堀田正俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
堀田 正俊
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛永11年11月12日1634年12月31日
死没 貞享元年8月28日1684年10月7日
改名 正吉(幼名)→正俊
別名 久太郎(通称)
戒名 不矜院殿又新叢翁大居士
墓所 千葉県佐倉市新町の甚大寺
官位 従五位下、従四位下、備中守、筑前
幕府 江戸幕府奏者番若年寄老中大老
下総守谷藩主→上野安中藩主→下総古河藩
氏族 堀田氏
父母 父:堀田正盛、母:酒井忠勝の娘
養母:春日局斎藤利三の娘)
兄弟 正信脇坂安政正俊正英南部勝直
正室:稲葉正則の娘
正仲正虎正高正武

堀田 正俊(ほった まさとし)は、江戸時代前期から中期の大名江戸幕府老中大老上野安中藩主。後に下総古河藩の初代藩主。正俊系堀田家初代。

生涯[編集]

寛永11年(1634年)11月12日、第3代将軍徳川家光政権下の老中堀田正盛の三男として生まれる。寛永12年(1635年)に義理の曾祖母に当たる春日局の養子となり、その縁から寛永18年(1641年)、第3代将軍徳川家光の嫡男竹千代(徳川家綱)の小姓に任じられて頭角を現した。寛永20年(1643年)、家光の上意で春日局の孫に当たる稲葉正則の娘と婚約、春日局の遺領3000石を与えられている。

慶安4年(1651年)、家光の死去に際して父正盛が殉死すると、遺領のうち下野新田1万石を分与され、守谷城1万3000石の大名となる。同時に従五位下備中守に叙位・任官する。その後も4代将軍家綱の時代に順調に昇進し、明暦2年(1656年)に稲葉正則の娘と結婚、正則の後見を受けて万治3年(1660年)には奏者番となり、上野安中藩2万石を与えられた。同年に長兄正信が改易されたが、お咎めは無かった。寛文10年(1670年)に若年寄となり、延宝7年(1679年)に老中に就任し、2万石の加増を受けた。

延宝8年(1680年)、家綱の死去にあたり、家綱政権時代に権勢をもった大老・酒井忠清と対立して家綱の異母弟である綱吉を推したという。綱吉が5代将軍に就任すると大手門前の忠清邸を与えられ、天和元年(1681年12月11日、忠清に代わって大老に任ぜられる。就任後は牧野成貞と共に「天和の治」と呼ばれる政治を執り行ない、特に財政面において大きな成果を上げた。

しかし貞享元年(1684年)8月28日、従叔父で若年寄の美濃青野藩稲葉正休江戸城内で刺殺された(即死ではなく、医師に手当をされた後、重体のまま自邸に運ばれ息を引き取る)。享年51。幕府の記録によれば発狂のためとされているが、事件は様々な憶測を呼び、大坂の淀川の治水事業に関する意見対立や、正休もその場で殺害されていることから、将軍綱吉の関与も囁かれた。

家督は長男の正仲への相続が許されるが、屋敷地や所領は移転されている。

暗殺陰謀説[編集]

正俊が暗殺される直前に綱吉は生類憐れみの令を布くことを表明しており、正俊はこれに反対していた。また、正俊には綱吉を将軍に就任させた功績があり、大きな発言力を持っていたと推測される。そのため両者の間に溝が生まれたことから、「綱吉による陰謀説」がある。またこの事件以降、綱吉は奥御殿で政務を執るようになり、老中との距離が生じた。そのため、両者を連絡する柳沢吉保・牧野成貞ら側用人が力を持つこととなった。

登場作品[編集]

映画
テレビドラマ
漫画

参考文献[編集]