隆慶一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペンネーム 池田 一朗 (脚本家)
隆 慶一郎 (小説家)
誕生 池田 一朗 (いけだ いちろう)
1923年9月30日
東京市赤坂区
死没 1989年11月4日(満66歳没)
職業 脚本家小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 東京大学文学部仏文科
主な受賞歴 1959年 シナリオ作家協会賞
1989年 第2回柴田錬三郎賞
1990年 日本映画プロデューサー協会賞特別賞
テンプレートを表示

隆 慶一郎(りゅう けいいちろう、1923年大正〉12年)9月30日 - 1989年平成元年〉11月4日)は、日本脚本家小説家時代小説作家)。本名は池田 一朗(いけだ いちろう)。本名で脚本隆 慶一郎小説、を執筆していた。

東京市赤坂区生まれ。旧制同志社中学第三高等学校を経て、東京大学文学部仏文科卒。

来歴[編集]

戦時中は学徒出陣で出征、陸軍士官として中国大陸を転戦した。この時期に陣中に持って行った『葉隠』が、作家として『死ぬことと見つけたり』を書くきっかけとなった。終戦後、復学して1948年 東京大学卒業、大学時代に師事していた小林秀雄が参画していた創元社(現:東京創元社)に入社する。短期だが大学講師でも勤務した。1950年頃、立教大学講師、中央大学助教授としてフランス語を、1959年まで教えていた。

1957年 脚本家としての活動を開始する。当初は『陽のあたる坂道』など日活の映画を中心に脚本を手がける。脚本家では、本名の池田 一朗(いけだ いちろう)で活動しており、実際に筆名の隆 慶一郎を名乗って活動したのは、晩年の作家活動期となった約5年間だけである。1957年に脚本家としての活動を始めて以降、20世紀後半の日本のテレビ・大衆向けの文芸活動を広く長く支えた存在であった。

脚本家時代は映画テレビドラマ問わず幅広い作品を手がけ、戦後日本のテレビドラマ史においても1970年代までを代表する脚本家の一人だった。脚本家としての代表作は映画『にあんちゃん』、テレビドラマ『鬼平犯科帳』。他にも『長崎犯科帳』・『破れ奉行』・『隠密奉行』・『大忠臣蔵』など多数あり、携わった作品の多くが、現在でも地方のローカル局時代劇専門チャンネルなどで繰り返し再放送されている。

1984年週刊新潮で小説家として第一作『吉原御免状』を連載。隆 慶一郎は、この時より名乗った筆名。小説家時代は時代小説を中心に執筆活動を開始。代表作として『吉原御免状』、『影武者徳川家康』、『一夢庵風流記[1]、『捨て童子・松平忠輝』が挙げられる。長らく脚本家として活動しており、小説家生活に入ったのが還暦を過ぎてからと遅く、小説家としては実働僅か5年だった。また急逝したこともあって、未完の作品、構想だけが編集者に語られるなどして残った作品も少なくない。[2]ちなみに、還暦を過ぎるまで小説を手掛けなかった理由については、かつて師事した小林秀雄が存命の間は、とても怖くて小説は書けないと思っていたからという旨の事を語っている。

処女作『吉原御免状』が直木賞候補作となり、結局は選に漏れたものの、下馬評の段階では新聞や文芸系のマスコミなどから最有力候補の一角に挙げられたことをきっかけとして、時代小説で一大センセーションを巻き起こした。隆の小説作品の特徴は、人物描写でもとりわけ男の生きざまや人情を書くのに非常に秀逸な点が第一に挙げられ、その内容も大衆文芸としての要所を確実に抑えつつも極めて良質な仕上がりを見せている。また、網野善彦らの中世近世史研究を大胆に取り入れ、これまで描かれなかった非農業民を中心とした庶民の歴史を描くことに成功している。

その一つの象徴的な作品が『一夢庵風流記』である。「傾奇者(かぶきもの)」という言葉と前田慶次郎利益という歴史上の人物が平成の世でメジャーになった背景を語る際には、この作品とこれを原作とした漫画化作品『花の慶次 ―雲のかなたに―』、そして『花の慶次』のキャラクター群を用いて展開された様々な関連商品の存在を抜きに語る事はできない。

1989年 日本映画プロデューサー協会賞特別賞、『一夢庵風流記』で第2回柴田錬三郎賞受賞。

1996年に新潮社で『隆慶一郎全集』全6巻が刊行。2009年9月より2010年7月にかけ同社で、新版『隆慶一郎全集』全19巻が刊行された。

2010年10月に『「歴史読本」編 隆慶一郎を読む』(新人物往来社)が上梓された。

逸話[編集]

  • 日本酒を好んでよく飲んでおり、編集者の浦田憲次(日本経済新聞社)によれば夜中の午前2、3時まで飲んでいることがあったという。飲む場所としては浅草をこよなく愛した。隆慶一郎なる筆名そのものが、行きつけの居酒屋の女将さんがつけたものである。執筆も居酒屋で行うことがあり、著書に吉原がよく登場するのはそのせいかもしれない。
  • 医者からダイエットを命じられ、みずから考案した「三食鍋」なる鍋料理を朝昼晩食べて減量に成功した。
  • 葉隠』は元々陣中で読むつもりはなく、葉隠の岩波文庫本3冊の中をくりぬいてアルチュール・ランボーの『地獄の季節』を入れ、隠し持つために持っていったものであったが、活字に飢えた挙句に『葉隠』を読み出したところ、おもしろさに魅了されてしまったという。
  • 学生時代、常にダブダブのランニングシャツを着用しており、喧嘩の際に中に真綿を詰め、水をかぶる事で防刃シャツ代わりにしていた。
  • 晩年、入院中の隆を見舞った原哲夫が、隆のショートブーツからサバイバルナイフが出てきたのを見て「目を丸くした」という。

受賞[編集]

  • 1959年 シナリオ作家協会賞 - 映画『にあんちゃん』
  • 1986年 第95回直木賞候補 - 『吉原御免状』
  • 1989年 第2回柴田錬三郎賞 - 『一夢庵風流記』
  • 1989年 第101回直木賞候補 - 『柳生非情剣』
  • 1990年 日本映画プロデューサー協会賞特別賞

主な作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

小説[編集]

同タイトルで演劇化。宮本武蔵によって育てられた後水尾天皇の落胤・松永誠一郎は、自由の民・傀儡子によって営まれる色里・吉原を守り、神君・徳川家康から下された吉原御免状を狙う老中酒井忠清とその手先裏柳生との間で死闘を繰り広げる。
後に『風流夢大名』として舞台化。原哲夫らによるマンガ化作品『花の慶次 ―雲のかなたに―』については別項にて詳述。
  • 鬼麿斬人剣 (1987年、新潮社) のち文庫 
『刀工剣豪伝・鬼麿一番勝負』の題で連載された。同タイトルでテレビドラマ化、内山まもるによりマンガ化(単行本未刊行)。名刀工・源清麿が旅先で遺した数打ちの駄剣を折り、師匠の名を守ろうとする弟子・鬼麿の前に、清麿を恨む伊賀同心の一味が立ちはだかる。
  • かくれさと苦界行 (1987年、新潮社) のち文庫
『吉原御免状』の続編。後水尾天皇との再会を果たした松永誠一郎と吉原の傀儡子の民に、またしても裏柳生の手が迫る。
徳川家将軍指南役柳生家の六世代にわたって、柳生家の目から見た徳川家を描く時代小説。慶安御前試合・柳生連也斎、柳枝の剣・柳生友矩、ぼうふらの剣・柳生宗冬、柳生の鬼・柳生十兵衛、柳生跛行の剣・柳生新次郎、逆風の太刀・柳生五郎右衛門 後に「柳枝の剣・柳生友矩」を余湖裕輝らが『柳生非情剣 SAMON』のタイトルでマンガ化。
徳川家康は本当は関ヶ原で死んでいた。家康の影武者であった世良田二郎三郎が、徳川家繁栄のために豊臣秀頼を謀殺しようとする秀忠に対抗するべく、甲斐の忍びの六郎や島左近風魔忍者衆を味方につけて、歴史の暗部で戦う。後に同タイトルでテレビドラマ化。原哲夫らによりマンガ化。
  • 捨て童子・松平忠輝 (1989 - 90年、講談社) のち文庫  
主人公は徳川家康の子松平忠輝。忠輝は生まれながらにして大きな体を持ち、鬼っ子と呼ばれ、武術、水術、音楽、忍術などすべてに天才的な能力を持つ、まさに異能の人であり、彼の前半生を描く。後に横山光輝により同タイトルでマンガ化(講談社漫画文庫全4巻ほか)。2003年には『野風の笛』のタイトルで宝塚歌劇団・花組が舞台化。
  • 柳生刺客状 (1990年、講談社) のち文庫 
柳生刺客状・張りの吉原・狼の眼・銚子湊慕情・死出の雪の短編五編収録。
  • 死ぬことと見つけたり (1990年、新潮社) のち文庫(未完作)
著者が第二次世界大戦に徴収される際、陸軍で推薦されていた『葉隠』の本の中に著者のお気に入りのフランス文学を挟み込んで持ち込み、『葉隠』に見出した佐賀鍋島藩浪人の主人公の斉藤杢之助を描いた書。
徳川秀忠の息女和子を皇后に余儀なくした後水尾天皇の御世、天皇家の身の回りを世話する八瀬童子の岩介親子が天皇家を守り、徳川秀忠との水面下での隠密の戦いを行う。
表題作『かぶいて候』以外に『異説 猿ケ辻の変』、エッセイ『わが幻の吉原』、対談『日本史逆転再逆転』などの作品集。
  • 駆込寺陰始末 (1990年、光文社) のち同文庫 
江戸時代、既婚の女性から離婚を申し出ることができず唯一離婚する方法が鎌倉東慶寺に駆け込むことだけだった。主人公麿は公卿の身を捨て東慶寺の住持の玉淵尼を守る御所忍びの棟梁。その活躍の書。
  • 見知らぬ海へ (1990年、講談社) のち文庫(未完作) 
武田勝頼の下にあった向井水軍の嗣子向井正綱が生き延び水軍を組織し、後徳川家康の水軍に編入され、水軍の長になり活躍する。
  • 風の呪殺陣 (1990年、徳間書店) のち徳間文庫 
戦国時代比叡山の修行僧・昇運が信長の比叡山焼き討ちを生き延び、信長を呪い殺そうという設定。著者が赤山禅院の叡南覚照大阿闍梨に「仏教が人を殺すか」と一喝され改稿する予定だったが著者の急逝によりそのまま発刊された。

随筆[編集]

  • 時代小説の愉しみ 講談社 1989.8 のち文庫

脚注[編集]

  1. ^ この作品を書くきっかけとして、司馬遼太郎原作の映画「城取り」に脚本として関わった際は、「製作側の都合により」原作も間に合わず、ほとんど史料が無い状態でシナリオを書く事になった為、「出来は悪く、私は恥じた」と隆は述べている。その反動から、前田慶次郎に関する資料を集め、それらを基に書き上げたという。(後書より)
  2. ^ 作品としては『花と火の帝』、『死ぬことと見つけたり』、『見知らぬ海へ』、『風の呪殺陣』などが未完で、編集者に托されたメモ書きで今後のストーリーの大枠のみ判明している。構想段階に終わったものとしては日蓮の小説がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]