西村和彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
にしむら かずひこ
西村 和彦
本名 西村 和彦
生年月日 1966年8月21日(48歳)
出生地 日本の旗 日本京都市伏見区
身長 175 cm
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル テレビ・映画・舞台
活動期間 1987年-
配偶者 立原麻衣(1996年 - 2005年1月)
國重友美(2006年5月 - )
事務所 ソニー・ミュージックアーティスツ
公式サイト 西村和彦公式プロフィール
主な作品
1988年『超獣戦隊ライブマン
1991年『法医学教室の事件ファイル
1993年『同窓会
1996年『警視庁鑑識班
2005年『緋の十字架

西村 和彦(にしむら かずひこ、1966年(昭和41年)8月21日- )は、日本の俳優京都市伏見区出身。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。

人物[編集]

人物・来歴[編集]

  • 高校時代に役者になることを志す。日本大学藝術学部映画学科に進学するが中退。俳優の夏木陽介が主催する俳優育成機関「夏アクターズスタジオ」の一期生となる。
  • 1988年に『超獣戦隊ライブマン』の大原丈 / イエローライオン役で本格デビュー。その際の演技が評価され、以後様々なドラマに出演。後に2011年放送の『海賊戦隊ゴーカイジャー』に西村本人の志願で約22年振りに再び大原丈役で出演し、生身でのアクションシーンを披露。さらに合成カットのイエローライオンのスーツも着用した。
  • また、1987年には『仮面ライダーBLACK』の南光太郎 / 仮面ライダーBLACK役のオーディションを受けたが落選したことを近年明かした。
  • 1991年には「ファイト、一発!」でお馴染みの、大正製薬リポビタンD』のCMに起用され、名が全国区に知れ渡る。1993年の同窓会日本テレビ系)では同性愛者の青年役を演じ、ハードなシーンにも挑戦した。
  • その後も『警視庁鑑識班』や『カードGメン・小早川茜』、『法医学教室の事件ファイル』などの2時間ドラマで主演・準主演を務めるほか、昼ドラ牡丹と薔薇』、『緋の十字架』などに出演。
  • 2000年代後半以降、バラエティ番組にも積極的に出演するようになる。20代から30代の頃は「役者は素を晒すべきではない」という自身のこだわりを貫いていたが、特に子供をもうけてからは「役者である前に一人の人間だ」と考えを改めたという。実直な好青年のイメージが強いが、しゃべると三枚目ぶりを発揮する。バラエティ番組出演時は関西弁を使うことが多い。
  • 矢沢永吉の大ファンで、テレビ等でしばしば矢沢の話をする[1]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

バラエティ[編集]

情報番組[編集]

語学番組[編集]

広告[編集]

  • 大正製薬リポビタンD(1991年 - 1998年)
  • 「日本に京都があってよかった」キャンペーンポスター(2004年 - 2005年、京都市役所)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ はなまるマーケット』、TBS、2009年11月9日2008年11月18日

外部リンク[編集]