芸能社会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

芸能社会(げいのうしゃかい)はTBS系列で木曜21:00より1990年7月5日9月27日に放送された平岩弓枝原作のテレビドラマである。

あらすじ[編集]

プライドの高い大女優・千種むつ子(沢田亜矢子)の敏腕マネージャー太田(時任三郎)は、むつ子と舞台俳優・榊(原田大二郎)とのスキャンダル発覚後、2人を結婚させるという社長(加賀まりこ)の方針に従い、新婚旅行をさせる。しかし2人の間はすでに冷え切っており、トラブルを抱える旅であった。その南国の地で太田は一人の少女・愛子(南野陽子)と出会う。愛子に天性の素質を見いだした太田は、やがて彼女を日本へ招き芸能人としてデビューさせようとするが…

概要[編集]

芸能人マネージャーの裏方としての活躍にスポットをあてつつ、普段表からは見えづらい芸能界について掘り下げた異色のドラマ。敏腕マネージャー太田を通して、芸能事務所の実態、大手事務所から独立したマネージャーの労苦、1人の女性を恋愛対象ではなく女優として売り出すことに徹する苦悩などを描く一方で、その破綻した性格から数々のトラブルを起こし、人気絶頂の大女優の座から転落していく千種むつ子という役どころを沢田が演じた。 本作の出演にあたり、時任三郎は役作りの為に髪を切ったというエピソードがある。

キャスト[編集]

主題歌[編集]

スタッフ[編集]

TBS 木曜21枠ドラマ
前番組 番組名 次番組
芸能社会
渡る世間は鬼ばかり(第1シリーズ)