警視庁鑑識班

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
警視庁鑑識班
ジャンル テレビドラマ
放送時間 火曜日21:02 - 22:54(112分)
放送期間 1996年5月14日 - 2005年5月24日(19回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
監督 下村優
脚本 坂田義和
下村優
扇澤延男
プロデューサー 佐光千尋
木川康利
粕川今日子
高橋秀明
出演者 西村和彦
角野卓造
三浦浩一
エンディング 火曜サスペンス劇場」と同じ
外部リンク 火曜サスペンス劇場
テンプレートを表示

警視庁鑑識班』(けいしちょうかんしきはん)は、日本テレビ系の2時間ドラマ火曜サスペンス劇場」(毎週火曜日21:02 - 22:54)で1996年から2005年まで放送されたテレビドラマシリーズ。全19回。主演は西村和彦

第1作と第2作は『警視庁鑑識』とのシリーズ名で放送された。また、2004年1月14日から3月17日には連続ドラマ『警視庁鑑識班2004』として放送され、「火曜サスペンス劇場」から連続ドラマ化された唯一の作品となった。

キャスト[編集]

警視庁[編集]

鑑識班[編集]

  • 中山淳彦(第一現場鑑識班員) - 西村和彦
  • 岩崎鉄男(第一現場鑑識班係長) - 角野卓造
  • 大宮秀則(第一現場鑑識班管理官) - 清水章吾
  • 伊村博美(指紋係) - 雛形あきこ(17、2004)
  • 赤塚良平(第一現場鑑識班主任) - ベンガル(17 - 19、2004)
  • 藤井康明(第一現場鑑識班員) - 伊藤俊人(1、3、4)
  • 緑川良二(第一現場鑑識班員) - 本城丸裕(2 - 16)
  • 津田亘(第一現場鑑識班員) - 小林すすむ(7 - )
  • 花井博之(第一現場鑑識班員) - 松永久仁彦(7 - 10、12 - )
  • 岸野友子(第一現場鑑識班員) - 澤村ゆかり(6、7、9、11、13、16 - 19)

捜査一課[編集]

  • 菊池慎一(捜査一課警部) - 三浦浩一
  • 吉岡(刑事部長) - 大和田伸也(1 - 3)
  • 青柳浩平(捜査一課刑事・中山の後輩) - 北山雅康(1 - 13)
  • 小倉泰之(捜査一課刑事) - 伊東孝明(16、17、19)
  • 風間均(捜査一課刑事) - 加藤隆之(18)

科捜研[編集]

中山家[編集]

その他[編集]

ゲスト[編集]

第1作(1996年) 「ネジと花粉とライターの石 殺人現場の微細な遺留物が真犯人を追いつめる」
第2作(1996年) 「指紋、鏡の破片、血染めの貝殻―殺人現場の遺留物が語る真犯人の心のひだ」
第3作(1997年) 「目立つな、動くな、待機しろ! 児童誘拐事件で身動きできない鑑識のあせり」
第4作(1997年) 「木は森に隠された」
第5作(1998年) 「白い小鳥に込めた母への愛 誕生日に殺された少年の心の叫び」
第6作(1998年) 「女の目撃証言通りに描いた顔の男は無実―似顔絵一筋35年の老鑑識員の屈辱」
第7作(1999年) 「社長射殺事件の凶器はオレの銃―拳銃を奪われた暴対刑事の苦悩と恐怖の10日間」
第8作(1999年) 「逃亡生活14年―整形までした時効間近の女の突然の心変わり」
第9作(2000年) 「麻薬の甘い誘惑―娘が危ない! 夫に内密で殺された売人に接触した刑事の妻」
第10作(2000年) 「毒殺された医師の診察メモに三つの指紋」
第11作(2001年) 「白骨死体を我が子と絶対に認めない父と母の六年前の心の闇」
第12作(2001年) 「アホウドリと真人間の危うい友情―チャット画面に点滅する孤独な現代人の危険信号」
  • 露木綾子 - 森口博子
  • 安川正治(東亜工業大学工学部学生) - 河相我聞
  • 竹本秀明(ハイテク犯罪捜査班) - 佐藤裕
  • 野村弘幸(ゲームショップ店長) - 嶋田豪
第13作(2002年) 「娘を襲った暴漢の死体に附着した赤い糸くず―生母と養母が競い合う愛と殺意の踏絵」
第14作(2002年) 「女店員絞殺死体の指紋が暴く15年前の射殺事件―刑事の養女は時効寸前の被害者の娘」
  • 戸塚治平(所轄刑事・元鑑識) - 夏八木勲
  • 戸塚香織(鹿野の娘・戸塚の養女) - 小川範子
  • 寺崎豊(会社社長) - モロ師岡
  • 中原祐子(ブティック店員) - 大西結花
  • 鹿野秀夫(警備員・故人) - 藤野晃
  • 太田翔矢(ホスト) - 伊崎充則
第15作(2002年) 「幼児誘拐が暴く女の悲しい嘘」
第16作(2003年) 「殺された保育士に幼児虐待と不倫の疑惑」
  • 杉崎信也(中山の警察学校時代の同期) - 大鶴義丹
  • 杉崎明子(杉崎の妻) - 渡辺梓
  • 篠田雅美(保育士・元ホステス) - 大島さと子
  • 丹野優美(雅美の妹) - 雛形あきこ
  • 西垣亮一(めぐみ保育園園長) - 並樹史朗
  • 雑誌の編集長 - 城後光義
  • 丹野ユタカ - 大沢健
第17作(2004年) 「高山祭に彫った形見のペンダントにこもる怨念 30年ぶりの再会がもたらす復讐の毒牙」
第18作(2005年) 「首吊り死体に劇薬の痕跡! 拭き忘れた指紋とロープの繊維片が暴く女3人の危険な約束」
第19作(2005年) 「老女殺害の秘密を握るラーメン好きの車椅子少年 殺人犯の匂いを追い続ける警察犬と老刑事の執念の道」

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率
1 1996年5月14日 ネジと花粉とライターの石 殺人現場の微細な遺留物が真犯人を追いつめる 坂田義和 下村優 19.4%
2 12月03日 指紋、鏡の破片、血染めの貝殻―殺人現場の遺留物が語る真犯人の心のひだ 19.5%
3 1997年4月22日 目立つな、動くな、待機しろ! 児童誘拐事件で身動きできない鑑識のあせり 22.1%
4 11月25日 木は森に隠された 18.9%
5 1998年5月12日 白い小鳥に込めた母への愛 誕生日に殺された少年の心の叫び 19.6%
6 11月17日 女の目撃証言通りに描いた顔の男は無実―似顔絵一筋35年の老鑑識員の屈辱 20.8%
7 1999年6月22日 社長射殺事件の凶器はオレの銃―拳銃を奪われた暴対刑事の苦悩と恐怖の10日間 坂田義和
下村優
16.0%
8 12月14日 逃亡生活14年―整形までした時効間近の女の突然の心変わり 扇澤延男 19.3%
9 2000年4月18日 麻薬の甘い誘惑―娘が危ない! 夫に内密で殺された売人に接触した刑事の妻 下村優
石川雅也
17.9%
10 10月17日 毒殺された医師の診察メモに三つの指紋 下村優
坂上かつえ
20.2%
11 2001年1月09日 白骨死体を我が子と絶対に認めない父と母の六年前の心の闇 下村優
江良至
18.9%
12 6月12日 アホウドリと真人間の危うい友情―チャット画面に点滅する孤独な現代人の危険信号 田部俊行 18.7%
13 2002年1月08日 娘を襲った暴漢の死体に附着した赤い糸くず―生母と養母が競い合う愛と殺意の踏絵 宮村優子 18.3%
14 4月09日 女店員絞殺死体の指紋が暴く15年前の射殺事件―刑事の養女は
時効寸前の被害者の娘
下村優
高橋正弥
19.2%
15 10月29日 幼児誘拐が暴く女の悲しい嘘 坂田義和
下村優
18.0%
16 2003年4月15日 殺された保育士に幼児虐待と不倫の疑惑 下村優
岡崎由紀子
18.8%
17 2004年6月08日 高山祭に彫った形見のペンダントにこもる怨念 30年ぶりの再会がもたらす復讐の毒牙 下村優
武井由美
15.9%
18 2005年2月01日 首吊り死体に劇薬の痕跡! 拭き忘れた指紋とロープの繊維片が暴く女3人の危険な約束 14.6%
19 5月24日 老女殺害の秘密を握るラーメン好きの車椅子少年
殺人犯の匂いを追い続ける警察犬と老刑事の執念の道
下村優 13.2%

外部リンク[編集]