14日
上映時間 111分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 11.6億円
テンプレートを表示

ロボジー』(ROBO-G)は、2012年1月14日に公開された日本の映画作品

概要[編集]

電器メーカーの技術者が老人にロボットを演じさせてしまうという痛快ドタバタ・コメディ。監督は『ハッピーフライト』の矢口史靖。主演は『日輪の遺産』のミッキー・カーチスが五十嵐信次郎の名義で出演した。

キャッチコピーは「変形しない。戦わない。働きもしない。そんなロボットに 日本中が恋をした--。」。

全国278スクリーンで公開され、2012年1月14、15日の初日2日間で興収2億234万100円、動員16万4,694人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第1位となった[1]。また幅広い層から支持を受け、ぴあ初日満足度ランキング(映画生活調べ)でも第1位となっている。最終興行収入は11.6億円[2]

ストーリー[編集]

会社の宣伝のため、わずか3ヶ月の開発期間で二足歩行型ロボット「ニュー潮風」を作るよう社長から命じられた、木村電器社員の小林、太田、長井の3人。

発表の場であるロボット博覧会開催の1週間前、落下事故によりロボット本体が破損し、ソフトを全て失ってしまう。

解雇を恐れた3人は、ニュー潮風の外装に人がはいり、ロボット博を乗り切ることを計画する。

3人は、ロボットの着ぐるみショーの俳優を公募し、選ばれたのが、隠居生活を送る鈴木重光。鈴木は着ぐるみショーであると信じてロボットの中にはいり、ロボット博に参加する。

その会場で、倒れてきた柱の下敷きになりかけたロボットオタクの女子大生、佐々木葉子をニュー潮風鈴木がとっさに助けたため、ニュー潮風は、一夜にして日本中のヒーローとなった。

日本各地から出演依頼が殺到し、引っ込みがつかなくなった3人は、鈴木に真相を打ち明けて、ニュー潮風役の継続を依頼する。

鈴木は激怒し、いったんは3人を追い返すが、困窮しきった3人に同情して依頼を受ける。

見返りとして、鈴木は、出演先での最高のホテルへの宿泊や食事など、破格の待遇を要求する。

鈴木に弱みを握られ、経済的に逼迫する3人だったが、ニュー潮風の追っかけをするほどのファンとなった葉子から、大学のロボット研究会主催の講演依頼を受け、報酬をもらうことで一息ついた。

始めは金のために講演依頼を受けた3人だが、学生たちの真摯な研究態度に感銘を受けて交流を続け、ニュー潮風の再開発を始める。

卒論のテーマをニュー潮風とした葉子は、就職活動のために木村電器を訪れるが、ロボット開発部に新人が加わることでニュー潮風の秘密が発覚することを恐れた太田が、葉子に冷たい言葉を浴びせる。

失意の中、葉子はニュー潮風の中に人間がはいっている証拠をつかんで激昂、地元テレビ局の伊丹による木村電器告発に協力を始める。

同じころ、海外の研究者からニュー潮風がニセモノではないかとの指摘があり、木村電器社長は、疑いを晴らすために記者会見を設定する。

伊丹は鈴木に接近し、ニュー潮風に人がはいっている証拠をつきつけ、記者会見の場で正体を明かして欲しいと鈴木に依頼する。

いよいよ記者会見の日。葉子は、ロボット研究会の男子学生に、小林から預かった封筒を手渡される。

中身は小林ら3人が苦労の末に作り上げた、ニュー潮風の図面だった。

3人が真摯にロボット開発に取り組んでいることを確信した葉子は、伊丹による告発をやめさせるべく、木村電器ロボット開発部の記者会見会場に急ぐ。

葉子が会場に到着すると、ニュー潮風の頭部を開けて中身を撮影しようとする伊丹と、その伊丹から逃げ回るニュー潮風鈴木の姿がある。

やがて、多数の記者が見守る中、ニュー潮風は会場の3階の窓から地上へと落下し、大破してしまった。

1年半後、ロボット開発部の4人はニュー潮風2を開発するが、発表の場である国際ロボット会議の直前に、事故でロボットが破損してしまう。

隠居生活を送る鈴木のもとに、突如として4人が訪れるのだった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督・脚本:矢口史靖
  • エグゼクティブプロデューサー:桝井省志
  • 企画:石原隆市川南、阿比留一彦、小形雄二
  • 企画協力:佐々木芳野
  • 製作:亀山千広、新坂純一、寺田篤
  • プロデューサー:稲葉直人、堀川慎太郎、土本貴生
  • 撮影:柳島克己
  • 美術:新田隆之
  • 装飾:秋田谷宣博
  • 録音:郡弘道
  • 照明:長田達也
  • 編集:宮島竜治
  • キャスティング:南谷夢
  • ライン・プロデューサー:前村祐子
  • 製作担当:花岡佐知子
  • 助監督:山口晃二
  • ロボットデザイン:清水剛

ロボット協力[編集]

音楽[編集]

ロケ地[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]