徳川風雲録 八代将軍吉宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

徳川風雲録 八代将軍吉宗』(とくがわふううんろく はちだいしょうぐんよしむね)は、2008年1月2日の午後2時から午後11時55分までテレビ東京系列・テレビ大阪系列で放送された新春ワイド時代劇である。原作は柴田錬三郎の「徳川太平記〜吉宗と天一坊」。全3部構成。

概要[編集]

制作発表時のタイトルは「徳川太平記」だったが、その後「徳川風雲録」に変更され、放送時には「徳川風雲録 八代将軍吉宗」となった。吉宗の若い頃(徳川新之助)とそのご落胤(天一坊)の2役こなした内田朝陽は、この作品が時代劇への初挑戦となった。

また『暴れん坊将軍』で長期にわたり吉宗を演じてきた松平健と、NHK大河ドラマ八代将軍吉宗』で吉宗を演じた西田敏行も出演した(徳川光貞役の松方弘樹もフジテレビ系ドラマ『大奥』で吉宗を演じている)。

この作品の放送後、土屋主水之助を主人公としたスピンオフ作品『主水之助七番勝負〜徳川風雲録外伝〜』が松平健主演で、同年10月から12月にかけて放送された。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

サブタイトル[編集]

各話 時刻 タイトル 視聴率
第一部 14:00~17:20 見参!紀州の暴れ龍 10.2%
第二部 17:30~20:50 大奥女の戦い 御三家の野望 9.5%
第三部 20:50~23:55 天下危うし!吉宗VS天一坊 10.4%

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

テレビ東京 新春ワイド時代劇
前番組 番組名 次番組
徳川風雲録 八代将軍吉宗
(2008年)