吉良義央

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
吉良義央
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛永18年9月2日1641年10月5日
死没 元禄15年12月15日1703年1月31日
改名 三郎(幼名)→義央
別名 左近(通称)、卜一(号)
墓所 万昌院功運寺片岡山華蔵寺
官位 従四位下侍従上野介従四位上
左近衛権少将
幕府 江戸幕府奥高家、高家肝煎
氏族 吉良氏清和源氏足利氏流)
父母 父:吉良義冬、母:酒井忠勝の姪(忠吉の娘)
兄弟 吉良義央東条義叔東条義孝
東条冬貞東条冬重、孝証
正室:上杉綱勝の妹・富子(梅嶺院)
上杉綱憲吉良三郎、鶴姫(島津綱貴室)
振姫、阿久利姫(津軽政兕室)
菊姫(酒井忠平室→大炊御門経音室)
養子:吉良義周(上杉綱憲の次男で義央の孫)

吉良 義央(きら よしひさ/よしなか(※名前の読みについては後述を参照。 ))は、江戸時代前期の高家肝煎元禄赤穂事件の一方の当事者であり、同事件に題材をとった創作作品『忠臣蔵』では敵役として描かれる。幼名は三郎、通称は左近。従四位上左近衛権少将、上野介(こうずけのすけ)。吉良上野介と呼ばれることが多い。本姓源氏清和源氏)。家紋は丸に二つ引・五三桐。

生涯[編集]

出自[編集]

寛永18年(1641年)9月2日、高家旗本吉良義冬(4,200石)と酒井忠勝の姪(忠吉の娘)の嫡男として、江戸鍛冶橋の吉良邸にて生まれる。一説によれば、陣屋があった群馬県藤岡市白石の生まれともされる。義冬の母が高家今川家出身であるため、今川氏真玄孫にあたる。継母は母の妹。

弟に東条義叔(500石の旗本)・東条義孝(切米300俵の旗本)・東条冬貞(義叔養子)・東条冬重(義孝養子)・孝証山城国石清水八幡宮の僧侶・豊蔵坊孝雄の弟子)の5人がいる。妹も2人おり、うち1人は安藤氏に嫁いだ。

承応2年(1653年)3月16日、将軍徳川家綱に拝謁。明暦3年(1657年)12月27日、従四位下侍従上野介に叙任(位階が高いにもかかわらず、上野守でなく上野介である事については、親王任国を参照)。

万治元年(1658年)4月、出羽米沢藩上杉綱勝の妹・三姫(後の富子)と結婚。この婚儀は美男子であった義央を、富子が見初めたとの逸話もあるが、確実な資料からは見出せない。『上杉年譜』は「万治元年3月5日、柳営において老中酒井忠清松平信綱阿部忠秋列座のなか、保科正之から三姫を吉良上野介へ嫁がせるべき旨を命じられたことを千坂兵部が(綱勝に)言上した」と幕命による婚儀と記している。吉良氏が古くからの婚姻関係によって扇谷上杉氏の血を引いており、二男四女(長男吉良三之助、次男吉良三郎、長女鶴姫、次女振姫、三女阿久利姫、四女菊姫)に恵まれた。ただし次男・三郎と次女・振姫は夭折。

名門の家柄[編集]

万治2年(1659年)から父とともに出仕する。部屋住みの身分ながら、家禄とは別に庇蔭料1,000俵が支給された。

寛文2年(1662年)8月には、大内仙洞御所造営の御存問の使として初めて京都へ上り、後西天皇の謁見を賜る。以降、生涯を通じて年賀使15回、幕府の使者9回の計24回上洛した。

寛文3年(1663年)1月19日、後西上皇の院政の開始に対する賀使としての2度目の上洛の際、22歳にして従四位上に昇進している。24回もの上洛は高家の中でも群を抜いており、さらに部屋住みの身でありながら使者職を行っていた事は、高家としての技倆が卓越していた事を表している。優秀な技倆を綱吉が寵愛した為ともいわれている。

寛文4年(1664年)閏5月、米沢藩上杉綱勝が嗣子なきまま急死したために改易の危機に陥ったが、保科正之(上杉綱勝の岳父)の斡旋を受け、長男三之助を上杉家の養子(のち上杉綱憲)とした結果、上杉家は改易を免れ、30万石から15万石への減知で危機を収束させた。綱勝急死は義央による毒殺説が存在するが、これは上杉家江戸家老千坂高房らと対立して失脚した米沢藩士福王子八弥の流言飛語で、綱勝自身も若いころから病弱で、何度か病に倒れ、危篤になったこともあり、毒殺説は信憑性は乏しいとされている。

以後、義央は上杉家との関係を積極的に利用するようになり、たびたび財政支援をさせたほか、3人の娘達を綱憲の養女として縁組を有利に進めようとした。長女鶴姫薩摩藩島津綱貴の室、三女阿久利姫は交代寄合旗本津軽政兕の室、四女菊姫も旗本酒井忠平の室となっている(鶴姫は綱貴に離縁され、菊姫も死別するが、のちに公家大炊御門経音の室となって1男1女を産む)。

寛文8年(1668年)5月、父義冬の死去により家督を相続する。時に28歳。

延宝8年(1680年)閏9月、高家の極官である左近衛権少将に任官し、天和3年(1683年)3月には大沢基恒畠山義里とともに高家肝煎に就任した。

また、長男綱憲の上杉家入り以後、嫡男は次男三郎だったが、貞享2年(1685年)9月1日に夭折。綱憲や幕府とも協議の末、綱憲次男の春千代を吉良左兵衛義周と改名させて養子とし、元禄3年(1690年)4月16日に江戸鍛冶橋の邸宅へ迎え入れた。

元禄11年(1698年)9月6日、江戸の大火により鍛冶橋邸を焼失し、のち呉服橋にて再建する。この大火で消防の指揮をとっていたのは浅野であった。

松の廊下の事件[編集]

元禄14年(1701年)2月4日、播磨赤穂藩浅野長矩伊予吉田藩伊達村豊両名が、東山天皇の勅使である柳原資廉高野保春霊元上皇の院使である清閑寺熈定らの御馳走人を命じられた。義央は高家肝煎の筆頭だったが、義央は朝廷への年賀の使者として京都におり、江戸に帰着したのは2月29日だった。過去に1度勅使御馳走人を経験していたのだが、以前とは変更になっていることもあって手違いを生じていた。ここに擦れ違いが生じた、と見る向きもあるが、事件当日、急なスケジュール前倒し変更があったことは無視できない。伝奏屋敷における時刻管理も御馳走人の職務のひとつである。事件当日、浅野は伝奏屋敷の長屋から一足先に登城したが、勅使らは予定時刻よりも早く登城したことから、玄関を入ってすぐのところの殿上之間で一時休憩したのち、大廊下に移った。梶川はその日、御台所(将軍正室)の代理として、進物を持って伝奏屋敷に赴くことになっていた。ところが、急なスケジュール変更があるということで、吉良を探しに大廊下までやってきた。吉良は老中らと打ち合わせ中で大廊下にはいない。まもなく打ち合わせを終えた吉良が戻ってきた。吉良と梶川が当日の予定のことで話をし始めたところに、浅野が斬りかかってきたのである。

3月14日午前10時過ぎ、城内松之大廊下において、吉良義央は浅野から背中と額を斬りつけられた。浅野は留守居番梶川頼照に取り押さえられ、義央は高家品川伊氏畠山義寧らによって別室へ運ばれた。外科医栗崎道有の治療もあって命は助かったものの、額の傷は残った。その後、目付大久保忠鎮らの取り調べを受けるが、浅野を取り調べた目付多門重共の『多門筆記』によると、吉良は「拙者何の恨うけ候覚えこれ無く、全く内匠頭乱心と相見へ申し候。且つ老体の事ゆえ何を恨み申し候や万々覚えこれ無き由」と答えている(多門筆記は事件のだいぶ後に書かれたもので、他者の作も考えられる)。浅野は、即日切腹を命ぜられた。

3月26日、高家肝煎職の御役御免願いを提出したが、旧赤穂藩士との確執が噂され、近所の阿波富田藩蜂須賀家から呉服橋内から吉良を移転させるよう嘆願があったとされる。これは堀部安兵衛らが大石内蔵助に送った8月19日付書簡に書かれてあったことで、後世になって流されたもの。8月13日、吉良は松平信望(5000石の旗本)の本所の屋敷に屋敷替えを拝命。受領は9月3日であった。当時の本所は江戸の場末で発展途上の地であった。この本所移転は、幕府によって計画的に行われたという説が有力になってきた。理由のひとつは表門の移設である。松平登之助の屋敷だったときは屋敷の正面は南であったが、吉良屋敷になって東に変わった。これは元禄14年前後の江戸の地図を見比べてもわかるし、松平登之助の屋敷の正面が南であったことは昭和43年に公開された幕府普請奉行の役所用資料御府内往還場末其外沿革図書でもわかる。また、吉良邸の絵図面を見ると東に表門がありながら、表玄関の正面が南になっている。表門を入ってから左に回りこまなければ玄関に入れない。元禄15年12月13日付で大石内蔵助が赤穂の3人の僧に宛てた書簡には「若老中(若年寄)もご存知のようでうまくいくと思う」という意味のことが書かれている。

この屋敷替えに合わせるように、8月21日、大目付庄田安利(浅野長矩は罪人であるとして庭先で切腹させた人物)・高家肝煎の大友義孝(吉良義央腹心の部下)・書院番士の東条冬重(義央の実弟)など、義央に近いと見られた人物が「勤めがよくない」として罷免されて小普請編入となっている。

 屋敷替えに富子は同道していなかったといわれてきたが、吉良上野介も本所屋敷には常住していなかった。また、富子が「浅野も腹を切ったのだからあなたも切ったらどうです?」と言ったという説も史料には見当たらない。新屋敷が狭くて大勢の女中を連れることができないためというのも、過去の2つの屋敷と比較すれば、根拠のないことだとわかる。

12月11日、義央は隠居願いを提出した。これは依頼退職のようなものだったので、即座に受理された。養嗣子吉良義周が家督を相続した。

元禄15年(1702年)7月に浅野長広が浅野本家に預かりとなった。吉良は茶会を12月5日に計画していたとされる。当日は将軍綱吉が柳沢吉保邸に訪問するために15日未明になったということだが、月齢・月没時刻などからにても12月5日であれば15日のような討入は不可能である。14日に茶会があるとの情報は茶人山田宗偏を通じて、宗偏の弟子脇屋新兵衛(その正体は47士の1人大高忠雄)につかまれていた。元筆頭家老大石良雄は討ち入り日に決定した。

最期[編集]

15日未明、大石を始めとする赤穂浪士四十七士が吉良邸に討ち入った。義周はじめ吉良家臣らは防戦にあたるも、義央自身は炭小屋に隠れた。赤穂浪士たちは吉良の捜索にあたったものの、容易に見つけることはできなかった。吉田兼亮間光興らが、台所横の炭小屋から話し声がしたため、中へ入ろうとするや、皿鉢や炭などが投げつけられ、2人の吉良家臣たちが斬りかかってきた。切り伏せたあと、奥で動くものがあったため、間光興が槍で突いた。義央は脇差で抵抗しようとするも、武林隆重に斬り捨てられた。享年62(満61歳)。


なお、吉良家の戦死者は小林平八郎清水一学新貝弥七郎鳥居利右衛門須藤与一右衛門左右田源八郎ら17名(一説に16名)。重傷者は山吉盛侍ら23名。それ以外の家臣は戦意を喪失して戦わなかったようである。討ち入った浪士たちは口々に「五十人組、百人組」等と叫び、大人数での討ち入りであると見せかけようとしており、米沢藩邸に急を知らせた吉良邸近所の豆腐屋も、「赤穂の浪人およそ百五十人ほど討ち入り」と伝えていたという。

華蔵寺にある墓

吉良家臣たちは幕命により上杉家が管理するが、綱憲は勇戦が認められた7名のみを召抱え、戦わなかった家臣はすべて追い払っている。奮戦者としては小林と清水が有名だが、『大河内文書』によると大した活躍はしておらず、一番活躍したのは山吉盛侍や新貝弥七郎など上杉家派遣の家臣達であったという。近松行重が池に斬り落とされているが、この近松の相手をしたのも山吉盛侍であったとされる。

吉良の首は泉岳寺の浅野長矩の墓前に捧げられたあと、箱に詰めて同寺に預けられた。寺では僧二人にこれを持たせて吉良家へ送り返し、家老左右田孫兵衛斎藤宮内がこれを受け取った。二人の連署の署名がある吉良の首の領収書(首一つ)を泉岳寺が残している。先の刃傷時に治療にあたった栗崎道有が首と胴体をつなぎ合わせたあと、菩提寺の万昌寺に葬られた。戒名は「霊性寺殿実山相公大居士」。

この当時の万昌寺は市ヶ谷にあったが、大正期に万昌院と改めて中野への移転に伴って墓も移動し、現在は史跡に指定されている。

評価[編集]

忠臣蔵の「悪役」として有名な義央の評価は芳しくない。一方、領地三河国幡豆郡では、貞享3年(1686年)に築いた黄金堤による治水事業や富好新田をはじめとする新田開拓や人柄から名君とされ、地元では慕われていると言われてきた。吉良町には赤馬という郷土玩具が存在するが、これは義央が赤馬に乗って領内を視察したのを機に作られた玩具だとされる。

しかし、吉良家のような旗本は、一部の例外を除けば参勤交代がない定府であり、江戸に常住して領地は幕府が任命した代官に任せるのが一般的である。そのため、義央も領地を殆ど訪れた形跡はなく、領民に接する機会は無かったと思われる。黄金堤も、元禄よりも前に作られていたことが判明している[1]地元での評価は汚名を着せられた領主に対する同情によるところが大きいと思われる。[要出典]

吉良には浅野長矩以外の御馳走人にも、いわゆるいじめを行っていたという逸話が多く残っている。しかし物語としての『忠臣蔵』が成立した後に、物語のイメージから後世に創作された可能性も高いとも云われている[要出典]

元禄11年(1698年)、勅使御馳走人となった亀井茲親は義央からいじめを受け、耐えかねた茲親は家老の多胡真蔭にもらしたという。真蔭は主君を諫める一方で、密かに金遣役を呼んで納戸金一箱を取り出させ、茶菓子のなかに入れて手土産として吉良邸へ持参した。主君の無礼を詫びたうえ、指導引き回しを懇願して帰邸。翌日より茲親への態度が急に優しくなったので事なきをえた、という話が津和野名産の茶菓子源氏巻誕生の逸話として残っている。

しかしこの逸話の初出は、大田南畝(蜀山人)の「半日閑話(1768~1822年)」であり、さらに桃井若狭之助(亀井茲親)と加古川本蔵(多胡真蔭)のエピソードが登場する『仮名手本忠臣蔵』(1748年初上演)の後に書かれているので、後世の創作の可能性が高い。『仮名手本忠臣蔵』に登場する桃井若狭助と加古川本蔵は茲親と多胡をモデルにしたものであると言われているが、実際には逆で、架空の桃井と加古川のエピソードが先にあり、後から実在した茲親と多胡を当てはめた可能性が高いであろう。[要出典][2]

浅野が刃傷に及ぶ前、伊予大洲藩加藤泰恒出羽新庄藩戸沢正庸が日光法会中に受けた義央のいじめを浅野に伝え、お役目を終えるまで耐えよと諭した逸話が、冷光君御伝記(誠尽忠臣記よりの情報としている)や義人録(広島藩士御牧武大夫信久の証言として)などに記されている。

上杉家家臣たちからの評価も芳しくなかった。出納帳には「上野介殿江」という項目が設けられ、吉良家の買掛金や普請は上杉家が持つのが恒例となっていた。呉服橋の新邸も上杉家から支出されている。江戸勘定須田右近は米沢の重臣にあてた書状の中で「当方もやがて吉良家同然にならん」と書き遺している。そのため、近年の忠臣蔵を扱ったドラマの中には上杉家江戸家老の色部安長が「金食い虫」吉良を消すため策動したものであるかのように描くものもある。上杉家は領地を削られても藩士を解雇せずにいた上に度重なる領地召し上げから財政状態は芳しくなかったため、吉良への仕送りも楽なものではなかった。

更に事件が朝廷に伝わった時、東山天皇の嬉々としていた様子が関白近衛基熙の日記に記されている。幕府の方針を忠実に実行しただけとはいえ、吉良は幕府による朝廷抑制政策の通達役に立つことが多かった。そのため、天皇もまた吉良に含むところがあった事が推測される。そればかりでなく、次代将軍をめぐっての問題がある。近衛基熙の娘・熙子は甲府家に嫁いでいた。将軍綱吉の娘は紀伊家に嫁いでいる。紀伊徳川家の娘は上杉家に嫁いでいる。元禄13年末に亡くなった水戸光圀の妻は近衛基熙の叔母にあたる。刃傷事件の3日後、綱吉は初めて紀伊家の江戸屋敷を訪問している。次期将軍擁立については、綱吉・上杉・吉良と近衛・水戸が対立していた。光圀が亡くなったことで紀伊家が有利になったようだが、それが原因で綱吉政権を倒そうとする動きがあったことから、元禄14年4月から6月にかけて、幕府直属の軍隊による大規模な射撃演習が繰り返し行われた。

茶人としての義央は、茶匠千宗旦の晩年の弟子の一人であり、『茶道便蒙抄』を著した茶人山田宗偏などとも親交を持っていた。「卜一」(ぼくいち・上野介の上の字を二分したもの)という茶の号を持ち、卜一流を興していた。

備考[編集]

義央以外の高家衆[編集]

刃傷事件があった元禄14年(1701年)、吉良は高家肝煎の地位にあったが、当時高家肝煎は吉良を含めて9人いた。吉良以外では畠山基玄(従四位上侍従)・大友義孝(従四位下侍従)・品川伊氏(従四位下侍従)・京極高規(従四位下侍従)・戸田氏興(従四位下侍従)・織田信門(従五位下侍従)・畠山義寧(従五位下侍従)・横瀬貞顕(従五位下侍従)である(元禄14年当時)。吉良・畠山・大友の三人が高家肝煎職だが、なかでも吉良は高家肝煎職の最古参であり、且つ唯一の左少将であった。高家筆頭と呼ばれているのはこのためである。

江戸っ子と田舎大名[編集]

吉良が浅野に「田舎大名」などと言った根拠はない。ただ、吉良も三河国(愛知県)に領地を持つ旗本である。両者の違いは、旗本と大名の問題に起因している。旗本は自らの領地に入ることがほとんどなく、家臣を代官に任命して派遣し、すべてを任せている場合がほとんどである。吉良も領地三河国幡豆郡吉良庄に入ったのは一度のみで、上野国緑野郡白石村と碓氷郡人見村に至っては一度も行ったことがない。そのため、旗本が領地にアイデンティティを持つことはほとんどない。一方、大名(特に外様大名)は参勤交代で隔年に領地に入るので、領地にアイデンティティを持つ傾向が強かった。旗本や譜代大名からは「田舎大名」と失笑を買うことがあった。

吉良と大石の親戚関係[編集]

吉良と大石の二人は、近衛家諸大夫進藤家と斎藤家を通じる形で遠縁がある。吉良から見れば、妻の母親の実家を継いだ者が大石家の血の流れる者だったということになる。しかし、事件前から面識があったかどうかは不明。

太線は実子、細線は夫婦、二重線は養子、点線は養子入り
         進藤長治
       ┏━━━┫
大石良信─── 女     長滋
     ┃     ┃
    良勝     ┃   斎藤昌盛
     ┣━━┓  ┃    ┣━━┓
    良欽  女──長定    俊盛   女───上杉定勝
     ┃   ┣━━┓   ∥    ┃
    良昭  長房 宣盛……宣盛   富子───吉良義央
     ┃
 大石内蔵助良雄            


偏諱を与えた人物/名前の読みについて[編集]


*義の読みは従来「よしなか」とされていたが、愛知県吉良町の華蔵寺に収められる古文書の花押などから、現在では「よしひさ」と考えられている。


伝記[編集]

  • 鈴木悦道『新版 吉良上野介』(中日新聞社、1998年) ISBN 4806203025
  • 中津攸子『吉良上野介の覚悟』(文芸社、2001年) ISBN 4835513541
  • 岳 真也『吉良上野介を弁護する』(文春新書、2002年) ISBN 4166602853

吉良義央を題材とした作品[編集]

吉良義央を演じた俳優に関しては忠臣蔵を参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「歴史と旅 1999年2月号」(秋田書店)
  2. ^ 江戸時代の一般的慣習としては、上役に賄賂(まいない)を贈ることは至極当然の事であった。また、格式や権威はあっても石高(収入)が決して高くない高家にとって、御馳走人の作法や業務手順を教授する際の授業料などは、大きな収入源であった(当然ながら、上洛して朝廷との直接交渉にかかる費用は高家の自腹である)。吉良流礼法は当時最も権威ある流儀で、尾張徳川家や安芸広島の浅野宗家など数多くの大名家が自家の礼法として吉良流をとりいれており、高い賄賂を求めた理由として加味できる。

参考文献[編集]

  • 月刊『TOWN-NET』「忠臣蔵で江戸を探る脳を探る」(1998-99年・百楽天著)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


先代:
吉良義冬
吉良高家(三河吉良氏)当主
第3代:1668年 - 1701年
次代:
吉良義周