天使と悪魔 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロバート・ラングドンシリーズ > 天使と悪魔 > 天使と悪魔 (映画)
天使と悪魔
Angels & Demons
監督 ロン・ハワード
脚本 デヴィッド・コープ
アキヴァ・ゴールズマン
原作 ダン・ブラウン
天使と悪魔
製作 ブライアン・グレイザー
ジョン・コーリー
製作総指揮 トッド・ハロウェル
ダン・ブラウン
出演者 トム・ハンクス
アイェレット・ゾラー
ユアン・マクレガー
ステラン・スカルスガルド
音楽 ハンス・ジマー
撮影 サルヴァトーレ・トチノ
編集 ダニエル・P・ハンリー
マイク・ヒル
製作会社 イマジン・エンターテインメント
配給 ソニー・ピクチャーズ
公開 2009年5月15日
上映時間 138分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $150,000,000[1]
興行収入 $485,930,816[1]
前作 ダ・ヴィンチ・コード
次作 ロスト・シンボル
テンプレートを表示

天使と悪魔』(Angels & Demons)は、2009年公開のアメリカ映画5月15日のアメリカ公開を筆頭に世界各地で同時期に一斉公開された[2]。原作はダン・ブラウンの同名小説『天使と悪魔』。同作者による小説『ダ・ヴィンチ・コード』を映画化した2006年のヒット映画『ダ・ヴィンチ・コード』の続編となり、主人公も同一である。原作においては『天使と悪魔』がシリーズ第1弾であり、続編が『ダ・ヴィンチ・コード』であるが、映画では時系列を入れ替えている。また、『ダ・ヴィンチ・コード』が原作にほぼ忠実だったのに対し、本作はかなり脚色が加えられている。

監督は前作に引き続きロン・ハワード、その他の主なスタッフも続投している。ただし脚本には新たにデヴィッド・コープを迎え入れ、原作者ダン・ブラウンは今回は製作総指揮のみで脚本には参加していない。主人公のロバート・ラングドン役も前作に引き続きトム・ハンクスが演じる。ヒロインのヴィットリア・ヴェトラ役は、ナオミ・ワッツが筆頭候補だったが、最終的にはイスラエル人女優のアイェレット・ゾラーが抜擢される形となった[3]

映画のパンフレットやジャケット等で使われている右面が天使、左面が悪魔になっている像(天使と悪魔像)は彫刻家マーティンス・ミートンが本作のために制作した架空の像でありバチカン周辺に実在していない。そのため映画を鑑賞した多くの人から誤解をよんだ。


キャスト[編集]

役名 俳優 劇場版日本語吹替
ロバート・ラングドン トム・ハンクス 江原正士
パトリック・マッケンナ(カメルレンゴ ユアン・マクレガー 平田広明
ヴィットリア・ヴェトラ アイェレット・ゾラー 相沢恵子
リヒター ステラン・スカルスガルド 村井国夫
オリヴェッティ ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ 小山力也
ミスター・グレイ(ハサシン) ニコライ・リー・カース 咲野俊介
シャルトラン トゥーレ・リントハート 鳥海勝美
シュトラウス アーミン・ミューラー=スタール 有川博
シメオン神父 コジモ・ファスコ 金尾哲夫
シルバーノ・ベンティヴォリオ カーメン・アルジェンツィアノ 丸山詠二
エブナー カート・ローウェンズ 佐々木敏
バッジア:プリフェリーティ マーク・フィオリーニ 伊井篤史
アメリカ人リポーター スティーヴ・ケーラ 阿部祐二
フィリップ ゼイヴィア・J・ネイサン 伊藤和晃
クラウディオ・ヴィンチェンジー デヴィッド・パスクエジ 今拓哉
ベック ランス・ハワード 丸山詠二
ペトロフ エリヤ・バスキン 佐々木敏
コルバート スティーヴ・フランケン 向井修
ヴァレンティ ヴィクター・アルフィエリ 村治学
バックマン ジョナス・フィッシュ 根本泰彦
案内人 アンナ・カタリーナ 一柳みる
科学者 エンドレ・ヒューレス 石井隆夫
シェリル・ハワード 東條加那子
イギリス人リポーター ウルスラ・ブルックス 小宮山絵理
イギリス人リポーター2 ラシュミ タルタエリ
司祭 エイダン・ブリストフ 五王四郎
ウェバー トーマス・モリス 白石充
抗議する男性 ラフィ・ディ・ブラシオ 永田昌康
抗議する女性 ヴァーナ・サルヴィアッティ 小幡あけみ
警官 ホセ・アセベド 中嶋将平
隊員 トッド・シュナイダー 竹内良太
隊員2 エマニュエル・セッチ 長島真祐
カメラマン デイヴ・ジョンソン 佐藤健輔

スタッフ[編集]

日本語版

原作および前作映画との相違点[編集]

  • 前作では原作のキリスト教等の歴史の説明などをフラッシュバックにより細かく説明していたが、本作ではドラマ要素が濃く、原作で説明されていたイルミナティの経緯、悪魔崇拝の話、反物質の説明等がほとんど省かれており詳しく説明されていない。
  • 原作では物語の鍵を握るCERNの長官マクシミリアン・コーラーが登場しない。
  • 原作ではCERN内部の紹介などSFに近い科学的要素を盛り込んだ作品となっているが、本作では舞台はあくまでローマのバチカン周辺で物語が展開されており、内容も前作の流れを汲んだ宗教要素を全面に出した現実的な作品となっている。
  • 原作では惨劇の発端となったカメルレンゴの生い立ちの秘密がほとんどが省かれ、中でも出生の秘密が描かれていない。
  • オリヴェッティの役職がスイス衛兵隊長からジェンダルメリア警部に変更されており、性格も違う。
  • 原作にはいないリヒターがスイス衛兵隊長になっており、オリヴェッティの性格とコーラーの役どころを合わせたキャラクターになっている。
  • カメルレンゴの名前が、演じるユアン・マクレガーの人種にあわせてカルロ・ヴェントレスカからパトリック・マッケンナに変更された。
  • 原作で最初に殺害される司祭であり科学者のレオナルド・ヴェトラがシルバーノ・ベンティヴォリオと名前が変更され、ヴィットリアと父子という設定が捨象されている。
  • 大選皇枢機卿の名前が、モルターティからシュトラウスに変更された。
  • 原作ではラングドンはコーラーから呼ばれ、アメリカからX-33に乗ってスイスのCERNまで行きその後バチカンへ向かうが、映画ではアメリカにたまたま出張に来ていたバチカンの使者からから呼ばれアメリカからバチカン専用のジェット機で直接バチカンへ行く。
  • 原作では「イルミナティダイヤモンドとは何か」が物語後半まで重要な要素とされているが、本作では「イルミナティダイヤモンド」を軸とした構成が完全に捨象され、「イルミナティダイヤモンド」自体も、教皇を暗示する鍵の形をした焼印に置き換えられている。
  • 犯人の犯行の動機が大きく異なる。原作ではキリスト教のカトリックの戒律や現代科学の人工授精などの要素が大きく絡んでくるが、映画では反物質のみに重点が絞られ、犯行に至るまでの経緯が原作より希薄化している。
  • 原作では教皇候補は全員殺害されるが、本作では最後に処刑されかけたバッジア枢機卿だけ生き残り、最終的にローマ教皇に選出される。
  • 本作でも前作同様ラングドンとヴィットリアの恋愛は描かれていない。

製作[編集]

当初、撮影は2008年2月より予定されていたが、2007年から2008年に起こった全米脚本家組合ストライキによって製作がストップ、スケジュールが延期されたことにより、撮影開始が同年6月にずれ込んだ。公開は2008年12月を予定していたが、これも2009年5月に順延された[4]

ロケはローマなどで行われた[5]が、ロケを予定していた2つの教会で撮影許可が下りないハプニングがあった[6]

Blu-ray/DVD[編集]

2009年10月28日ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントよりBlu-ray Disc/DVDの2フォーマットをリリース。

  • Blu-ray
    • 天使と悪魔 スペシャル・エディション ※2枚組/通常版
※本編は約138分の劇場公開版に加え、それよりも長い約146分のエクステンデッド版も収録。
エクステンデット版では枢機卿の一人が焼き殺されるシーンが残虐に表現されている。
  • DVD
    • 天使と悪魔 コレクターズ・エディション ※1枚組/通常版
※本編は劇場公開版のみを収録。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]