小林朝夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
こばやし あさお
小林 朝夫
本名 同じ
生年月日 1961年2月16日(53歳)
出生地 日本の旗 日本, 東京都
民族 日本人
職業 俳優
活動期間 1980年 - 1986年
家族 小林亜星(父)

小林 朝夫(こばやし あさお(現・本名:星 朝夫[要検証 ])、1961年2月16日[1] - )は、元俳優、元学習塾講師。危機管理・教育アドバイザー、八ヶ岳国語研究所所長を名乗る[2]

来歴・人物[編集]

東京都出身。実父は、作詞家、作曲家・俳優・タレントの小林亜星[1]世田谷区立八幡山小学校世田谷区立芦花中学校[3]明治大学付属中野高等学校を経て、明治大学文学部に学ぶ[2][4]

明治大学入学後は劇団ひまわりへ入団。父の口ききでニッポン放送「所ジョージの足かけ2日大進撃」という2時間番組のアシスタントレギュラーを一時期つとめる。

1981年2月からは『太陽戦隊サンバルカン』にバルパンサー・豹朝夫役で出演。同作品の第38話『豹朝夫のおやじ殿』では、父・亜星が応援に特別参加して親子共演が実現している。

のち俳優業を廃業。以降は塾講師を専らとして活動。教育関連の著作のほか、八ヶ岳地域でウッドハウス・ログハウス専門の塗装業や、ネットストアにも手を拡げた。

東京エコール進学教室、大原予備校や市進学院の講師を経て、TAP進学教室の室長に就任、後にサピックス進学教室に移籍[5]。東京都三鷹市でリファイン学習教室を開いていた当時、1999年9月19日、朝日新聞朝刊社会面のトップを飾る企画記事で『塾の世界で、小林先生を知らない人はいません 「国語の神様」です』との見出しとともに人気の塾講師として紹介される(「あなたが選ぶ この人が読みたい」(朝日新聞1999年9月19日朝刊))。だが、朝日新聞に「取り上げて欲しい」と取材の端緒となったメールを送ってきた人物は、教え子の母親を名乗っていたものの実際は塾の経理担当をしており、両者が個人的にも極めて近しい関係にあったことが、『週刊文春』(朝日が「国語の神様」に祭り上げた小林亜星次男に“不適切な関係”(週刊文春 1999年10月21日号))、および『週刊宝石』(「朝日新聞」が小林亜星の息子に騙された!(週刊宝石1999年10月28日号))の取材で発覚。両誌の取材に朝日新聞広報室は「今回のケースは大きな反省材料です」とコメントした。

コンピューターの「2000年問題」[1]当時から社会不安に対する対策ビジネスを開始。地震研究家としてもブログを発信してきた(科学者ではなく、あくまで自己流の研究を元にした予知)。

2005年、八ヶ岳国語研究所を設立、所長を名乗る[6]

2011年3.11以降には、福島原発事故の危機的情報を織り込んだ【【大地震警報・前兆緊急アラート】】 という有料課金ブログを立ち上げるようになる(もっとも、この2年前にはブログで「大災害の事前警告を出すのに、有料にしてしまっては、多くの方に警告を出すことはできません。うんこ以下なわけです。何の役にも立たないのですね」 http://www.voiceblog.jp/asao/1021283.html としていた)。

また、地震予知能力があることを自称しており(本人の課金ブロマガ2011年4月5日)、東日本大震災後もツイッター・ブログなどを中心に「災害警告」を発信し続けた。こうした一連の情報に弁護士・参議院議員の丸山和也「正確な情報を。根拠も丁寧に示していただきたい。強い関心事項」と指摘をしている。

2011年3月に発生した東日本大震災の際に、Twitter・ブログで、市販測定器の計測による地震予測を行っていたが、計測データを開示しておらずその根拠が乏しいこと、自身のブログの有料記事への誘導・購読者への天然水の販売の手法などについて批判を受けたため、以降は自身のブログでの有料情報としてのみ、予測を行っている。

なお、ブログを課金制にした目的については、当初、購読手続きページで「親を失った子どもたちの受け入れをしたい」が「資金的な問題があり、みなさんのお力をお借りしたい」として、収益は遺児受け入れのため活用することを言明。ただし「この件に対するお問い合わせには個別に答えることができません」とも記載していた【【大地震警報・前兆緊急アラート】】購読手続きページ2011年4月17日魚拓

2012年9月及び2013年1月に自身のブログにて、2013年2月15日までに「(関東での)大地震」が起きなかった場合には2月16日にYouTube上に土下座謝罪動画をアップすると明言していたが、相当する地震は発生しなかった[7]。2月18日に「関東に大きな地震がまだ来ていないということでお詫びをいたします」と謝罪する動画をYouTube上にアップしている(なお、直前に宣言していた「土下座」はしていない)。

2013年6月7日、同年4月に青森県弘前市のアパートで女子高校生にみだらな行為をしたとして、弘前警察署に県条例違反の疑いで逮捕された[8](なお、逮捕時の肩書きは「自称作家」と報道された)。2013年6月23日、児童ポルノ製造容疑で再逮捕された時の肩書きは「無職」となっていた[9]。その後の2013年7月5日、罰金60万円の略式命令を受け同日納付、釈放されている[10]

主な出演[編集]

映画[編集]

タイトル 公開年 役名 配給 備考
愛の白日夢 1980年 にっかつ
太陽戦隊サンバルカン 1981年 バルパンサー / 豹朝夫 東映
旧支配者のキャロル 2012年 映画学校講師 映画美学校

テレビドラマ[編集]

タイトル サブタイトル 放映年 役名 放映局 備考
ただいま放課後 1980年 フジテレビ
太陽戦隊サンバルカン 1981年 - 1982年 バルパンサー / 豹朝夫 テレビ朝日 レギュラー
幕末青春グラフィティ 坂本竜馬 1982年 福岡孝弟 日本テレビ
ちょっと噂の女たち・黒田軟骨の女難 1982年 - 1983年 毎日放送 レギュラー
ふぞろいの林檎たち 第9話「ひとの心が見えますか」 1983年 TBS
若き血に燃ゆる〜福沢諭吉と明治の群像 1984年 小泉信吉 テレビ東京
無邪気な関係 TBS レギュラー
月曜ドラマランド / サザエさんVS意地悪ばあさんVSいじわる看護婦 フジテレビ
月曜ワイド劇場 / 女タクシー運転手 バックミラーは見た! テレビ朝日
恋はミステリー劇場 / 夜中の薔薇 1985年 TBS
月曜ドラマランド / 奥さまは不良少女!? おさな妻 フジテレビ
女たちの場所 1986年
受験の神様 第1話「目指せ名門中! 熱血父子vs冷酷女家庭教師300日バトル勃発!!」 2007年 日本テレビ

その他のテレビ番組[編集]

著書[編集]

  • 『国語の神様 バカを一喝!』(KKロングセラーズ
  • 『自分の子どもを有名中学に合格させる法』(アスカ出版)
  • 『合格の鉄則』(ゴマ書房)
  • 『本当は怖ろしい漢字』(彩図社)
  • 『富士山99の謎』(彩図社)
  • 『大人のためのフィンランド式勉強法』(KKロングセラーズ)
  • 『フィンランド式能力アップBOOK』(フォーメンズ出版)
  • 『子どもの「頭のよさ」を引き出す フィンランド式教育法』(青春出版)
  • 『国語ぢから』(KKロングセラーズ)
  • 『課金ぢから』(自費出版)

出典[編集]

外部リンク[編集]