徳川家茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
徳川慶福/徳川家茂
Toku14-2.jpg
徳川家茂徳川記念財団蔵 慶応2年(1866年[1]
時代 江戸時代末期(幕末
生誕 弘化3年閏5月24日1846年7月17日
死没 慶応2年7月20日1866年8月29日)(満20歳没)
改名 菊千代→慶福→家茂
戒名 昭徳院殿光蓮社澤譽道雅大居士
墓所 三縁山広度院増上寺東京都港区
官位 従三位左近衛権中将
正二位権大納言内大臣
右近衛大将征夷大将軍
従一位右大臣、贈正一位太政大臣
幕府 江戸幕府第14代征夷大将軍
(在任:安政5年(1858年)- 慶応2年(1866年))
紀伊国紀州藩
(在任:嘉永2年(1849年)- 安政5年(1858年))
氏族 紀州徳川家徳川将軍家
父母 父:徳川斉順
母:松平晋の娘・みさ(実成院
養父:徳川斉彊徳川家定
養母:天璋院
兄弟 家茂、菊姫、庸姫、伊曾姫
正室:和宮親子内親王
実子:なし
養子:茂承 (紀伊藩継嗣)慶喜 (将軍家継嗣)
猶子:尊秀入道親王

徳川 家茂(とくがわ いえもち)は、江戸幕府第14代征夷大将軍。初めは第12代将軍・徳川家慶偏諱を賜って徳川 慶福(- よしとみ)と名乗っていた。

実父・徳川斉順は家慶の異母弟で、家茂は第13代将軍・家定の従弟にあたる。将軍就任の前は徳川御三家紀州藩第13代藩主。

徳川斉順(清水徳川家および紀州徳川家の当主)の嫡男[2]だが、父は家茂が生まれる前に薨去している。祖父は第11代将軍徳川家斉、祖母は妙操院御台所孝明天皇の皇妹・親子内親王(静寛院宮)。第13代将軍・徳川家定の後継者問題が持ち上がった際、家定の従弟にあたる慶福は徳川氏の中で将軍家に最も近い血筋であることを根拠に[3]譜代筆頭の井伊直弼南紀派の支持を受けて13歳で第14代将軍となる。

生涯[編集]

弘化3年(1846年)閏5月24日、紀州藩第11代藩主・徳川斉順の次男として江戸の紀州藩邸(現:東京都港区)で生まれる。なお、兄にあたる幻成院英晃常暉大童子は文政12年(1830年)に流産で死去している(南紀徳川史第二冊)。幼名菊千代(きくちよ)。嘉永2年(1849年)に叔父で第12代藩主である徳川斉彊が死去したため、その養子として家督を4歳で継いだ。嘉永4年(1851年)に元服し、当時の将軍(第12代将軍)・徳川家慶より1字を賜い慶福(よしとみ)と名乗り、同時に常陸介に任官、従三位に叙位。

幼少故に当初は隠居した元藩主・徳川治宝が補佐したが、その死去後は徳川家慶の側室を妹に持つ付家老・水野忠央が実権を握り、伊達千広陸奥宗光の父)をはじめとする藩政改革派が弾圧された。(和歌山市史)

紀州藩主としての治世は9年2か月であり、この間の江戸に居続けたまま将軍となったため、江戸参府も紀州帰国もなかった。[4]

安政5年(1858年)、一橋派との抗争の末に勝利し、直後に第13代将軍・徳川家定も死去したために第14代将軍となった。慶福改め家茂(いえもち)はこの時13歳という若年であったが、第13代将軍・徳川家定の従兄弟に当たり、前将軍の最近親ということから、血縁を徳川家康まで遡らなくてはならない一橋慶喜を抑えて将軍に就任した。しかし、文久2年(1862年)までは田安慶頼[5]が、その後は慶喜[6]が「将軍後見職」に就いていたため、その権力は抑制されていた。

文久2年(1862年)に公武合体策の一環として和宮と結婚。政略結婚ではあるが、和宮に対してたびたび贈り物をするなど細やかな気配りをし、2人の関係は良好であった。徳川家歴代の将軍と正室の中で最も夫婦仲が良かったのは家茂・和宮といわれたほどである。

文久3年(1863年)には将軍としては229年振りとなる上洛を果たし、義兄に当たる孝明天皇攘夷を誓った。慶応元年(1865年)、兵庫開港を決定した老中阿部正外らが朝廷によって処罰されると、自ら将軍職の辞意を朝廷に上申している。このとき孝明天皇は大いに驚き慌てて辞意を取り下げさせ、その後の幕府人事への干渉をしないと約束したという。

慶応2年(1866年)、家茂は第2次長州征伐の途上大坂城で病に倒れた。この知らせを聞いた孝明天皇は、典薬寮の医師である高階経由福井登の2人を大坂へ派遣し、その治療に当たらせた。江戸城からは、天璋院や和宮の侍医として留守を守っていた大膳亮弘玄院、多紀養春院(多紀安琢)、遠田澄庵高島祐庵浅田宗伯らが大坂へ急派された。しかしその甲斐なく、家茂は同年7月20日に大坂城にて薨去した。享年21(満20歳没)。

家茂は死に際して徳川宗家の後継者・次期将軍として田安亀之助(慶頼の子、後の将軍家第16代当主・徳川家達)を指名し、遺言としたが、それは実現されず、慶喜が第15代将軍となった。

年表[編集]

和暦 西暦 月日
旧暦
内容
弘化3年 1846年 閏5月24日 徳川斉順の次男として江戸の紀州藩邸(現:東京都港区)で生まれる。
弘化4年 1847年 4月22日 紀州藩徳川斉彊の養子となる。
嘉永2年 1849年 閏4月2日 紀州藩主となる。
嘉永4年 1851年 10月9日 元服。慶福と名乗り、常陸介に任官。同日従三位に叙位。左近衛権中将に転任。
嘉永6年 1853年 10月23日 徳川家定、第13代将軍に就任。
安政2年 1855年 12月15日 参議に補任。
安政5年 1858年 6月20日 将軍家定の世子となる。
10月24日 正二位権大納言に昇叙転任。
10月25日 第14代将軍に就任。名を家茂と改めた。内大臣に転任し、右近衛大将を兼任。併せて源氏長者宣下。
万延元年 1860年 3月3日 桜田門外の変大老井伊直弼、暗殺される。
文久2年 1862年 2月11日 仁孝天皇皇女で孝明天皇の皇妹・和宮と結婚。
文久3年 1863年 3月4日 朝廷の攘夷実施の求めに応じて、第3代将軍・徳川家光以来となる上洛。
文久4年/
元治元年
1864年 1月15日 2度目の上洛。21日、従一位に昇叙し、右大臣に転任。右近衛大将如元。
8月2日 第1次長州征伐
慶応元年 1865年 閏5月22日 第2次長州征伐のため3度目の上洛。以後、死まで大坂城に滞在。
10月1日 朝廷に将軍職の辞表を提出、江戸東帰を発表(7日、正式に撤回)。
慶応2年 1866年 6月7日 長幕開戦。
7月20日 大坂城で脚気衝心のため薨去。享年21(満20歳没)。贈正一位太政大臣

徳川家茂 贈太政大臣正一位 宣命[編集]

天皇詔旨良万止 故征夷大將軍從一位右大臣源家茂朝臣倍止勅命聞食 幕府重職氐与利 九年歳月経過奴留尓 朝廷尊崇乃志加利岐 國家多端中道尓志毛 祭祀山陵荒廢乎毛修繕志者 至忠至誠氐 奉仕奉助利志功績所致止奈毛所念行不慮疾病相侵氐 此昭々 夫生前阿礼波名誉沒後留者 古典尓毛志久所存奈利 故是以太政大臣正一位官位上賜贈賜 天皇勅命聞食 慶應三年七月十二日

『京巷説(史談会採集史料巻之三 維新史料編纂会所蔵)』

訓読文
天皇(すめら)が詔旨(おほみこと)らまと、故(もと)の征夷大将軍(えみしうつおほいいくさきみ)従一位(ひろいひとつのくらゐ)右大臣(みぎりのおほいまうちきみ)源家茂朝臣に詔(のら)へと勅命(のりたまふおほみこと)を聞食(きこしめさへ)と宣(のりたま)ふ、
幕府(おほみつかさ)の重職(おもきつかさ)を荷(になひ)てより、纔(わづか)に九年(ここのとせ)の歳月(としつき)を経過(へすごし)ぬるに、朝廷(おほみかど)を尊崇(たふとみあがむる)の志深(こころざしふか)かりき、
故(かれ)ゆ国家(くにいへ)多端(ことしげ)の中道(なかみち)にしも、祭祀(みまつり)を古(いにしへ)に復(かへ)し、山稜(みささぎ)の荒廃(あれすたれ)たるをも修繕(をさめつくろひ)しは、至忠(まめこころ)に至誠(まこと)の心を以(も)て、奉仕(つかへまつ)り奉助(あななひまつ)りし功績(いさをし)の所致(いたすところ)となも所念行(おもほしめ)す、
然(さる)に不慮(ゆくりなく)も疾病(やまひ)相侵(あひをかし)て早く此昭々(このあきら)の国を去りぬ、
夫(そ)れ生前(あれしさき)に功(いさをし)あれば名誉(なのほまれ)没(みまか)る後(のち)に顕(あらは)るは、古典(いにしへふみ)にも著(いちじる)しく所存(のこれる)なり、
故是(かれここ)を以(も)て、太政大臣(おほいまつりことのおほいまうちきみ)正一位(おほいひとつのくらゐ)の官位(つかさくらゐ)に上賜(あげたま)ひ贈賜(おくりたま)ふ天皇(すめら)が勅命(おほみこと)を聞食(きこしめさへ)と宣(のりたま)ふ、
慶応三年(みとせ)七月十二日(ふみつきとをあまりふつか)

評価[編集]

血筋だけでなく英明な風格を備えており、勝海舟をはじめ幕臣からの信望厚く、忠誠を集めたと言われている。勝は、「若さゆえに時代に翻弄されたが、もう少し長く生きていれば、英邁な君主として名を残したかもしれない。武勇にも優れていた人物であった」と評価し、その死に関しては「家茂さまの御薨去をもって徳川幕府は滅んだ」と嘆息したと伝えられる。

人物[編集]

  • 羊羹氷砂糖金平糖カステラ懐中もなか、三色菓子など甘いものを好んだ。虫歯や脚気の原因はこれらの食べ過ぎだと思われる。
  • 四肢骨からの推算で身長は156.6cmである。
  • 遺骨から面長で極めて鼻が高く、歯は反り歯であったことが分かっている。肖像画の顔はそうした特長をよく表している。
  • 慶喜が見舞いに来た際には普通に会話をしたと言われる。
  • 増上寺徳川将軍家墓とその遺品・遺体』によると、家茂の血液型はA型である。

家茂の墓と遺体[編集]

増上寺の墓所にある家茂の石塔

昭和33年(1958年)から35年(1960年)に増上寺の徳川将軍家墓地改葬の際に徳川家の人々の遺骨の調査を行った鈴木尚の著書・『骨は語る 徳川将軍・大名家の人びと』によれば、家茂は月代を剃っておらず、若々しく豊富な髪の持ち主であったという。また家茂の歯の虫歯の度合いは酷く、残存する31本の歯の内30本が虫歯にかかっていた。記録などから総合するに、家茂は元々歯のエナメル質が極端に薄い体質であった上に、大の甘党でもあった。その虫歯が家茂の体力を弱め、脚気衝心、さらには医師間の診断内容の相違(高階ら漢方の典医は脚気との診断を下したが、西洋医の幕府奥医師達はこれをリウマチだとして譲らなかった)も加わり、家茂の命を奪ったのではないか、と指摘している。

また墓地改葬の際に、和宮の墓の中から家茂と思われる男性の肖像写真が発見された。これまで家茂は義兄の孝明天皇に倣って写真は撮影していなかったと思われていた。この写真は死の直前に大坂で撮影され、江戸にいる和宮に贈られたものとみられる。しかし写真は湿板写真だったため、発見の翌日に検証しようとしたところ、日光のためか画像は失われてしまっていた。発掘した歴史学者の山辺知行によると、写真の男性は「長袴の直垂に烏帽子をかぶった若い男性」で「豊頬でまだ童顔を残していた」という[7]

偏諱を与えた人物[編集]

家茂から偏諱を頂いた大名は維新後、新政府にはばかって改名(返上)した者が多い。括弧内は改名後の

逸話[編集]

  • 幼少の頃は池の魚や籠の鳥を可愛がるのを楽しみとしていた。しかし13歳で将軍として元服してからは、それらの楽しみを捨てて文武両道を修めるように努めた。病弱な体なのにささやかな楽しみすら捨て、良い将軍であろうと心がけていた姿は幕臣達を没後も感激させたという。
  • 書の達人として知られていた幕臣・戸川安清は70歳を過ぎた老人ながら、推されて家茂の習字の先生を務めていた。ある時家茂に教えていた最中に、突然家茂が安清の頭の上から墨を摺るための水をかけ手を打って笑い、「あとは明日にしよう」と言ってその場を出て行ってしまった。同席していた側近達がいつもの家茂らしくないことをすると嘆いていると、当の安清が泣いていた。家茂の振る舞いを情けなく思ってのことかと尋ねると、実は老齢のため、ふとした弾みで失禁してしまったと安清は言った。その頃の慣例として将軍に教えている真っ最中に尿を漏らしたとなると厳罰は免れないので、それを察した家茂は水をかけるいたずらをすることでその失敗を隠し、「明日も出仕するように」と発言することで不問に処することを表明したのである。その細やかな配慮に感激して泣いているのだと答えたという(安清の親戚である戸川残花が『幕末小史』の中に記している)。
  • 文久3年(1863年)4月、家茂は朝廷に命じられた攘夷実行への準備として、幕府の軍艦順動丸に乗って大坂視察を行っており、順動丸を指揮していた勝海舟から軍艦の機能の説明を受け、非常に優れた理解力を示した。その折に勝から軍艦を動かせる人材の育成を直訴されると、即座に神戸海軍操練所の設置を命令した。さらに同年12月に上洛の際、勝の進言を容れて順動丸を使うことを決断した(その理由として前回の上洛において往路だった陸行では22日を要したのに対し、帰路順動丸を使った際には僅か3日で江戸に帰れた事実がある。そのことが勝への信頼感へ繋がったとする説がある)。さらに航海の途中で海が荒れて船に酔う者が続出したため、側近から陸行への変更を奨められたが、この時「海上のことは軍艦奉行に任せよ」と厳命し、勝への変わらぬ信頼を表した。これらの信任に勝は感激し、家茂に対する生涯の忠誠を心中深く誓ったという。勝は家茂の死去した際、絶望のあまり、日記に「徳川家、今日滅ぶ」と記したほどである。晩年は家茂の名を聞いただけで、病弱な体で激動の時代に重責を背負わされた家茂の生涯に「お気の毒の人なりし」と言って目に涙を浮かべたという。
  • 欧州におけるの産地として知られたフランスイタリアでは、1850年代にノゼマと呼ばれる原生生物が原因とするの伝染病が流行し、両国の養蚕業は壊滅状態になった。これを知った家茂は、蚕の卵を農家から集めてナポレオン3世に寄贈した。フランスではルイ・パスツールジャン・アンリ・ファーブルの助言を元に、日本の蚕を研究して病気の原因を突き止めるとともに、生き残った蚕同士を掛け合わせて品種改良を行った。ナポレオン3世は謝礼として慶応3年(1867年)に、幕府に対して軍馬の品種改良のためのアラビア馬26頭を贈呈した。飼育の伝習も同時に行われ、小金牧(現千葉県松戸市)で大切に飼育される予定だったが、戊辰戦争で散逸してしまった。

脚注[編集]

  1. ^ 絹本著色。和宮旧蔵とも言われる。制作には、家茂に父のように慕われた徳川茂徳が関わった可能性が極めて高い。茂徳は本図の元となる似顔絵を、家茂の死後天璋院に贈っており(現在は写真のみ残り茨城新聞社蔵)、こちらは長州征伐で大坂の陣中にいる際に描き、陣羽織を着た立姿で表されている。茂徳は和宮にもこの軍装図に近いと思われる絵を贈ったが、和宮はこれを「異風」「異人の御まねにては御心外」だと感じ、茂徳に描き直しを求めたという。そこで制作されたのが、この肖像画だとも言われる。なお、家茂には他にも、狩野派正系の絵師になる束帯姿で繧繝縁の上畳に座した肖像や、幕臣出身の洋画家川村清雄が手掛け、勝海舟らにも良く出来てると賞賛された「昭徳院肖像」(徳川記念財団蔵)などの肖像画が残っている(徳川恒孝監修 徳川記念財団編集 『徳川家茂とその時代 ─若き将軍の生涯─』 江戸東京博物館、2007年)。
  2. ^ 流産した兄がいたため次男とみなされることもある。
  3. ^ 当時慶福よりも血筋が近い者として家定の叔父にあたる美作津山藩松平斉民と阿波徳島藩蜂須賀斉裕がいたが、徳川家を出て他家の養子となっていたためどちらも将軍後継者として みなされなかった。皮肉なことに、この両者とも家茂より長生きしている。
  4. ^ 小山誉城「紀州徳川家の参勤交代」2011年(『徳川将軍家と紀伊徳川家』精文堂出版)
  5. ^ 慶頼も大老・井伊直弼の傀儡であったといわれる。
  6. ^ ちなみに、慶喜の伯父にあたる徳川斉脩の正室は家茂の父である徳川斉順の同母姉、峯姫
  7. ^ 但しこの写真に関しては、和宮のかつての婚約者であった有栖川宮熾仁親王の写真だったとする異説もある。

徳川家茂が登場する作品[編集]

映画
テレビドラマ
舞台
漫画
ゲーム