伊藤俊人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いとう としひと
伊藤 俊人
生年月日 1962年2月16日
没年月日 2002年5月24日(満40歳没)
出生地 日本の旗 日本新潟県新潟市
職業 俳優
活動期間 1989年 - 2002年
活動内容 1989年東京サンシャインボーイズに参加
1994年古畑任三郎シリーズ
1998年ショムニ
配偶者 伊藤栄子
主な作品
12人の優しい日本人
古畑任三郎』シリーズ
巡査・今泉慎太郎
ショムニ

伊藤 俊人(いとう としひと、 1962年2月16日 - 2002年5月24日)は、新潟県新潟市出身の日本俳優左利き

人物[編集]

新潟明訓高等学校日本大学藝術学部演劇学科演技コース卒。大学時代は落語研究会に所属した。

1983年に脚本家三谷幸喜らと劇団東京サンシャインボーイズを旗揚げしたと思われているが、後期のメンバーである。三谷とは日藝の同期であったが、卒業後は就職しサラリーマンになっていた。しかし、ある時三谷と再会、サンシャインボーイズへ参加することとなった。初参加は1990年7月の『12人の優しい日本人』初演舞台から。以降のほとんどの三谷作品に出演している。2000年10月、『ショムニ』の撮影で出会ったスタイリストの女性と交際半年でスピード結婚。

踊る!さんま御殿!!』に出演した際に、ドラマで見せるしっかりした演技とは裏腹にオドオドした素の顔が明らかになり、さまざまなバラエティ番組に呼ばれた。

2002年5月24日午後5時18分、レギュラー出演していたテレビドラマ『ショムニ』の続編『ショムニFINAL』の撮影数日前にクモ膜下出血のため、40歳の若さで急逝した。通夜は5月28日、告別式は5月29日から、共に東京都中野区の宝仙寺で行われた。この時『ショムニ』の出演者で会見に応じたのは石黒賢のみであったが、会見中はばからず涙した。葬儀委員長は三谷、喪主は妻がそれぞれ務めた。遺体は新宿区落合斎場荼毘に付された。

『ショムニFINAL』の第1回は伊藤の追悼に捧げられ、そのエンディングで「ご冥福をお祈りします」とのテロップが付された(『ショムニFINAL』以降は野々村課長の代役を立てず、海外赴任中という設定になっている)。

黒ぶちのメガネを使うことも多い、個性派名脇役であった。『真実を追う男』が最後の出演番組となり、死後、2002年11月11日に放送された。

2009年、東京サンシャインボーイズ復活公演「returns」において、生前の彼の声を抽出した声の出演という形で仲間との共演を果たす。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

バラエティ[編集]

外部リンク[編集]