成田氏長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
成田氏長
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文11年(1542年
死没 文禄4年12月11日1596年1月10日))
官位 従五位下、左衛門大夫、左馬助、下総守、
主君 上杉謙信北条氏政北条氏直蒲生氏郷豊臣秀吉
下野烏山藩
氏族 成田氏
父母 父:成田長泰
兄弟 氏長長忠
正室:由良成繁の娘・継室:太田資正の娘。
実子(娘):甲斐姫
養子:長忠 (実弟)

成田 氏長(なりた うじなが、天文11年(1542年) - 文禄4年12月11日1596年1月10日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将大名本姓藤原氏家系藤原師輔の流れを汲む成田氏成田長泰の嫡男で、成田長忠の兄。妻は由良成繁の娘、後に太田資正の娘。娘の甲斐姫豊臣秀吉の側室。

略歴[編集]

1563年上杉謙信の侵攻によって隠居を余儀なくされた父・長泰に代わって家督を継ぐ。永禄9年(1566年)に父が寵愛する弟の長忠と家督を争うが、宿老の豊嶋美濃守らの味方により長忠が身を引いたため実権を得る事に成功した。こうした経緯から当初は上杉謙信の家臣として仕えたが、上杉方が劣勢となると父と同様に北条方へ寝返り、佐竹氏を頼って上杉方として抵抗を続けていた太田資正の娘とは離縁している[1]永禄12年(1569年)に謙信と北条氏康との間で同盟が成立すると、国分の協定によって謙信も成田一族を氏康の家臣として正式に認めた。天正年間に入ると叔父小田朝興騎西城を併合して弟の長忠を入れたとされる。

天正10年(1582年)、織田氏の家臣滝川一益が関東に進出してくるとその配下となる。しかし本能寺の変が勃発し、一益が神流川の戦い北条氏直に大敗すると、再び後北条氏へ帰参した。天正18年(1590年)、豊臣秀吉小田原征伐では、自身は小田原城に籠城し、居城の武蔵国忍城は家臣に守らせた。忍城は石田三成の水攻めを受けたがその効果はあがらず、豊臣勢の攻撃を持ちこたえている。忍城が包囲に耐えた原因には、三成の指揮が適切でなかったことや、水攻めの堤防工事を地元の農民を徴用して行ったため、城方の息のかかった農民が手抜き工事をしたために堤防の決壊が相次いだことなどが挙げられている[2]

北条氏滅亡後、弟の長忠と共に蒲生氏郷に仕え、のち娘の甲斐姫が秀吉の寵愛を受けたこともあって下野国烏山2万石に封ぜられた。文禄元年(1592年)、文禄の役では肥前国名護屋城に参陣した。文禄4年12月11日没。嫡男は天正14年(1586年)に早世したため、弟の長忠が養子となって後を継いだとされている。

脚注[編集]

  1. ^ 黒田基樹「岩付太田氏の系譜と動向」(黒田 編『論集戦国大名と国衆12 岩付太田氏』(2013年、岩田書院)総論)
  2. ^ ただし、当時の書状の中で三成は忍城水攻めを批判しており、またこの時点では一介の奉行でしかなかった三成の身分からしても、独断でこれだけの規模の水攻めを行えたかは疑問である。また、包囲に加わった浅野長政にも秀吉から水攻めを続行するようにとの命令が届き、士気が下がる事この上なかった、と浅野家文書に記されている。

関連作品[編集]

関連項目[編集]