米村正二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

米村 正二(よねむら しょうじ、1964年 - )は日本脚本家。出身は福岡県

略歴[編集]

主にアニメ脚本を手がけている。東京造形大学デザイン科卒業後、イベント業、専門学校教員、荒川CATV等のフリーライターなどの職を転々とする中、様々なフィルムフェスティバルに参加。その後シナリオ講座にて柏原寛司らに師事した後、第7回大伴昌司シナリオ賞を受賞、脚本家に転身している。

Sh15uya』にて特撮作品の初メインライターを担当。この作品を通じて東映の白倉伸一郎プロデューサーと関わりを持ち、平成仮面ライダーシリーズには『響鬼』の第38・39話で初参加し、『カブト』ではメインライターを務める。2009年の『ディケイド』では、サブライターを経て終盤の脚本を多く手掛け、劇場版も2作執筆するなど、諸事情で降板した會川昇の後を継ぐ形で中盤以降の実質的なメインライターを務めた。その後も『超・電王トリロジー EPISODE YELLOW』、『レッツゴー仮面ライダー』、『スーパーヒーロー大戦』といった劇場版の脚本に多く関わっている。『電王』、『キバ』、『オーズ』でもサブライターを務める。

主な作品[編集]

太字の作品ではシリーズ構成、またはメインライターを担当している。

アニメ[編集]

テレビアニメ[編集]

映画[編集]

OVA[編集]

実写作品[編集]

特撮[編集]

映画[編集]

DVD[編集]

  • 仮面ライダーオーズ 超バトルDVD クイズとダンスとタカガルバ

ネットムービー[編集]

小説[編集]

舞台[編集]

映画出演[編集]