西村雅彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
にしむら まさひこ
西村 雅彦
生年月日 1960年12月12日(54歳)
出生地 日本の旗 日本富山県富山市[1]
国籍 日本の旗 日本
身長 178cm[1]
血液型 A型
職業 俳優大学教授
ジャンル 舞台映画テレビドラマ
配偶者 既婚
事務所 ドリス
主な作品
古畑任三郎
王様のレストラン
TEAM

西村 雅彦(にしむら まさひこ、1960年12月12日[1] - )は、日本俳優、大正大学表現文化学部特任客員教授。富山県富山市出身。血液型A型。ドリス所属。

来歴・人物[編集]

富山県立富山商業高等学校卒業後、1979年東洋大学社会学部に入学するも半年で中退。帰郷して富山市の富山美術工芸専門学校写真を学ぶ[2]。地元のアマチュア劇団に入ったことがきっかけで俳優を志すようになり、ふたたび上京。劇団文化座を経て、三谷幸喜率いる東京サンシャインボーイズに入団。三谷脚本の『古畑任三郎』シリーズ(フジテレビ)における今泉慎太郎役が当たり役となり、知名度を高める。以後、テレビドラマを中心に活躍。

劇団時代からの盟友であった三谷幸喜の作品には、『古畑任三郎』・『振り返れば奴がいる』・『王様のレストラン』・『ラヂオの時間』・『笑の大学』など舞台、テレビ、映画とジャンルを問わず多数出演している。

1997年に『ラヂオの時間』により日本アカデミー賞最優秀助演男優賞受賞。また、『ラヂオの時間』・『マルタイの女』により、キネマ旬報賞助演男優賞、ブルーリボン賞助演男優賞、報知映画賞助演男優賞、日刊スポーツ映画大賞助演男優賞受賞。

2007年の7月 - 9月に放送された連続ドラマには、深夜枠も合わせて4本も出演した。

2011年12月からは、『笑の大学』以来14年ぶりに、三谷幸喜脚本・演出による近藤芳正との二人芝居『90ミニッツ』に挑戦した。

2011年の東日本大震災以降、被害を受けた宮城県岩沼市のメロン農家を支援するボランティア活動を展開していたことから[3]2015年、同じく岩沼市を支援している袋井市主催の「全国メロンサミットinふくろい」のメロン大使に就任した[4]

エピソード[編集]

  • 『古畑任三郎』が大ヒットした影響で、テレビではドジでコミカルな役を演じることが多かったが、本来はシリアスな演技を得意とする役者であり、『古畑』を除く三谷作品では大半がシリアスな役や敵役である。現在ではむしろ、渋みのある演技派として定着してきている[5][6]
  • 舞台『笑の大学』における演技は、まるで「この芝居を十年も演じている」かのような余裕が感じられ、藤山寛美にも似た「色気」があると小林信彦に評された[7]。戯曲を執筆した三谷幸喜は、小林が西村を褒めていたので「すごく嬉しかった」という[8]
  • 過去にはCDを発売したことがあり、『古畑任三郎』の今泉慎太郎役や『王様のレストラン』の水原範朝役として歌う曲、さらに一発ネタとしか思えないようなキング・クリムゾンのカヴァーが2曲収められている。
  • 三谷幸喜や小林隆は、西村の素顔を「繊細」と語っている[9][10]
  • 趣味は写真撮影、ボウリング、裏道散策。[1]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 天国から北へ3キロ(1989年)
  • 彦馬がゆく(1990年)
    • 再演(1993年)
  • 1979(1994年・ナイロン100℃
  • 笑の大学(1996年)
    • 再演(1998年)
  • ラ・テラス(2001年)
  • カルテ(2002年)
  • エデンの南(2002年)
  • Wブッキング(2003年)
  • 音楽劇 兵士の物語(2003年)
  • GOOD(2004年)
  • 大騒動の小さな家(2004年)
  • ドレッサー(2005年)
  • 初仕事納め(2006年)- 企画・出演
  • 歌の翼にキミを乗せ―ロクサーヌに捧げるハイネの詩―(2007年)
  • コースター(2007年)- 企画・出演
  • どんまいマインド(2008年)- 企画・出演
  • ナンシー(2010年)- 企画・出演
  • 90ミニッツ(2011年)
  • 地球の王様(2012年) - 出演・企画
  • ベートーヴェンと三人の女たち(2013年) - 語り
  • ブラザーブラザー(2013年) - 出演・企画
  • おくりもの〜あるクリスマスの出来事〜(2014年) - プロデュース・出演[12]
  • めんたいぴりり(2015年) - 岡村吾郎 役
  • Walk oN!〜さあ、新しいキミに会いに行こう〜(2015年) - 共同演出・主演 五十男 役[13]

劇場アニメ[編集]

吹き替え[編集]

ラジオ[編集]

バラエティ[編集]

  • 運命GAME1991年4月 - 9月)※出題用再現VTRレギュラー出演
  • ダウトをさがせ!(1992年、TBS系列)※番組前期の出題用VTRで出演
  • 西村雅彦のさよなら20世紀(1998年10月 - 1999年3月、フジテレビ系列)
  • 週刊ストーリーランド(1999年10月 - 2001年9月、日本テレビ系列)
  • ダヴィンチの予言(1999年10月 - 2002年3月、テレビ朝日)
  • 発見!ひざポン(2002年4月 - 2003年3月、テレビ朝日)
  • カスペ! 南極から北極まで自分の足で答えを探せ!世界一過酷な冒険クイズ(2006年4月9日、フジテレビ系列)
  • 有名人が極秘情報を流出! 世界!どや顔サミット(2010年12月、朝日放送)-司会
  • ショートピース1(2011年3月、フジテレビ)
  • Oh!どや顔サミット(2011年4月-2013年3月、朝日放送)-司会
  • ショートピース2(2011年5月、フジテレビ)
  • スパニチ!!『ドラマクイズ名探偵は君だ!』(2011年7月、TBS)

ドキュメンタリー[編集]

料理番組[編集]

音楽番組[編集]

情報番組[編集]

  • シネマタクシー(CS放送ムービープラス
  • 極上をドウゾ(2009年4月 - 2009年9月、TBS)※ナレーター
  • わが家の「地デジ」奮闘記(2010年3月、NHK総合)
  • 続・わが家の「地デジ」奮闘記〜おじいちゃんと姉を救え!〜 (2010年7月、NHK総合)
  • データソムリエ西村雅彦 (2011年4月7日-2012年3月、FBS福岡放送)
  • 趣味Do楽「ゼロからはじめるデジタル講座 くらしのタブレット」(2014年4月2日 - 5月28日、NHK Eテレ)※生徒
  • 趣味Do楽「使える!タブレット アプリとことん活用術」(2015年2月4日 - 3月25日、NHK Eテレ)※生徒

CM[編集]

音楽[編集]

アルバム[編集]

  • DECO(1996年10月18日)
  • トンガリNo.5(『P-kies 20th Century New Trax』に収録、2000年7月1日)

書籍[編集]

DVD[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Profil (PDF)”. ドリス. 2015年5月14日閲覧。
  2. ^ 【2】俳優 西村雅彦さん
  3. ^ “西村雅彦、「メロン熊」にかみつかれる「こんなことしているから非公認」”. SANSPO.COM. (2015年5月13日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150513/geo15051317350029-n1.html 2015年5月14日閲覧。 
  4. ^ “西村雅彦 メロン大使で被災農家支援”. DAILY SPORTS ONLINE. (2015年5月14日). http://www.daily.co.jp/gossip/2015/05/14/0008023546.shtml 2015年5月14日閲覧。 
  5. ^ “後藤真希 : 田中麗奈×西村雅彦による“流行り”の電撃婚ドラマ、主題歌は後藤真希”. BARKSニュース. (2010年7月5日). http://www.barks.jp/news/?id=1000062423 2013年1月15日閲覧。 
  6. ^ “『アサヒ ブルーラベル』TVCM放映のお知らせ” (プレスリリース), アサヒビール, (2011年7月4日), http://www.asahibeer.co.jp/news/2011/0704.html 2013年1月15日閲覧。 
  7. ^ 『コラムは誘う』(1999年、新潮文庫)[要ページ番号]
  8. ^ 『仕事、三谷幸喜の』(2001年、角川文庫)[要ページ番号]
  9. ^ 『むかつく二人』(2007年、幻冬舎)[要ページ番号]
  10. ^ 別冊宝島『面白さのツボ!三谷幸喜の全仕事』(2003年、宝島社)[要ページ番号]
  11. ^ 佐藤浩市&西村雅彦、息ぴったりの掛け合いを成島監督絶賛”. 映画.com (2012年7月27日). 2015年5月14日閲覧。
  12. ^ “児童32人、堂々の舞台 金沢で西村雅彦さんプロデュース”. 北國新聞. (2014年12月28日). http://www.hokkoku.co.jp/subpage/HT20141228401.htm 2015年5月14日閲覧。 
  13. ^ “西村雅彦、初舞台の鈴木杏樹起用「自分にとってもプラス」”. スポーツ報知. (2015年4月15日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20150415-OHT1T50135.html 2015年5月14日閲覧。 

外部リンク[編集]