島津久光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
島津 久光
Shimadu Hisamitu.jpg
島津久光像
原田直次郎筆 明治21年(1888年尚古集成館
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 文化14年10月24日1817年12月2日
死没 明治20年(1887年12月6日
改名 通称:普之進(幼名)→又次郎→山城→周防→和泉→三郎
実名):忠教→久光
別名 :君輝、邦行
雅号:徳洋、大簡、双松、玩古道人、無志翁
墓所 島津家墓地鹿児島県鹿児島市
官位 従四位下左近衛権少将大隅守、従四位上・左近衛権中将、従三位参議従二位麝香間祗候内閣顧問左大臣正二位公爵従一位
薩摩国鹿児島藩国父
氏族 島津氏種子島氏→島津氏(宗家→重富家→宗家→玉里家
父母 父:島津斉興 母:お由羅の方
養父:種子島久道島津忠公
兄弟 斉彬池田斉敏久光、順姫、
候姫
正室:千百子(島津忠公の娘)
側室:山崎武良子
島津忠義久治珍彦忠欽忠済 ほか

島津 久光(しまづ ひさみつ)は、江戸時代末期から明治時代初期にかけての日本政治家幕末薩摩藩における事実上の最高権力者で、公武合体運動を推進した。明治政府内閣顧問左大臣重富島津家当主、のち玉里島津家初代当主。

位階勲等爵位従一位大勲位公爵は君輝、邦行。雅号は幼少時が徳洋、以後は大簡・双松・玩古道人・無志翁と号した。

島津家27代当主(薩摩藩10代藩主)島津斉興の五男。同28代当主(11代藩主)島津斉彬は異母兄、同29代当主(12代藩主)島津忠義は長男。次男・久治宮之城家、四男・珍彦重富家、五男・忠欽今和泉家、と島津家の旧来の分家をそれぞれ相続した。曾孫に香淳皇后、玄孫に今上天皇がいる。

生涯[編集]

若年期[編集]

文化14年(1817年)10月24日、薩摩国鹿児島郡(現鹿児島県鹿児島市)の鹿児島城において誕生する。生母は斉興の側室・お由羅の方幼名は普之進(かねのしん)。文政元年(1818年3月1日種子島久道の養子となり、公子(藩主の子)の待遇を受ける[1]。 文政8年(1825年)3月13日に島津宗家へ復帰し、4月に又次郎と改称する。

同年11月1日、島津一門家筆頭の重富島津家の次期当主で叔父にあたる島津忠公の娘・千百子と婚姻し、同家の婿養子となる。これを機に鹿児島城から城下の重富邸へ移る。文政11年(1828年)2月19日に斉興が烏帽子親となり元服忠教(ただゆき)のを授かる。天保7年(1836年)2月、千百子と婚礼の式を挙げる。天保10年(1839年)11月に重富家の家督を相続し、12月に通称を山城と改める。弘化4年(1847年)10月、通称を山城から周防へ改める。

斉興の後継の地位をめぐり、斉彬と忠教の兄弟それぞれを擁立する派閥が対立して御家騒動お由羅騒動)に発展した結果、幕府の介入を招来し、嘉永4年(1851年)2月2日に斉興が隠退、斉彬が薩摩藩主となる。島津氏家督の座を争うかたちにはなったが、忠教自身は反斉彬派に担がれたという要素が強く、斉彬と忠教の個人的関係は一貫して悪くなかったとみられる[2]。また忠教は斉彬と同様、非常に学問好きであった。ただ、蘭学を好んだ斉彬と異なり、忠教は国学に通じていた。

藩の最高権力の掌握[編集]

安政5年(1858年)7月16日に斉彬が死去すると、遺言により忠教の実子・忠徳が12月28日、藩主に就任する(忠徳は翌6年2月、将軍徳川家茂に謁見し、その偏諱を授かって茂久と改名。後の忠義)。茂久の後見を務めた斉興が安政6年(1859年)9月12日に没すると、藩主の実父として忠教の藩内における政治的影響力が増大する。文久元年(1861年)4月19日に宗家へ復帰、「国父」の礼をもって遇されることになり、藩政の実権を掌握する。23日、通称を和泉、諱を久光に改める。文久2年(1862年)2月24日、重富邸から新築の鹿児島城二の丸邸へ移る(以後、藩内において「副城公」とも称される)。

藩内における権力拡大の過程では、小松清廉(帯刀)や中山中左衛門等とあわせて、大久保利通伊地知貞馨(堀仲左衛門)・岩下方平海江田信義吉井友実等、中下級藩士で構成される有志グループ「精忠組」の中核メンバーを登用する[3]。ただし、精忠組の中心であった西郷隆盛とは終生反りが合わず、文久2年(1862年)の率兵上京(後述)時には、西郷が無断で上坂したのを責めて遠島処分(徳之島、のち沖永良部島に配流)にし、藩内有志の嘆願により元治元年(1864年)に西郷を赦免する際も、苦渋の余りくわえていた銀のキセルの吸い口に歯形を残したなどの逸話があるように、のちのちまで両者のあいだには齟齬があった。

中央政界へ進出[編集]

文久2年(1862年)、公武合体運動推進のため兵を率いて上京する(3月16日鹿児島発、4月16日京都[4])。朝廷・幕府・雄藩の政治的提携を企図する久光の運動は、亡兄・斉彬の遺志を継ぐものとされた。京都滞在中の4月23日、伏見(現京都府京都市伏見区)の寺田屋に集結した有馬新七ら自藩の尊攘派過激分子を粛清する寺田屋事件を起こす。

朝廷に対する久光の働きかけにより5月9日、幕政改革を要求するために勅使を江戸へ派遣することが決定され、勅使随従を命じられる。幕府への要求事項として、以下の「三事策」(1.は長州藩、2.は岩倉具視、3.は薩摩藩の各意見を採用したもの)が決められた。

  1. 将軍・徳川家茂の上洛
  2. 沿海5大藩(薩摩藩・長州藩・土佐藩仙台藩加賀藩)で構成される五大老の設置
  3. 一橋慶喜将軍後見職、前福井藩主・松平春嶽大老職就任

出府に先立って5月12日、通称を和泉から三郎へと改めた[5]上で、21日に勅使・大原重徳に随従して京都を出発、6月7日に江戸へ到着する。当地において勅使とともに幕閣との交渉に当たり、7月6日に慶喜の将軍後見職、9日に春嶽の政事総裁職の就任を実現させる(文久の改革)。

勅使東下の目的を達成した[6]ことで、8月21日に江戸を出発、東海道を帰京の途上、武蔵国橘樹郡生麦村(現神奈川県横浜市鶴見区)でイギリスの民間人4名と遭遇し、久光一行の行列の通行を妨害したという理由で随伴の薩摩藩士がイギリス人を殺傷する生麦事件が起こる[7]。閏8月6日に京都へ到着、9日に参内して幕政改革の成功を復命した後、23日に京都を発し帰藩する(9月7日鹿児島着)。イギリス人殺傷の一件は結果的に、翌文久3年(1863年)7月の薩英戦争へと発展する。

公武合体運動の挫折[編集]

文久3年(1863年)3月に2回目の上京をする(3月4日鹿児島発、14日京都着)が、長州藩を後ろ盾にした尊攘急進派の専横を抑えられず、足かけ5日間の滞京で帰藩する(18日京都発、4月11日鹿児島着)。しかし帰藩後も、尊攘派と対立関係にあった中川宮近衛忠煕忠房父子、また、尊攘派の言動に批判的だった孝明天皇から再三、上京の要請を受ける。長州藩の勢力を京都から追放するべく、薩摩藩と会津藩が中心となって画策し、天皇の支持を得た上で決行された八月十八日の政変が成功した後、3回目の上京を果たす(9月12日鹿児島発、10月3日京都着)。

久光の建議によって朝廷会議(朝議)に有力諸侯を参与させることになり、12月30日に一橋慶喜、松平春嶽、前土佐藩主・山内容堂、前宇和島藩主・伊達宗城、会津藩主・松平容保京都守護職)が朝議参預を命じられる。久光自身は翌元治元年(1864年)1月14日に参預に任命され、同時に従四位下左近衛権少将に叙任される[8]。かくして薩摩藩の公武合体論を体現した参預会議が成立するが、孝明天皇が希望する横浜鎖港をめぐって、限定攘夷論(鎖港支持)の慶喜と、武備充実論(鎖港反対)の久光・春嶽・宗城とのあいだに政治的対立が生じる。結果的に久光ら3侯が慶喜に譲歩し、幕府の鎖港方針に合意したものの、両者の不和は解消されず、参預会議は機能不全に陥り解体、薩摩藩の推進した公武合体運動は頓挫する。久光は3月14日に参預を辞任、小松帯刀や西郷隆盛らに後事を託して4月18日に退京する(5月8日鹿児島着)。

倒幕の決断[編集]

久光が在藩を続けた約3年間に中央政局は、禁門の変(元治元年7月19日)、第一次長州征討、将軍進発[9]慶応元年5月16日)、条約勅許[10](10月5日)、薩長盟約の締結(慶応2年1月21日)、第二次長州征討、将軍・徳川家茂薨去(7月20日)、徳川慶喜の将軍就職(12月5日)、孝明天皇の崩御(同月25日)、祐宮睦仁親王(明治天皇)の践祚(慶応3年1月9日)、等々と推移する。この間、慶応2年(1866年)6月16日から20日にかけて、イギリス公使ハリー・パークスの一行を鹿児島に迎えて、藩主・茂久と共に歓待し、薩英戦争の講和以後続く薩摩藩とイギリスの間の友好関係を確認する。

慶応3年(1867年)の4回目の上京(3月25日鹿児島発、4月12日京都着)では、松平春嶽・山内容堂・伊達宗城とともに四侯会議を開き、開港予定の布告期限が迫っていた兵庫(現兵庫県神戸市)開港問題[11]や、前年9月の再征の休戦(事実上の幕府の敗北)以来保留されたままの長州処分問題をめぐり、四侯連携のもとで将軍・慶喜と協議することを確認する。しかし、5月14、19、21日の二条城における慶喜との会談では、長州処分問題の先決を唱える(寛典処分を意図する)四侯に対して、慶喜は対外関係を理由に兵庫開港問題の先決を主張する。同月23、24日の2日間に及んだ朝議の結果は、2問題を同時に勅許するというものだったが、慶喜の意向が強く反映され、長州処分の具体的内容は不明確であった。この事態を受けて、慶喜との政治的妥協の可能性を最終的に断念した久光の決断により、薩摩藩指導部は武力倒幕路線を確定する。

病身の久光は8月15日に大坂へ移り、9月15日に帰藩の途に就く(21日鹿児島着)。10月14日に久光・茂久へ討幕の密勅が下され、また同日の徳川慶喜による大政奉還の奏請を受けて翌15日、朝廷より久光に対し上京が命じられる[12]が、病のためそれに応じられず、代わって藩主・茂久が11月13日、藩兵3,000人を率いて鹿児島を出発、途中周防国三田尻(現山口県防府市)において18日、長州藩世子・毛利広封と会見し3藩提携による出兵を協定して、23日に入京する。その後、中央政局は王政復古戊辰戦争へと推移した。

明治維新後[編集]

維新後も鹿児島藩(薩摩藩)における権力を握り続けたが、新政府が進める急進的改革に批判的立場をとり、また藩体制の改革を要求する川村純義野津鎮雄伊集院兼寛等の戊辰戦争の凱旋将兵(下級士族層が中心)と対立する。明治2年(1869年)2月、勅使・柳原前光が大久保利通を随伴して鹿児島に下向、その働きかけに応じて上京し(2月26日鹿児島発、3月2日京都着)、3月3日に参内、6日に従三位参議兼左近衛権中将に叙任される(13日京都発、21日鹿児島着)。

明治3年(1870年)1月から2月にかけて、久光と西郷隆盛へ上京して政府に協力する[13]よう促すため、大久保が東京から帰藩するが、政府に不満をもつ久光と西郷を説得できず、両者の引き出しに失敗する。同年12月、勅使・岩倉具視が大久保等とともに鹿児島に下向し、久光および西郷に上京を要請する。西郷は上京に同意するが、久光は病を理由にその猶予を願う。明治4年(1871年)2月に鹿児島山口高知3藩の兵力で編成される御親兵の設置が決定すると、出兵準備のため西郷が東京より帰藩し、久光に代わって知藩事・島津忠義が4月に西郷とともに上京する。

西郷や大久保らが主導するかたちで、同年7月14日に廃藩置県が断行されると、これに激怒し、抗議の意を込めて自邸の庭で一晩中花火を打ち上げさせる。旧大名層の中で廃藩置県に対してあからさまに反感を示した唯一の例になる。9月10日に政府から分家するよう命じられ、島津忠義の賞典禄10万石のうち5万石を家禄として分賜される(玉里島津家の創立)。

11月14日に都城県が設置され、旧藩領が鹿児島県と都城県とに大きく分断されると、「分県」は長州の陰謀だと疑い、また、自身の鹿児島県令就任を希望する[14]

明治5年(1872年)6月22日から7月2日にかけて、明治天皇が西国巡幸の一環として鹿児島に滞在した[15]ことを受けて、6月28日に政府の改革方針に反する守旧的内容を含んだ14カ条の意見書を奉呈する[16]

明治6年(1873年)3月に勅使・勝安芳(海舟)および西四辻公業が鹿児島に下向、その要請に応じて上京する(4月17日鹿児島発、23日東京着)。5月10日、麝香間祗候を命じられる。12月25日、内閣顧問に任じられる。明治7年(1874年)2月、佐賀の乱の勃発を受けて、明治六年政変により下野した西郷を慰撫するため、鹿児島に帰郷する(2月14日東京発、20日鹿児島着)。4月、勅使・万里小路博房および山岡鉄太郎(鉄舟)が鹿児島に派遣され、その命に従って帰京する(4月15日鹿児島発、21日東京着)。同月27日に左大臣となり、5月23日には旧習復帰の建白を行うが、政府の意思決定からは実質的に排除される。

晩年[編集]

明治8年(1875年)10月22日、左大臣の辞表を提出、27日に許可される。11月2日、麝香間祗候を命じられる。明治9年(1876年)4月、鹿児島に帰郷する(4月3日東京発、13日鹿児島着)。

以後、鹿児島で隠居生活を送り、島津家に伝わる史料の蒐集、史書(『通俗国史』等)の著作・編纂に専念する[17]。また、依然として政府による廃刀令等の開化政策に対して反発を続け、生涯髷を切らず、帯刀・和装をやめなかった。

明治10年(1877年)2月に西郷隆盛らが蜂起して西南戦争が勃発すると、政府は久光の動向を憂慮して勅使・柳原前光を鹿児島に派遣し上京を促したが、久光は太政大臣三条実美への上書において中立の立場にあることを表明、代わりに四男・珍彦、五男・忠欽を京都に派遣する。また戦火を避けるため、桜島に一時避難している。

こののちも政府は久光の処遇に苦慮し、叙位叙勲や授爵において最高級で遇した。

明治20年(1887年)12月6日に死去、享年71。国葬をもって送られたが、東京ではなく鹿児島での国葬となったため、葬儀のために道路が整備され、熊本鎮台から儀仗兵1大隊が派遣される。玉里家(公爵)は七男・忠済が継承する。

墓所は鹿児島県鹿児島市の島津家墓地。鹿児島市照国町鎮座の照国神社に銅像がある。

官職位階履歴[編集]

※日付は明治4年までは旧暦。

エピソード[編集]

維新後、配下に「俺はいつ将軍になるのだ」と聞いたという話は俗説である[要出典]

系譜[編集]


                           昭和天皇 
                     久邇宮邦彦王  ┣━━━━今上天皇
                       ┣━━━香淳皇后
                      ┏俔子  
      ┏斉彬=======茂久(忠義)━┻忠重━━━忠秀━━修久━━忠裕     
      ┣久寧(➔池田斉敏)   ↑  
斉宣━斉興━┻久光━━━━━━━┳忠徳
  ┣             ┣久治━━長丸━━━忠丸━━忠之━━忠洋
  (重富家)         ┣包次郎
  ┣忠公==忠教━━━━━━━┣忠鑑(珍彦)━━壮之助━━忠彦==晴久━━孝久
  ┗忠剛━━忠敬=======┣忠欽┳━隼彦━━━忠親━━忠克
  (今和泉家)        ┣忠経┗雄五郎━━━忠夫━━忠正━━忠昭━━忠寛
                ┣━(玉里家)忠済━━忠承━━━忠広━━忠美━━忠由
                ┗芳之進

家族[編集]

※主に「御祭祀提要」(『尚古集成館紀要』5号)を参照。

久光を扱った作品[編集]

テレビドラマ

竜馬がゆく』(1968年) 演:戸田皓久
翔ぶが如く』(1990年) 演:高橋英樹
徳川慶喜』(1998年) 演:江守徹
篤姫』(2008年) 演:山口祐一郎

小説

司馬遼太郎きつね馬』(『酔って候』 所収)
司馬遼太郎『翔ぶが如く

漫画

みなもと太郎風雲児たち 幕末編』

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『島津氏正統系図』では種子島氏の養子になった事実が省かれている。
  2. ^ 安政5年(1858年)5月13日に幕府軍艦咸臨丸が鹿児島を訪問したおり、斉彬は勝海舟に忠教を紹介している。
  3. ^ 文久元年(1961年)10月、大久保と伊地知(堀)を御小納戸役に抜擢し、岩下を軍役奉行兼趣法方掛に、海江田と吉井を徒目付とした。
  4. ^ 4月16日、久光は非公式に京都の近衛邸を訪問。近衛忠房議奏中山忠能正親町三条実愛と会談。同日、久光へ滞京して浪士鎮撫の任にあたるよう勅命が下る。翌17日、久光は公式に京都錦小路の薩摩藩邸に入る。
  5. ^ 老中水野忠精官名和泉守との同名を避けるための処置とされる。
  6. ^ 久光(薩摩藩)にとっての幕政改革における主要目標は、「三事策」のうち自身の主張である第3条を実現することにあったと考えられる(渋沢栄一『徳川慶喜公伝』第8章参照)。
  7. ^ 事件発生前に、アメリカ人貿易商ユージン・ヴァン・リードも久光の行列と遭遇しているが、彼は日本の慣習に通じていたため、行列に道を開けて下馬・脱帽し表敬の挨拶をしたので大事には至らなかった。
  8. ^ この官位は、歴代の薩摩藩主と同等の格式に相当する。官位を得るまでの久光は、薩摩藩の最高実力者ではあったものの、あくまで藩主の実父という存在であって、形式上、幕府将軍)や朝廷天皇)から見れば陪臣に過ぎなかった。
  9. ^ 長州再征を期して、征夷大将軍徳川家茂慶応元年(1865年)5月16日に江戸城を出陣、閏5月25日に大坂城へ入り征長の本営とする。
  10. ^ 大坂滞在中の将軍以下幕閣および京都朝廷に対して通商条約の勅許と兵庫(現兵庫県神戸市)開港を要求するため、イギリス公使パークスフランス公使ロッシュアメリカ代理公使ポートマンオランダ総領事ファン・ポルスブルックが、慶応元年(1865年)9月13日に軍艦9隻を率いて横浜を出帆、16日に大坂湾へ来航し兵庫沖に艦隊を停泊させる。欧米列強の軍事的威圧の下で10月5日、一橋慶喜らの説得を容れた孝明天皇が、通商条約は勅許、ただし兵庫開港は承認せずという内容の勅諚を降下する。
  11. ^ 兵庫開港については、慶応元年10月の条約勅許の際に孝明天皇によって差し止められた経緯があったものの、文久2年(1862年)締結のロンドン覚書による取りきめ上、1868年1月1日(慶応3年12月7日)の開港が予定されており、開港期日の6カ月以前に開港予定を布告するよう義務づけられていた。そのため幕府としては、布告期限までに兵庫開港の勅許を得る必要があった。
  12. ^ 朝廷は10月15日、慶喜の大政奉還を勅許、あわせて10万石以上の諸侯に対して上京を命じ、久光のほか、前尾張藩主・徳川慶勝松平春嶽伊達宗城山内容堂広島藩主・浅野茂長、前佐賀藩主・鍋島閑叟岡山藩主・池田茂政を特に指名して召集した。
  13. ^ 東京奠都により明治2年3月、天皇が京都から東京へ再幸、東京城が「皇城」となり、太政官も東京へ移る。
  14. ^ これに困惑した西郷隆盛の周旋により願い出は揉み消される。
  15. ^ この巡幸の最大の目的は、久光を慰撫することにあったと考えられる(佐々木克『幕末の天皇・明治の天皇』第2部第3章参照)。巡幸には、西郷隆盛のほか、西郷従道川村純義吉井友実高島鞆之助等、鹿児島藩の出身者が多数随行していたにもかかわらず、久光への挨拶がなくその怒りを買う。久光に非礼を詫びるために、西郷隆盛が同年11月に帰郷し、翌年5月まで東京を離れている。
  16. ^ この建言書については、『島津久光公実紀』巻7によると、翌年6月22日に久光が注釈書を政府へ提出したとされるが、実際に注釈書が提出されたかについては疑問がある(芳即正『島津久光と明治維新』第9章参照)。
  17. ^ 玉里家に伝わった史料・典籍は、後に「玉里文庫」として鹿児島大学付属図書館の所蔵となる。
  18. ^ なお宮尾登美子天璋院篤姫』では於哲の妹とされているが、これは誤伝である。
  19. ^ 2008年に放映されたNHK大河ドラマ篤姫では、吉高由里子が演じた。
  20. ^ 徳川家定継々室候補の一人となったが、島津斉彬の選抜によって島津忠剛の娘・一(かつ、後の天璋院)を擁立することが決まり外れた。

関連項目[編集]