徳川家宣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
徳川 家宣
Tokugawa Ienobu.jpg
徳川家宣像(徳川記念財団蔵)
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛文2年4月25日1662年6月11日
死没 正徳2年10月14日1712年11月12日
改名 新見左近、松平虎松(幼名)、徳川綱豊、家宣
別名 甲府宰相
諡号 文昭院
戒名 文昭院殿贈正一位大相国公
文昭院殿順蓮社清譽廓然大居士
墓所 東京都港区の三縁山広度院増上寺
官位 従三位左近衛権中将兼左近衛将監、参議正三位権中納言従二位権大納言正二位内大臣右近衛大将征夷大将軍、贈正一位太政大臣
幕府 江戸幕府 6代征夷大将軍(在任:1709年 - 1712年)
甲斐甲府藩主(在任:延宝6年(1678年)- 宝永元年(1704年
氏族 徳川氏甲府徳川家徳川将軍家
新見氏
父母 父:徳川綱重、母:お保良
養父:新見正信徳川綱吉
兄弟 家宣松平清武
正室:近衛熙子
側室:お喜世の方お古牟の方お須免の方斎宮
豊姫夢月院家千代大五郎
家継虎吉
養女:政姫近衛家熙の娘)

徳川 家宣(とくがわ いえのぶ)は、江戸幕府第6代将軍(在職:1709年 - 1712年)である。

甲府藩主・徳川綱重(甲府宰相)の長男で、母はお保良の方(長昌院)。正室は近衛基熙の娘・熙子(天英院)。子に徳川家継ほか。第3代将軍・徳川家光の孫に当たる。幼名は虎松。初名は綱豊(つなとよ)。

生涯[編集]

寛文2年4月25日(1662年6月11日)、徳川綱重長男として、江戸根津邸にて生まれる。父が正室を娶る直前の19歳の時に、身分の低い26歳の女中・お保良(長昌院)に生ませた子であったため、世間を憚って家臣の新見正信に預けられ、養子として新見左近を名乗った。生母は寛文4年(1664年)に死去している。

9歳のとき、他の男子に恵まれなかった綱重の世嗣として呼び戻され、元服して伯父である4代将軍・徳川家綱偏諱を受けて綱豊と名乗った。延宝6年(1678年)10月25日に父・綱重が死去し、17歳で家督を継承し、祖母・順性院に育てられた。

延宝8年(1680年)、家綱が重態となった際には、家綱に男子がなかったことから綱重の弟である上野館林藩主・徳川綱吉とともに第5代将軍の有力候補であったが、堀田正俊が家光に血が近い綱吉を強力に推したため、綱豊の将軍就任はならなかった。

綱吉にも世嗣がいなかったが、綱吉の娘婿の紀州藩徳川綱教という後継候補も存在したため、将軍世嗣に正式に定まり、「家宣」と改名して江戸城西の丸に入ったのは宝永元年12月5日1704年12月31日)、家宣が43歳の時だった。なお、綱豊の将軍後継に伴い甲府徳川家は絶家となり、家臣団も幕臣として編制されている。

宝永6年(1709年)、綱吉が亡くなり、48歳で第6代将軍に就任すると即座に、悪評の高かった生類憐れみの令酒税[1]を廃止するなど気概を示したため、庶民からの人気と期待は高かった。柳沢吉保を免職し、甲府徳川家旧臣である間部詮房新井白石らを登用して文治政治を推進し、荻原重秀に命じて財政改革を試みたが、在職3年後の正徳2年10月14日(1712年11月12日)に死去した。享年51(満50歳没)。跡を子の家継が継いだ。

法名は文昭院殿順蓮社清譽廓然大居士。墓所は東京都港区の三縁山広度院増上寺

家宣と次代将軍・徳川家継の治世を併せて正徳の治(正徳の政治)という。

人物・逸話[編集]

  • 荻原重秀を憎む新井白石に対し「才あるものは徳あらず。徳あるものは才あらず。真材誠に得がたし」と宥め、重秀を病没寸前まで重用し続けていた。
  • 慈悲深いことで知られた。『徳川実紀』は「仁慈の心あり」と評している。父・綱重から世子として呼び戻された際、綱豊付の家臣として新見正信太田正成島田時之らを付された。新見は家宣の育ての父であり、さらに養父であったことから家宣の信任が厚く、それを嫉妬した太田・島田らが幕府に対して「左近は早世しており、新見が自らの子を左近として擁立した」と偽って讒訴した。これが事実無根と知れると、両名は幕府から切腹を命じられたが、家宣は「一時とはいえ、自分のために仕えてくれた家臣を助けてほしい」と助命を嘆願し、流罪に減刑された。
  • 綱吉の実子・徳松が早世すると、水戸藩主・徳川光圀から強く次期将軍に推挙されたといわれる。
  • 綱吉との関係は良好なものではなかったという。
  • 無類の学問好きで、新井白石から初代将軍・家康、曽祖父の2代将軍・秀忠、祖父の3代将軍・家光の事跡など、歴史について熱心に学んだといわれる。また慶長5年(1600年)から延宝8年(1680年)に至る80年間の諸大名家の家系図と略伝を10か月でまとめさせ、『藩翰譜』と題して常に手元に置いたという。
  • 綱吉から養子として迎えられて江戸城西の丸に入ったとき、また下心を持つ諸大名や旗本が賄賂に近い祝い品を持ってきたとき、家宣はこれらを全く受け取らなかったという。後に将軍になると人事を一新し、不正を厳しく取り締まった(加藤明英の項目など参照)。
  • 将軍になると、新井のほかに室鳩巣ら多くの学者を招聘し、人材の登用に尽力した。
  • 悪政と恨まれた「生類憐れみの令」の廃止を皮切りに次々と幕政改革に取り組んだことから、歴代将軍の中でも名君と評され、在職3年で死去したのを惜しむ声が多い。
  • 綱吉は「生類憐れみの令」を厳守することを遺言して世を去ったが、家宣は葬儀の2日前に綱吉の柩の前で、側用人の柳沢吉保に対して「生類憐れみの禁令に触れ罪に落ちた者は数知れない。私は天下万民のためにあえて遺命に背くこととする」と言い切った。この時罪を許された者は八千数百人にも上ったという。
  • 家宣は死の床についたとき、側用人の間部詮房を通じて新井白石に将軍継嗣について相談した。「鍋松(家継)は幼く、古来幼主の時に世が平穏であったためしが少ない。また天下の事は私すべきものではない。東照宮(家康)が御三家を立てられたのはこのような時のためであるから、自分の後は尾張殿(徳川吉通)に将軍職を譲って鍋松が成人した折には尾張殿の心に任せた方が良いか、あるいは鍋松が成人するまで尾張殿には西之丸で政治を執ってもらい不幸にして鍋松が死んだ場合には尾張殿に将軍家を継いでもらった方が良いか、どちらが良いだろうか」との家宣の下問に対し、白石は両案ともに反対、鍋松を継嗣として譜代の者がこれを補佐することを進言した。家宣もその案を受け入れ、間もなく息を引き取った。

官歴[編集]

※近衛府の次官たる中将と同府の判官たる将監を兼任するのは珍しい様相である。

系譜[編集]

家宣の容姿[編集]

家宣の埋葬された増上寺で徳川将軍家の墓地が改葬された際に、これに立ち会い被葬者の遺骨の調査を担当した鈴木尚の著書『骨は語る 徳川将軍・大名家の人びと』によると、家宣は細面で鼻筋が通っていて穏やかな顔立ちをした美男であったといい、父・綱重とは猫背であったこと以外に似ている部分は非常に少なかったという。また、鈴木が中心となって編纂した『増上寺徳川将軍墓とその遺品・遺体』によれば、家宣の血液型は曽祖父の第2代将軍・秀忠、及び父・綱重と同じくO型であった。遺骨によると、家宣の身長は当時の日本人としては平均よりやや高い160.0センチメートルである。現在までに判明しているところでは、歴代将軍の中で最も高い。

偏諱を受けた人物[編集]

徳川家宣が登場する作品[編集]

テレビドラマ
漫画

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 元禄10年(1697年)、幕府が税収の向上を企図して、造り酒屋に対して課した運上金酒運上」。酒価格の五割。税収増を期待したが、価格が高騰した結果、生産や購買が控えられるようになっただけであり、思うような増収成果は上がっていなかった。